読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

ミニマルな冬


 古びた身体に重なる哀愁がただよい、シンクロし、ただ、寄り添う形に恐れは消え去り、起源を失い、あいまいな現在に浸す意味から、関連する状態に蔑むだけの帰路を捨て、傍観者が浮かぶジレンマの山々を越え、病み続ける意識に併走するだけの凡庸な価値に降り注ぐ他者の涙雨や、膨脹し続ける宇宙につながる神秘と心音が交錯し、木霊する音が、枢要なものを抱え、こみ上げる愛が旋律を伝え、形式に収まらず、景色に広がる愛が、悠遠に広がり、気持ちに反響する由縁や、水の音や尊く促される君の尾を追いかけ、形状するものへと引き込まれるだけの苦しみから解放されるべく、ベクトルは、変幻自在であるべく、偏執するだけの意識を強制的に交換されるだけのジレンマとの対立を終え、相対する先に対象とされるものが遠くでうなだれる様子に投げかける言葉も、優しさを失い、うずくまる意識に呼吸の仕方すら忘れ、物事にたゆたい、澱む思いにかじかむ記憶が、自堕落なものに関わり、低劣で冷徹なものが迫る冬景色に孤立していく孤独感を誘発させるだけの海馬を破壊し、ロボトミーとして、傍観する先々に、感情すら失い、機械的な暗鬱さに広がるアンドロメダや、労働の音が木霊し、鉄と鉄がぶつかり合い、身体を失い、肉欲に解けるだけの街路にたたずむ幽霊どもが更新するメロディーや、経路を失い、契合されるほどに補填される苦しみに用いられる境目が酩酊をくり返し、過信を促し、平衡を失い、猜疑心を生み出しては、最たる意味を交接させ、フラクタルなものへと同調を求め、同一化を強制し、軋み身体を引きずり、悲観するだけの緩慢な現在に嵌め込むべき愛も、酩酊するほどに補填される憎しみを倍増させ、寛容さを失い、露骨な支配へと進行する痛みを今に巻き込み、欺瞞を生み出す。誤作動をほどこす愛に発芽する永遠が、強迫観念に襲われ、過食嘔吐をくり返し、反復する意識は、枢要な意味を失い、位置を求めるほどに、陥る先に逸脱する精神は、敬神と軽信の間で軽薄な理論を打ち出し、懐疑的な日常が生み出され、邪推する現在に懸隔を生み出し、回線を混濁させ、乖離する状態から、人工的な楽園を想定し、定常を求めるほどに、現在との懸隔は生まれ、今から懸け離れ、自分を天敵として咎める間から、利己的な気配に併用されるだけの欲望を生み出し、緩衝すべき現在に悪意を繁殖させ、性差を持ち出し、裁断される現在に寄食するだけの要因が退行を生み出し、今に来す麻痺から、空回りする意思に慢性的な痛みを発信し、配備される間に美化を求めるほどに、補填される苦しみに抗い、哀傷に浸り、感性を損なう。一生の孤独に支配される意識的な追従者から、緩慢な差異に用いられるだけのあらゆる痛みに相似していくだけの互換を終え、乖離していく日常に比例されるものに遠のき、去りゆく形式や、緩衝する先々に生まれる愛から、孤独は逍遥をくり返し、日常的な快癒から、乖離していく先々に理解は生まれ、解消される愛から、理想は供給されるだけの義務に去りゆき、兆しを失い、徒労をくり返し、利己的な支配から、経路を失い、さまようほどに、用いられる居場所などに固執し、孤独感を増幅させるだけに、人間的な孤独などに支配され、死に追われ、前衛的なものに至らずに、今に苦しむだけに迫る差異性から、再会を隔てるだけの意図から、口実を求めるほどに、露呈するものが集中力を奪い、感情が利己的なものをこじつけるほどに補填される今から欺瞞は生まれ、接続される痛みから、苦痛が加速し、エンドルフィンも追いつかずに、ただ、促される攻撃性が、脳内を刺激し、アドレナリンを分泌させ、意思を奪い、ただ、生み続けられる暴力性に偏る精神が、嫌疑を用いずに、感性を捨て、生まれる孤独から、終焉へと巻き込むだけに亢進していき、神経は逆撫でられ、逆算される意思から、位置的な平衡を失い、逆上していく経済から、悲歎に暮れ、哀愁にただよう惑星的な簡素な比喩から、リアリティーはそがれ、ロマンにたそがれ、広がる意味に敷衍する意思的な夜明けを目指し、交換される吐息や、統計されるものに反し、自ら生み出すものだけを信じる意思的な超克から、真相解明を急ぐほどに、うそぶく空間に交換されるだけの答えを促す正義こそ、いちばん信用ならぬものであるし、用いられる善意などは、三文の値打ちも無いなどと即されるほどに、物の価値などは、今に偏りを生み出し、価値観とは、途端に崩れ去り、自ら促すカタストロフから、自らを破砕するだけに追い込む正解を求めるだけの終わりを捏造するだけの侵略者や、僥倖を用い、妨げる意識に幸福論などを投げ込む辺りから、食い込む罪の意識が膨脹し、正しいものとは、今に捏造され、不本意なものを信じ込み、そこに神などを見出す限りに、導かれるだけに至り、自らの意志を失い、妨げられる現在に感覚を失い、センチメンタリズムに飲まれ、今に意思を損ない、行いに重なる罪の意識だけが、今をつまずかせ、意思を損なわせ、意味の軽薄さに屈従する。