読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

ニーチェの孤独


 例えば、彼に寄り添う愛があれば、少しの余裕を与え、精神に良い影響を与え、自分を保てたのだろか? と夢想する合間にも、彼の激情は、同情など許さず、決められたものを、諦めずに、何度も受け入れ、永遠回に続くもの、と対峙し、あらゆる原理を超克し、自らの苦悩を飛び越え、結末に配される、愛に似たような原基を打ちくだき、遥か無垢な様相を、そのままに愛して止まずに、続く苦しみも、今にもがいて、色褪せる結末に蔓延る悪意を超越し、自らの悟性に帰宅し、さらなる昇華を目指し、愛を測らずに、苦悩に悶え、乱れるままに心象にとろけ、統合される以前に陥穽に嵌まらずに、関係性に入り浸るだけの愚論から抜け出し、高揚感をたずさえ、彩る隙間に魯鈍なものを瀰漫させる以前に些細な愛に築き上げるものが、建設的な妄想や、朦朧とする意識に入り込む背徳を重ね、懐疑的な日常の鍵を開けるべく、理想的なものを積み上げ、最たるものが、名付けられる以前に配備される間に生まれる欠如に嵌め込むだけの愛を捏造するだけの真理を多幸感で包み、混淆する冬から、浮遊する形跡に戻るだけの空間的な欠如を生み出すだけの科学的な伴侶に、了承されるものへと介する利己的な私情に回線をつなげ、でたらめに電流を流し、不平不満を生み出し、満足をあてがうほどに、苦悩は増していき、形式的な憎しみや、肉欲を蔓延らせるだけの鈍磨な感情を寂寞にあてがい、その孤独の苦悩へと硬質なものや、コード化される日常の言語が生み出す経済的な伴侶から、模倣するだけの博徒どもの血族へと入れ込まれる遺伝子のコードが暴くべき権力や、闇が互換するファシズムと貪婪なものが蔓延るだけの悪意を捏造し続ける事に生まれる虚像から、偶像崇拝に至る事でしか、自らをいたわれずに、いたずらに過ぎ去る日々に乖離し、理解を生むよりも、今に悲観し、過失を用い、誰かを迫る事だけで、出来合の孤独へ、と発信されるモラルは、いくつもの苦悩を今に巻き込み、その苦悩が舞い込む速度に追いつけずに、憂鬱に浸るだけに、君の苦しみは、理想を供給する事でしか、満足は生まれずに、その苦悩をも超越するような嬉嬉とした意識に至るまでに至らず、軽々しく飛び越える原理は、権利を用い、そこに原理を配し、意味を売買するだけに、完治しない苦悩は、行為にもとづく虚栄へ、と至り、訝る現実が、堅実な気配を攪乱し、攪拌される無神経な先におとずれる恐怖だけが、今を攻め入り、生命は、測られる事でしか、そこに価値を見出せずに、乾いた精神は、整合されるままに、混沌へと進み、荒んだ命は、自我に閉じこもり、倒錯する意識は、夭逝する事でしか果たせぬ義務へと転換し続ける苦しみへ、と追いやられる先に求められるものは、今に浸る苦しみをくゆらせ、意味も分からずに、その憂鬱にからまり、絶望へ、と生命を放棄し、やがて、滑落する意識は、何がつらいのかも分からずに、今に屈折していき、疲れた意識は、今に来す意味を捉えられずに、今の苦しみに屈従する事でしか、意味を転換できずに、最たる意味を損ない、そこかしこに敷衍する苦しみに至るだけに、意味は、懸隔を生み出し、その間に苦しみが入り込み、固執し続ける先に生まれる苦しみを媒介し続ける限りに、終わらない苦しみは、孤独の中に割って入り込む。孤独へ、と籠城した君の命の分量を分断するだけの苦痛をさえぎるべく、最たる意味とは、緻密に張り巡らされているようで、何の意味も持たずに、そこに作用するものなどは、どうでも良いものでもあるし、どうにでもなることであるから、その場で屈従するよりも、そこに覆う苦しみに関し、喪失感に身をゆだねるよりも、その絶望に迫る空腹や、空白にあてがわれるセンチメンタリズムに犯されずに、反撥する事から、孤独は解消を求めるよりも、もう一度立ち上がり、なにもかもを捨て去るよりも、そこに用いるものに反し、かかずらう事無く、破壊すべきは、自らを加工するだけの蓋然的だ、と示されているような概念であり、そこに生まれるだけの理由とは、何かと相似していくだけの物事を今に意味を見つけ、位置づけるほどに、差異は生まれ、カーストへ、と阻まれるだけの場所に虐げられるだけの理想から放たれ、流浪し、帰り着く事を目的とせずに、どの場所であろうが、その場から動かなかろうが、そこで生み出す創造こそが、移動するよりも速く、考えを走らせ、とどまらずに、透過させるべく、ベクトルは、今に浸る原理に偏るよりも、そこに生まれる痛みに阻まれても尚、続ける意思だけが、意志を強くさせ、そこに生まれる孤独の力だけが、今を押し上げ、応じるだけの答えに屈従せずに、君の思い描く事だけが、意味に成り得、用いられることに有する価値から離脱し、理性を取り戻し、用いられるリズムに、押し入るモラトリアムや、悠揚な史実に重なるだけの馬鹿どもの芝居や、名ばかりの者の支配から、プロパガンダをまき散らす毒蜘蛛たちの協調性などを捨て去り、未熟なままでも、羽ばたく事により、距離は身近くとも、君の力だけで、自由に羽ばたく猶予に迫る期日や、時間を乗り越え、空間を破棄し、突き進む。