読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

孤高の獣


 偏愛が示す悔悟を垂涎するだけの意識的なゾンビから、改善されない痛みを巻き込み、呼吸すらもままならない君の今に現れる欺瞞を取り除くべく、旋回する意識が、自由を謳わず、卑劣な悪に感性を奪われずに、今に陥れるだけの問いから放たれ、未熟な真理にもとづくエゴから、戒律を用い、乖離していく先々で専横するものに迫害されては、恬淡な意識は、浮揚するものを愛し続け、導かれるままに彩る性質や、静謐にたまる影にこしらえる安逸へと至るところで、なにも行いは、正しさを浮揚させずに、ただ、誰かが促す美徳や規律に生命は、あるがままの姿を脅かされ、些細な出来事に痛みを重ね、耐えかねずに、勝ち誇るだけの意味や、価値観を垂涎するだけに卑しいものへ、と陥り、統合を目指す限りに、偏愛は続き、瞬く間に陥る闇に排出される苦しみへ、と敷衍していく痛みが、破壊的に近付き、途端に痛みを媒介させ、抵抗を今に加え、冷酷な支配に至るだけの傀儡化した身体を傍観し、フラクタルなものを恨むだけに生み出される憎悪から、根幹は、複雑な象徴を膨脹させ、恨みを媒介させるほどに魯鈍な価値は、自ら加工した悪意を媒介させ、倍増する憎悪が、意識的な像を破壊し、徘徊する意識は、獣と化し、ゾンビ化する意識は、痛みも麻痺し、暗鬱な人混みにアクセスし、大衆から促される悪臭や、体制に関わるほどに、権力的な理想を用い、何かを疎外させ、排外主義に至るだけのナショナリズムを強化させ、強固なものになる意識は、なれ合い跪き、己の価値に連動する家畜化するだけの意識に従順になり、担う意味も、ベクトルの違いから、互いを恨むだけに至らせるような関係性に連動する苦しみを輪唱させ、静謐さを奪い、性差を用い、謳われる理由に悲観するだけに至るような精神構造に呼応するものが、魂胆をかき消し、乖離する現在に点在していくものが、今を覆い、応じるだけの答えや、広義に解釈できずに、狭い解釈は、今にむさぼるだけの貪婪な価値へ、と懐疑的な日常に乖離していく区域から、一切は、増幅する憎悪や、構造的な排除を勧め、啜る意識は、最たる意味を損ない、そこかしこに生み出される憎悪に媒介され、最たる意味を見失い、そこに生まれる独善的な狂気は、やがて、自らのニヒリズムやペシミズムを、互いに孕む愛により、他者へ、と吐き出され、破壊行為は、自分に向けられずに、誰かに差し向けられ、自己愛が、自らを守ろう、とする意識から、自らを破壊に至らずに、関するものへ、と向けられる意識的な憎悪を取り除くべく、愛がなんたるかを、今に着込ませるよりも、聞き違うだけに、互いは、咎めるだけに至り、そこに、解決策を用い、何かを見守ろうとする意識は、余計に距離を生み、そこに虚偽を孕み、対立し続け、つたない意識は、今に散漫なものへ、と変わり、利己的な気配は、支配へと至るだけに、浸る現実に来す意味合いが、今を奪うだけに至り、訝る現在に、顕在するものなどは、互いを咎めるだけの理想を謳うだけの物質であり、そこに生まれる懸隔が蔓延らせる空疎なものから、改善されない痛みへ、と最たる意識は、破壊的なものを抱え、課せる痛みから培養された恨みは、誰彼かまわず使われ、追従する意識は、今に鬱積するものを重複させ、意味に服従する。単に反するだけでは、孤高には至らず、そこに、偏りを生み、苦しみの隙間に入り込まれ、住処を作られ、今に苦しみだけに浸るようなメランコリーに陥り、横溢する苦しみから、奪われる意味に散漫になる意識は、短絡的な信仰を啜り、吹鳴に煽られ、咎められる意思は、用いられる理想へ、と同じ道を進むのだ、と妥当な位置は意味に配膳される餌をむさぼるだけで、浪費し続ける観念は、システムに引きずられ、気配をかき消され、自らは、何かの歯車として、簡易に運ばれ、そこに運動的な抵抗を生み出す事で、自らの意思は、大義を失い、利用されるだけの価値として見られるだけに、見誤るものは、今に閉居し、関係に浸るだけに、用いられる他者の世界に関し、煩わしさをおぼえ、怯える精神は、敬神に至るか?はたまた、何かを破壊すべく、テロリズムに陥るかの二者択一に嵌め込まれるだけの精神分析的なエゴから、行為は、元々の大義を失い、大意を理解できずに、ただ、漁るだけの価値に安定を用い、意味を奪うだけに至るような悔悟を今に生み出し、陥穽を与え、陥れられた闇との対峙に耐えかねずに、干渉する先々に対立を生み出し、理解を阻み、今に膨脹する苦しみを改善できずに、恨み続ける意思は、孤高へと至らずに、何かに理想を押しつけられるままに、用いられるものに奪われる意識を截然し続ける影に飲まれ、乖離する理解や、利害関係を用い、関連する苦しみを傍受する監視から、監禁されるだけの意思は、関連するものへ、と肉薄できずに、迫害され続け、些細な痛みに同調と、同情を用い、今に魂胆を奪われ、悔恨を用い、改善されない痛みが生み出す闇に陥る。