読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

捕縛


 孤独に横溢するものが、精神性に氾濫し、未熟な観念に瀰漫する苦しみを敷衍させ、延々と反復する意思的な汚穢から、汚濁を自ら生み出すだけに死をも超克できずに、腐乱していく思念に捻出されるものが、深淵へと嵌まり込み、混沌へと移行していき、用いられる応益に沈み込み、用いられるものへ、と引き離され、反作用を生み出し、慣性から抜け出し、いたずらに消費される時間から、飛び出し、短絡的な動機に排出されるだけの悲しみや、偏執するだけに横暴な価値へ、と裏切られ、奪われるだけの瞬間のレジスタンスとして、時代的な敗北感から、排除されるだけの苦しみの住処に引きこもり、孤独な陸地をつなげるだけのパズルを続けるだけの精神的な孤立感から、感触は、生起の物を謳い、退廃的な情念に至り、対価を求め、帯状に広がる精神世界に迫る爆撃機を運転するのは、自らの意思でニヒリズムに陥り、義務的な破壊から、解除されない精神性への恨み辛みをつなげるだけのルサンチマンに至るまでの偽装から、根底は、他者に憎悪を向け、関心を持たせよう、ともくろむ限りに、膨らむ憎悪は、他者に向けられ、自己を浮揚できずに、その場で膠着する苦しみから抜け出すべく、自己へと向けられる暴力性から逃げ惑う意思は、他者に向けられ、自らの苦しみに跪く事の恐れから、逃げ惑う純粋な意思は、自らの聖域に逃げ込み、そこで祈祷するばかりで、他力本願な意思は、諦観に至り、アナクロニズムに陥り、自ら生み出すアニミズムが悶える先に嘘の潤いを与え、あたかも、循環させ、純化をほどこすように作用するような純愛を求め、意識を受精するような閃きをほのめかし、加算される原理を産み出すようなよろこびへ、と至らぬ限りは、物事の影として生きる事でしか、自己を加算できずに、攪拌され、換算されるだけの半径に用いられる反映などは、自らの意思を損なうだけに至らせるような悲劇を拡散させ、干渉するほどに、緩衝には至らず、互いの痛みがぶつかり合い、ただ、依存するだけに至るような痛みを倍増させ、それを、捕食するような者どもが生み出す流動性から逃げられずに飲まれてしまい、意識は混濁し、虐げられる意思は、裏切り続けられる事で埋められない悲しみを増加させ、そこにおとずれる悲しみを乗り越えられずに、その場で横着をくり返し、逃げる事を否定し、疲憊するだけの心情を傍観する暗鬱さを乗り越えられずに、その場に用いられる悲しみに仮死化し、関心を用いるように仕向けるだけの裏切りの構造や、構築されるものに従順であろう、と仕向ける事により、出し抜けよう、とするだけに、垂涎するだけに至るような悲劇へ、と昏倒し、根幹を失い、マインドに定立されるものなどに利用され、些細な出来事に応じるだけの答えに横着する。対等なものを用いるほどに、自由とは、うわべだけの言葉に化し、生み出される答えの傀儡として生きるだけに至るようなアカデミズムが生み出す勘違いのモンスターや、ちぐはぐな動機に破壊的な静止と生理学を用い、迫害するだけに至るような排外主義的な意識は、やがて、レイシズムへ、と至り、蓄積される理想は、暴力的なものに帰巣し、生み出される運動などは、所詮、権力を借り、権利を謳うだけのまがい物の理想を思想として崇め、出来合の真実に吐瀉されるものを漁るだけの貪婪な掠奪者として生きるだけに至るような退嬰的な者を生み出し、そこに敵意を持ち出し、何かを扇動し、操作するだけに至らせるような思想は、思考を用いずに、意思を奪うだけに生み出される策略の言葉に自らの意思を奪われ、モチーフとされる思想に利己的に支配され、偽装される真理に移送される苦しみから、解除されない精神に蝕まれ続ける自己犠牲的な心理にもとづく理想から、移行し続ける自らとの離別から、死に追いやられる苦しみから逃げ惑い、意思的な迷いから、まがい物のものを信仰するだけに、思考停止に陥り、理想の従順な犬として、或いは、利口な者を演じ、何かを操作するだけの扇動者として、或いは、肉薄し続ける先におとずれる迫害の恐怖から逃げ惑い、おとずれる恐怖が増幅し、おとずれる不安に解消されない悩みをぶちまけるほどに、補填される権利の異物感を取り除けず、利己的な支配の経路を進み、自らに下される刑罰に快感を暗示させるような、快楽原則に屈従し、敢行される意志に屈従する限りに、自らの純粋な真理は奪われ、警邏するものに取り押さえられ、ロジカルな思考に閉じるものや、閉ざされる意識を利用し、領土を奪うだけに用いられる思考法に混同するものを濾過させよう、と仕向けるほどに、魯鈍な意思は抑圧され、用いられる欲望に支配され、気配を消し去り、今を軽視し、虐げられる希望を傍受し、その理想どおりに仕向ける希望を利用し、自由を謳い、正義を用い、案出される安易な立証から、認識は、自らの誤りに気付かずに、今に騙され、今に利用され、欺瞞を生み出し、おとずれる猜疑心により、自らを呪縛する。