時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

境目の無い愛


 眠い目をこすり、眠るだけで、過ぎ去る時間に退廃的なものを掲げ、意味に昏倒しながら、内外に果てる原理に衰退するだけの利己的な身体を転換させるような衝撃を加え、帯状に広がる意識をめぐる冒険を終え、永遠回帰的にくり返される宇宙のはじまりから、自らの終わりという宇宙の収縮から、観点に疎外され、自らに軋轢を加え、エレジーを迎えては、簡潔的な衝動へと帰還し、短絡的な雨滴に濡れ、叙情的なトランス状態を迎えるような、素敵な情愛だけが、今に当てこすられ、軋轢を加えられ、うわべだけの関係を打ち砕き、唾棄する瞬間や、敵意を広げるだけのあいまいなマインドに高揚するだけの脅威に混沌とし、対立し続ける過激な自己から、利己的な日々へと敷衍していく事情へと聡明なものすら不潔に感化させるだけの過度な暴力から、乖離し、利害関係を放棄し、自らに接続される永遠だけが、今を破棄し、よろこびに満ちあふれ、俯瞰にせめぎ合うカタストロフを超え、情緒に保たれるだけの主観にもたげる意識的な嗚咽を超えて、散漫な意識にあらがう形式や、景色にあらがうおぼろげな面影に緩衝し、悠遠に蔓延る数多のいたずらな季節を交互させ、拗れる後先に願いを託すよりも、今に賭ける思いが、集約され、いびつな観念を捨て去り、最たる意味へとぶつかり、恒常的な高揚感を迎え、高尚へと至り、訝るだけの世界を捨て去り、瞬間に愛する事だけが、今に長けていき、怠慢な意味合いに事実を緩衝させ、乖離していく事実へと敷衍していく思い出に生きるよりも、今に実情を託し、散漫な意識を感化させ、開示されるようなものの信じ込むよりも、要因にひしめき合う陽気な動機や、道理を捨て去り、事実を抹消していく先々に方法論を生み出すよりも、今に引かれる愛から、緩慢な動機を勝利へと至らせ、絶えず痛むだけの身体を破棄し、関係性にもつれ合う動機に破裂するジレンマが、次第に自己を飲み込み、意味を損ない、そこかしこに退化していくだけの魯鈍な思いの誤作動を正そうとする機械的な十字架を背負い、ギミックに与えられる罪と罰や、緩慢な差異に押し寄せる労働的な汎用性から、生活感を加速させるだけの不安という足かせを嵌め、破壊的に示されるだけの使命感に追われ、貸与するものを引きずるだけの愚鈍な毎日に判断は損なわれ、生じる由縁は、主たる意味を損ない、行いに横行する苦しみを、形而上的に反復させ、邂逅するころには、孤独感に襲われ、真実に損得を課せ、乖離する事実に判然とした思いを加工し、陥落するだけの意味へと堕落し、寛容さを破棄し、ハードコアな恋愛を執り行う。「もつれる愛は、はだける時折に呪いを捧げ、ウイルスと化するだけの渇望した精神は、価値観を用い、意味を凌ぐだけに厚かましい動機を捧げ、籠城する意識を押し広げようとせめぎ合う動機に緩衝する先々に愛は、引き戻される限りに家畜として虐げられ、動機を隷属させる事におとずれる快楽を敷衍させ、横行する意識と対立し、動向に愛護の気持ちを用いる限りに嘔吐をくり返し、愛するというエゴイズムへと至り、自らの痛みに足かせを嵌め、世界観を奪うだけに横暴な価値を用い、カタストロフへと至らせ、対価を求めるだけの精神に系列をつなげるだけの動機に、高尚さも無ければ、今に破壊的な浪費をくり返し、確かな愛とは、阻むだけの物質に変わる。」

 アナーキーな実体に背理を重ね、かさばる思いに価値観を接続するだけの空腹や、空白を生み出すだけの迫害へと至らせ、みちみちとしていく思いは、過去から昏倒していく。再開する間から、強制労働に従事した間柄から、加工された意味に拍動する論理が生み出した悲劇を加速させ、ガス室へ運ばれるか?餓死するまで傍観するだけの監視する者が生み出すリズムへと倒錯し、名称を与えられるほどに、今の罪をかぶされ、悔悟をため込み、名前を用いることにより、今から、身動きも取られずに、今に倒錯し、等差を用い、差別的なものや、分別されるだけに堕落する身体のフラクタルな部分すらも、分散されるエゴへと吸い込まれるだけの形而上的な氾濫から、懐柔策に嵌まり込み、浪費するだけの価値を啜るだけの懐疑的な日常のロボットへと改造され、懐疑的な日常に憎しみだけが増加し、贈与されるものが、背反をくり返し、窮乏し、競合する先々で、情交を重ね、愛を廃棄物に変えるだけの論地的な地を這う意識が可憐な動機を愛に変える以前に、家畜が加工される事へのコード化を終え、悲しみを収斂させ、そこに憎悪を生み出すだけに送り込まれる価値に吸い取られる意識は、暴力的に膨脹し、相互する意識は、観点を失い、今に憎しみを膨脹させるだけに細胞まで破壊され、勝利を叫ぶほどに、何が勝者で、何が敗者かも気付かずに、今に退廃していく。