読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

私こそ利己的なものである


 私に補填されるもののほとんどは、無意味な策略を孕んだ、懶惰なものであるし、そこに段差を孕ませ、蔓延る悪意に従事するだけに飽き足らずに、何かを侵略することを、信用などと促すような輩が支配する経路に計画的なものを謳い、訝るだけの現在に来す意味合いに浸るだけに計測される判断が、利己的な高潔さを持ち出し、何かを提示することによぎる制圧から、抑圧される心情は、俗物的な制度をモチーフに、応じる答えを信じ込ませるべく、信仰心だけを扇動するような戦争の音から、王道を歩かせ、ひからびるまで傍観し続ける先に現れる深淵を覗くな、と途端に支配的な者が掲揚するものなどを信じるほどに、魯鈍な者に成り得、測ることに訪れるジレンマに嵌まり込むだけに定理にもとづくレイシズムや、憤懣を溜め込み、ファシズムへと移行するだけの暴力的な措置から、聡明なものなど無くなり、内面性に液状化現象を生み出し、とろける地平は、配役を決められ、演技のままにうごめく主張や、象徴的なものを今に生み出し、奪い合うだけの理論を措置し、拗れる先々に安易な契約を結び、現在に利己的な理想を生み出し、それを思想などと促す限り、陰る本質は、うやむやなままに、何かを偏愛し、自らの偏りに気付かずに、執着し続けるだけの愛は、ストーキングを続け、つたない意思は、もろもろの価値に弊害を生み出し、自らを見つめ直せずに、内心に孕む懶惰な記憶に応じるだけの苦しみに搬送されるものに問答し、混じる意味に完結していく今に欺瞞を運び、対立し続ける自己との終わらぬ戦争から、応じるだけの由縁に引き伸ばされる苦しみを謳歌する憂鬱な互恵から、契合をくり返し、其処に法的な死地を生み出し、措置し続ける内に配置される暗鬱なモードから、モニュメントと化す仮死化した自己を傍観する商業的な正義が、自己犠牲的に差し向ける現在の宣伝的な立証から、センテンスはねじ曲げられ、毎日に偽装される苦しみをくり返し、枢要なものを損ない、そこかしこに苦しみを捏造し続けるほどに、描写されるものは、混同されるほどに、自らの苦しみに補填される空腹を癒やすべく、ベクトルは、憂鬱なものに授け、預かる過程は、要する形に嵌め込まれるだけに潰える意識や、居続ける苦しみに背反し、互いを恨むためだけに、ためらわずに破壊し続ける先に生まれる復元されるだけの今日や、共同的に差し向けられるだけの専横から、主義とは、実情を知り得ずに、今に来すイメージに支配され、陰鬱な衝動を抱え、自らを捨て去り、最たる意味を傍観するだけに至り、悲観するだけに終える真理を捏造し続けるだけに至らせるような悲劇に変装し、偏向を生み出し、奪い合うだけの現時点に差し向けられた恨みのコードに密接に結ばれるだけの無数のエゴから、永劫回帰的なものに抵抗を加え、同じことを何度も反復し、続けることに訂正されるだけの日常や、追従するほどに補填される苦しみを、何層にも重ね、懐疑的な現在に懸隔を生み出し、苦しむことだけが、答えを拘泥し、日常に殺伐としたものを生み出し、奪い合う観念に解決策すら見出せずに、見立てられたものを盾にしては、様々な意味を跳ね返し、自ら思うことだけが、答えに偏らずに、牛耳られずに、差し向けられることに反し、自らの定理にもとづく答えにも、姑息なものを生み出す自己が今を阻み、意味を奪うだけに浸る現在におとずれる擦れから、衰退する意思は、何かを信用するほどに、魯鈍なものに陥り、情報に惑わされ、今に交わる苦しみも、利用され、領土を奪い合うほどに、もつれる先におとずれる悲劇を加速させ、迎撃される思いが、沈み込む静寂に催促されるものが、物事を膠着させ、摂理を謳うほどに、設置される苦しみが倍増し、奪い合うほどに、悲劇は加速し、用いられるモラルに支配される経路や、形骸化する意識を漁るだけの貪婪な者が支配するだけのうわべの言葉に気配は損なわれ、さえずる記憶も、奥底で須要な条件を情交に攪拌させ、情報が拡散され、たくさんの思いは、主体性を失い、ただ、操作されるだけに至るような交換から、枯渇する精神は、後悔を生み出し、快活な動機を損ない、さまようだけに至り、今を失い、損なう意識は、異物感を抱え、訝る現在に見解を用いずに、用いられるものに覆われ、応じる答えへと動機は換算されるものに閑散としていき、指定されるものや、信用させられるだけに、濫觴するものを咎め、途端に干渉するほどに、魯鈍な意味を用い、位置的な支配から、価値を生み出すほどに、滑落する意思は、今に従属し、確かな意志を失い、苛むだけに捉えるべくものの美しさに気が付かずに、汚い価値を機械的に信心する。