読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

傷んだ生命

 
 現れる偶像に善悪を捏造し、増幅する怒りでもって利己的になり、意固地になるだけに、凝り固まる先々で対立する意味が理解などを求め、位階制の中で保たれる秩序などを謳い、法則的なものに締め付けられ、使命感などをくすぐり、意味を頂戴するだけに、長じる由縁は、安易な支配を受け入れ、経過するものへ、と引きずられ、悲観するだけに至り、今に用いられる欠如に苦しめられ、些細な出来事に諦観を生み出し、体感するものが、今に拗れるだけに浸る原理的な終焉へと巻き込まれ、同じ位置に、同じ意味を用い、物事を閉鎖的に捉えるだけに、淘汰される意思は、感じるべき今にも盗用をくり返し、ニヒリズムを用い、憎しみを拗れさせ、時系列を用い、同じ意味に、同じ位置を孕ませ、同化するほどに、同じようなものが、同じようなものを愛する術だけを捏造し、暴走する心理は、互いを咎めるだけに競う価値だけが、その価値を、似たようなものへと召還し、緩衝する間にも、似たようなものが覆い被さり、利己的な終末へと浸るだけの論理の外へと這い出るような美しさを持たずに、立場を利用し、今にも貧相な価値を生み出し、関係の中に閉じ込めるだけに至るようなものが、社会と名付けられた国家的な憂鬱や、低劣なものを孕むだけに、懶惰なものを生み出し、何かを踏み台にし、勝ち誇るためだけに、ダメージを与え、互いを締め付けるだけに与え合う致命傷や、打ちのめされ、ハードコアな生き様に開示されるアンニュイな政治性などが、根幹を腐らせ、苦境をさまよい、ねじ曲げられた真理を本尊に、何に手を合わせ、何に対して信仰しているのか、と対象に重ねる偶像崇拝のコードから、敢行する意志に相対する意味に屈従せずに、自らが生み出す影響だけが、その場に映じては、短絡的な意味に疎外されずに、壮大な意思を用い、意味を覆す事を目的に、従僕として、意味に折檻されずに、世界性を取り戻すべく、ベクトルは、定める意味に、今を用いずに、利用価値を謳うだけに、関係は、井蛙な者が生み出し、快活さの欠片も無いノスタルジアへ、と運ばれ、偽物の故郷を設立し、そこに正義が何だとか、と促す限りに陰る本質が、苦みを増し、慢心を生み出し、慢性的な痛みへ、と統合されるだけの本質が、途端に苦しみを倍増させ、緩和せずに、その場での屈従を余儀なくさせるだけに、些細な出来事へと長じる怒りが、陥穽を生み出し、感覚を奪うだけに飢渇する動機が恨みを倍増させ、ルサンチマンへと変わる現在に懸隔を生み出し、感覚を奪うだけに定期的な苦しみを運び出す利己的な主張から、象徴的なものを生み出し、物質的な猶予に敗残していくだけの苦悩から、能動していく先々に麻痺していく感覚は、主体性を損ない、そこに意思を生み出せずに、用いられることに引きずられ、ことごとくに裏切られる衝撃に耐えられずに、互いを咎めるだけに、競争は激化し、本能により、凡庸なものを愛し、結末に悲観だけが生まれ、回収される真理は、もとづくものにヒントを与え、あらがうものを排除し、世界の静謐さに気が付かずに、その場でのカオスを取り除こうと示す間に使命感は排除され、改善されない今に用いられる苦悩が倍増し、万世になびく憂鬱が、史観を操作し、屈辱を生み出し、あらゆる苦悩で阻む現在に懸隔が生まれ、感覚を損ない、奸悪を謳うだけに、拗れる後先に迫る結末が、決議を求め、用いられる理由に有する形や、強請るだけに互いに誇張される原理的な祝福や、複製されるだけの意味に体系を生み出し、退嬰的なものへ、と陥る先に咎められた真実に付着するものが、物事に軋轢を加え、効能を用い、苦悩を取り払うなど、とうそぶく間に関係性は、制度を用いられ、意味に偏りを生み出し、解決策を強請るだけに至るような等差から、倒錯は生まれ、阻まれる原理や、現状維持をもくろむほどに、黒々としたものが補填され、大きな悪意へと転化していくだけに狂奔していく意思は、苦悩をモチーフに猜疑心を瞬く間に倍増させ、緩衝する痛みや、意味の中で拗れるエゴイズムから、空疎な理由を破砕するまでに成長を遂げる純粋な精神の破壊的なものにおののきながらも、遠のく意識は、意思の中で生み出される欠如へと拗れるほどに、魯鈍なものを象徴とし、咎められるほどに、抵抗力を加え、空疎な理由を飛び越え、今に来す意味を超克し、徴用されるだけの物々しさに排斥される痛みに去りゆく定理に乗らずに、今に途絶えるだけの心情に用いられる不安感を捏造させるだけの安心安全の幻想や、自由や、正義を用い、何かを騙し、悪を捏造するだけにイメージを敷衍させ、複製されるだけの真理にもとづく真偽が、今をまさぐり、今に苦痛を用い、意味に回収されるだけの伏線を敷き詰め、使命感を煽るだけの真実などは、真実では無い、と断言する辺りから、この位置的な域を取り払い、言葉に騙されずに、余り有る自己を解消させ、利己的な批准を取り払い、一切の結末に接ぎ木され、傷んだ生命に新たな息吹を与える。