読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

反する意志


 私たちの無念さが、何度も意味の中で織り込まれ、小さな思いが、やがて、大きな流れに変わり、革命へ、と移行し、完全性を求めるだけの惰性な世界から放たれ、自らを暗示するだけに至らせるような軽薄な自己啓発から逃れ、哲学的なモラトリアムに孕むべき愛も知り得ずに、経済的なものを持ち出し、何かを、何かで拘束するようなキャピタリズム的な傲慢さを取り除くべく、ベクトルは、永遠性を捉え、たどる意識に愛こそが、意志へ、と変換されるのであり、愛を持ち出し、何かを信仰させるような膠着を生み出さずに、用いられる純粋なものが、疑念を孕む以前に、持ち出されるだけの愛が、利己的な答えを垂涎し、意味を履き違え、意味の中で倒錯するだけの離床をくり返し、苦しみをぶり返す以前に、ふんぞり返る意志を取り除き、透過すべき現在に傲慢さが、差額を求め、支配的な私利私欲を吐き出すだけの模倣品たるものが、論争を支配し、論考する以前に、自らの傲慢さだけを吐き出すだけに破壊的に至るだけの精神性から、正論は憎しみを持ち、何かを支配することにおとずれる快楽にひた走るだけに、自らを騙すだけに、私たちの痛みを利用し、立場を用い、そのままの意味を吐き出すだけに、解消されない痛みにさえずる奇跡を知り得ずに、理想だけを促し、垂れ流される意味を、意味としてくみ取る先に現れる苦しみに抗い、あいまいな現在に懸隔を生み出し、はみ出す意味から、位置的な苦しみを引き取り、悲観するだけに至るような痛みにいたわりの言葉すら邪魔になり、今に字余りの感情は、論点を損ない、曇天の中さまよう憂鬱さに、有効なものなどが、言葉を扱い、支配的なものが位置づけるだけの観念に敷衍していく憎悪だけが、愛を飲み込み、ふれあう肌の感触を忘れ、ただ、自らの意志の中でカタトニーに変わるだけの隠逸から、淫蕩な形式に浸り、美観を損ねるだけの欲望を倍加させるほどに、魯鈍なものに成り得、内情に募るものが、汚穢と化し、観点を損ない、そこかしこに、差異を生み出し、持ち出される苦しみを打開できずに、同じ意味を引き出すだけに悲観し続ける先に最たるものも見出せずに、満ち足りぬから、と裏切り荒むだけの無情な形式に寝返るだけの意思的な過ちを崇め、願いを重ねるほどに、ネガティブな意思は、思考停止に至るほどの苦しみに補填されるだけの過ちを、自ら積み重ねるだけに、罪の意識は、今を阻み、私を苦しめるだけに至らせ、君の無念さを取り払えずに、悲しみに暮れるほどに、朗誦される真実を吐瀉し、統合されるだけの精神性に世界性は、自己とぶつかり合い、理想とは、供給されるほどに、今を咎め、自由を用い、今を苦しめるだけに至らせる意味へ、と嵌め込まれ、蔓延る悪意を捏造するだけに至らせるような悲劇を加速させ、懐疑的な日常に愚鈍なものを持ち込み、意味の中に倒錯させ、済世を謳い、差し違える意思が、最たる意味を損ない、今に疑問を用い、持ち出される意味へと解消されない痛みを倍増させ、感情論的なものにとどまり、透過できずに、同化することだけを目的に今に犠牲的な何かを持ち出し、意味の中で倒錯するだけに至り、訝る現在におとずれる諦観から引き出される苦しみにイコールされ続ける答えから、引き出す今とは、あいまいな欺瞞を孕み、犠牲的な何かを演じるほどに、苦悩は、今にくすみだし、空疎で安易な答えに安逸なものを引き出すだけの苦しみを頒布し、蔓延る悪意に独善的な影が迫り、狭い価値へ、と競争的な観念は、懐疑的な日常に不満を与え、哀感や、絶望を捧げるだけに至らせるようなプレゼントを今に与え、リリカルな心情に真摯に対する詩人の気持ちすら知らずに、何かを否定するだけに、批判的な日常に帰巣する真実も見えなくなり、内心に迫る絶望に支配され、欠乏する今に位置を授けるだけに、座標軸に組み込まれる意味的な位置から、君が見えなくなり、内面性に蔓延る絶望に支配され、連動する苦しみが、大きな揺らぎを捧げ、最たる意味をつかめずに、ただ、伝わるものに示す偏りから、懐疑的な日常に生まれる背徳に進み、背反し続ける先に生まれるのは、絶望的な破壊であるし、徘徊する意識は、帰る場所を用いる限りに、乖離する理解から、改善されない苦しみを発動させ、集う意識は、懐疑的な日常に乖離し、理解を用いる限りに、理解とはほど遠く、乖離し続ける先にシステムに拘泥するだけの権力的な統合から、苦しみは、利己的な答えを回転させ、同じ位置に、同じ意味を用い、今を苦しみ続けることだけに、不快なものをかき消すだけに求める意味に依存するだけの快感原則へと飢渇していく意識は、配備される物事だけを、真実のように捉え、信心し続ける先に与えられる飴と鞭の間を、無知のままにさまよい、愛がなんたるかを知り得ずに、愛とは、信じるものこそ、馬鹿を見るなどという言葉に騙され、信じることを忘れる。