読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

不服従


 微かな記憶に打ち寄せる闇が、進化を妨げ、意味合いに退化すべきなのだ、と体系的なものに関わる顛末へと運ばれる起因に押し寄せる絶望が、全貌を奪い、咎めるだけの意味や、寂寞に果たされる義務や、空疎な思いに打ち明ける断続的な支配の気配や、継続するほどに、重荷に変わるだけの生活感に開放的な余韻を与え、弛む季節にせめぎ合う位置的な訪問から、縫合されるだけに溜め込む軋轢に反せず、関するほどに、自らの魯鈍さに膠着し、ことごとくにかかずらうだけの段落を登り、能動し続ける先に同意は得られず、永劫に支払い続けさせられる些細な動機に波状をなして、今を飲み込むだけの屈従するだけに、なしえるものも、なしえられぬままに、ナショナリズムを加速させ、過保護に育てられ、些細な動機の雨期にさらされ、凍える身体をぬくもらせるような愛も無く、暗くひずんだ闇へと引きずられる意思は、虐げられ、従えられた意思的な妄想や、朦朧と織り込まれる愚生を歩むだけに、諦観を続け、つたない意思は、反逆の意味を履き違え、ただ、破壊するだけに重きを与え、相変わらず幼稚なギミックを遂行するジレンマへと引きずられる観念は、関係性に制度を生み、意味を踏み台にし、意思を奪うだけに至るような痛みを仮想し、懐疑的な日々に現れる傲慢さへと、意思を奪われ、憤りを感じ、滑落し続ける先に鬱々としたものが溜まり込み、拘泥するだけに至るような痛みに災いを生み出し、進行する意識的な抑圧から、生み出される倫理観に奪われる価値観がせめぎ合い、生命の原点とは、今に改ざんされ、乖離し続ける先に生み出される制度にカオスを生み出し、今に奪われる原理へと還元されるだけの命に迫る代償や、解消すべき意味合いに迫る干渉するほどに、回線を混濁させ、懇意になるほどに、行為は、権力に牽引され、因果律に妨げられ、時間にあらがうほどに、その場の権利を用い、意味に還元されるだけの痛みに蛮行を続け、つたない意識は、未熟なものを論理的に措置し、想起する原罪により、理不尽な罪を受け入れるだけの入れ物として、人間とは存在するのか、と簡単な位置に迫る存在の軽佻浮薄さに、猜疑心は生命の語源を用い、名前を決め込まれるだけに、危害を加えられた精神に迫るいびつな敬神に、嫌疑を重ね、利己的な精神が、犀利なものを求め、とめどなくあふれる感情に情緒は損なわれ、そこかしこに酩酊するだけのメロディーが浮遊し、俯瞰に攻め入る原始的な論理が、中空をさまよい、原理的なとどまり、そこに迫るものなどは、魯鈍なものを今に伝染させ、厭戦を伝え、意思的な妄想をねじ曲げるだけの季節の端々に迫る空気感による逸脱が生み出す誇大妄想や、被害妄想をかき消すような経路を進み、荒んだ言葉にせめぎ合う静寂を知らぬ精神は、訝るほどに、過信を続け、今に至る病に浸るだけの悔悟をため込むだけの純利を求め、理想を損ない、そこに罪を生み出し、意味を奪うだけに位置を作り、そこに帰るべきなのだ、と嘆願するだけの短絡的な状況に行為の磁場が発生し、そこに幻影を生み出し、何もかも、うたかたの情事に消え去るだけの引用される悲劇へと感触を損ない、そこかしこで魯鈍な踊りを続け、自らに緩慢に措置され、有意義さを謳うだけの管理社会的な構図へと引き渡される自らの軽薄さに、敬譲されるものが、形を用い、意味を今に嵌め込むだけの偽善的な掌握から、意思は、今に奪われ、誰かが用いるルールに嵌め込まれる意思は、レールを外れる恐怖に震えるばかりで、今に強迫的に迫る原始的な理論に創造性を損ない、その苦しみに沿うだけの意思を延々とめぐる旅路に浸る苦しみへとくすむ意識は、何かに脅迫され続けるだけに、今に浸る苦しみに、意思は損なわれ、そこかしこに苦しみを生み出すだけに浸る位置的な苦痛から、散漫な意識に現れる耐えるという快楽の傀儡へと変わるだけに浸る苦しみも、いつかは自己をカタストロフに追いやり、朗唱されるだけの真実へと、神経は削がれ、そぎ落とされる先々に緩慢な苦しみを案出する限りに陰る本質は、そこかしこに苦しみを再現し、際限無い苦しみを今に生み出し、今に渇望するだけに至る痛みから、汎用される意味へと位置的な暴力へと陰る本質に揺動されるだけの現実に注がれるだけの完治しない苦悩へと内包される意思は、自ら考える事を辞め、与えられるものをせき止めずに、氾濫させるだけに至り、何も内面に入っては来られず、そこに現れる繰り上げられるだけの快楽や、空虚さを排斥すべく、短絡的な快楽に蹴り上げられる意思は、今に訝るだけに至り、自らのおぼつかない意思は、汚物と化するだけに至り、代償を求め、修羅へと行き交う感情論的な損失から、齟齬する運命的な怠惰から、体制へとこびへつらうコードから、改善されない痛みに瀰漫していく不安や、不満から、暴力的なものだけが、高圧的な情愛へと浸らせるだけの同情に反し、犠牲心などでぬぐわれるものも無ければ、軽薄な精神を信仰するほどに、魯鈍な者へとなりかわるだけの代償を、対象に求めるだけで、この史跡を踏みにじるだけの軽薄な自らの世界は変えられずに、自らの軽薄さに、自らが気付く事により、今に至る意味合いに反し、かかずらうだけの意思を超克させ、超越する先に現れる意味だけが、あらゆるものを超越し、自らの純粋さに行き着くのだから、今に苦しみ事を正しいとは思わずに、意味に苦しまずに、今を飛び越え、自由すらもかき消すような強度を用い、果たす意味だけに、今を敷衍させる。