時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

枢要な地


 軍事利用される、多目的な身体、互いをとがめるだけに、奉るものや、建前などが意思の邪魔をし、虐げられるだけに、堕落した主義を抱え、商業的なものへ、と偏り、用いられる価値に支配され、価値の家畜として、貪婪にほおばる先に生まれるのは、恨みつらみばかりだ、と対等さや、平等さを謳うほどに、用いられる苦しみに利用され、利己的な思いが、今に拘泥し、無神経に近づき、経路を失い、意味に錯綜し、用いられる観念へ、と頓挫し、対立し続ける意思は、短絡的な思いにひしめくものが、問答を続け、身近な痛みを、強化させていく。立体的な様相にからまる現実的な終焉に弾けるものが、利己的な思いを昇華させ、今に募る儀式的な精神や、犠牲的な伴侶に経路を捧げ、進む限りに陰らぬ本質は、済世を目指す。さらなる超越を境地に生み出し、はみ出す思いが、構造を超えて、暗澹とした世界に強調されるだけの悲しみをかき消し、自らの意志が瞬く限りに現れる未熟な愛や、肌に触れる質感に感応するほどに、魯鈍なものが疎外され、最たる意味を見つけ、良い香りが、行為をくすぐり、思い出と記憶の間に生まれる呼吸のようなものが、今に伝わり、意味に関し、利用価値などを謳い以前の純粋さに帰り着き、叙情的な帰り道に、一貫した愛を運ぶ列車の音が木霊し、完全性を謳うだけの誓約書を千切り、理想を用い、意味を混同させるだけの同一化を目指すような教育を滅ぼし、咆哮を続け、つたない思いや、汚い加工品や、模造品の連中にとどめを刺すようなセンテンスを泳がせ、懐疑的な日常に結末を生み出すだけの紙幣から、感動を謳うほどに、用いられる悪へと偏るだけの偽善的な低劣さから、差額を受け取り、退嬰的で、結ばれる意識に統合されるだけの正常さなどをぬぐい、感傷に至る意味の背中が揺れるのを、静寂に交わる等閑さから、捜し物を探し続ける傍観者や、諦観するだけの人々の墓地を越えて、マインドにひしめくジャスティスも、誰かがうそぶくだけの真理にもとづくエゴのコイルを巻き、毎日に卑劣な電流を流すほどに、信号的に覚えている脳が、快楽的に発散される事だけを目的に、同じボタンを、同じ時間に押し続けるような奴隷的な執務に追われ、義務的な様相に果てるジレンマは、慢性的な痛みを加速させ、仮想する苦しみへと厭う価値から、いたわるほどに補填される憎しみの行列に並び、単一な動機にひれ伏すだけに至らせるような悲劇をモジュールに変え、代価を求め、改ざんされる真偽にまつわる悲劇から、緩衝しない互いの衝突から、細胞単位にまで破砕され、原子サイズでも破壊されるような宇宙規模の爆発から、迫害される物質を抱え込むだけの移送から、強調されるだけの原理のゲリラとして、世界を破壊しようともくろむだけに、瓦解されない誰かの悲しみや、赤い血に混ざる黒々とした意志と言葉の誤りに跪く、価値の毒蛇たちや、体外に獣性がなびき、受精する真理が生み出す子供にあてがわれる意味に撃ちこまれる銃弾が、悲劇を加速させ、君の苦しみを利用し、領土を奪うだけの関係にひれ伏すだけに至らせるような苦しみに打ち克つようなコードを生み出すべく、ベクトルは、苦しみを与えられるほどに補填される批判的な敬神から、形式的な醜さや、格式を用いるほどに、ほかとの差異を埋められずに、自らを高く持ち上げるほどに、互いとの距離は生まれ、そこに勘違いを生み、価値とは、履き違えられるものに至り、互いの間を咎めるだけに至るような理想などは、そこかしこに乖離し、理解を生むよりも、運命を咎めるだけに、物事との均衡を失い、平衡を謳うほどに、用いられる意味との平衡は保たれず、偏りを生み出し、自ら沈み込むだけに至るような痛みの中で媒介するエゴや、行為に跪くだけに、後ろめたいものを加算させ、出来合のものを信じるだけに至るような理由に跪くだけの利己的なものや、犠牲的な系列に潜む悪意に感染させられ、同じものを、同じように相知る事に至らずに、ただ、愛する事を謳うだけに、距離は生まれ、そこに用いられる測られるだけの価値へと偏る意思は、意味を見失い、その場に生まれる虚偽や、ドグマに支配され、一貫した意志を用いずに、関わるほどに苦しみを倍増させ、定められるものへ、と奪われる権利や、嫌疑をかけられ、罪の意識を持たされ、些細な事で怪しむだけに至る軽薄さから、差額を受け取るだけの矛盾した精神にもとづくセオリーに追い込まれる精神は、誠意などを用い、何かを利用し、騙す事だけに長けていき、逸脱する精神は、怠惰なものを用い、利己的な思想から、理想を供給するかのように、差し向ける憎悪から、増幅する真偽にもとづくエゴから、高次に至らずに、行為にとどまるだけの暴力的な汚穢を背負い、ニヒリズムに至り、自らを破壊すべく、自らを縁取り、囲い続ける世界をも破壊するだけに至るような破壊をくり返すほどに、補填される苦しみは、今にも利己的な支配を用い、深化をとがめ、相対する現在に相知る事に至らずに、否定し続けるだけで、理解にも至らぬものが、いたずらに批判し、今に悲観するだけに至るような現在に語られるものなどは、今に何の影響を及ぼさず、ただ、互いをとがめ利用し、幼稚な企みから、枠組みに入れ、呼吸すらもできなくする。