時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

感情の爆発


 誰かに利用される悲劇は終わり、フラクタルに交わる空の間から射し込む日の光りが、立体感を授け、預かる身体に栄養を与える。談笑する街並みは、交錯する意味に服従させぬように、分裂的にうごめく、誰もが、同じ位置や意味に帰らぬように、自らを分裂させ、同じものなど永遠にやって来ないのだ、となだめなぐさめる先に刺し違える意味が、今を恨む以前に、確かな自分に戒律を生み出さずに、返り血を浴び、蔓延る悪意に視線を移すよりも、今に現れる美しさに昇華する高揚感だけが、雇用される痛みを排除し、解除されるよろこびだけを敷衍させる。独創的な真理を謳う神は、短絡的な終末論に絡み合い、衝動的なモラルの中で、愚鈍な成虫を育て、惰性な虫へと変化し、陸地を這い、未熟な精神の合間を飛び交い、感傷的な日常に従事し、悠遠に忍ばせる憂鬱なものの互換を終え、感情的なものに貢がれるだけの意味へと拘束されていく。生と死の狭間で、ニヒリズムを提唱するような現代的な憂鬱を凌ぐべく、自らの意志を用い、カタストロフを生み出すだけの、惰性な思想を飛び越え、勘違いを引き起こす連中に与えるべく栄養や、永遠性に猛る思いが、緩衝を続け、自己と世界との行き違いを埋めるだけの惰性な権力に荷担し、関係性に入り組む位置的な疎外感から、最たる意味を失い、憤りを感じるだけに、兌換されるだけの快適な重みに麻痺する感覚が、君を滅ぼしにかかり、関係性に入り組む位置的な汚穢を引き取り、感性に基づき、正しい意味を引き取り、互いを咎めるだけの距離を埋めるだけに訂正を加え、利己的な周回をめぐり、酩酊する事実につながるだけの互いの基礎を踏みにじり、運命的な傍観者として、体外に果てる時代的な郵送を終え、恒常的な痛みの中で従事するほどに、革命的な信号を与え、意識に帯同する四季をめぐり、鮮明な意味を引き取り、過去からすべてを浪費するだけの意味を浸透させるだけにリベラルなものや、復古されるものを引きずる現在に引き取る意味も、今に肥満化し、肥大化する痛みが、期待感を孕み、悪化する痛みや、意味に有毒性を用い、静謐な生活感を脅かすだけの普遍性へと偽装されるだけの真理にもとづくエゴが行為に用いる悔悟をまき散らし、恬淡な意思に干渉し、我々の痛みを巻き込むだけの現在に用いられる意味的な痛みを対象に、理想は恒久的な痛みを分散するためだけのツールとして、利己的な収奪や、脱力感に苛む意思的な終わりを現在に巻き込み、混同する意識に改善されない痛みを巻き込み、懇切を続け、つたない意識が願うほどに、補填される理想は、利己的なものに変わり、偏りを示す互いの間に現れる懸隔にあらがえずに、同じ意味を、同じ位置に用いる限りに同化するほとんどは、補填されるためだけに働きを加え、駆動するものも、今に混同するほどに、補填される痛みに去り行き、有する価値に求められる今に咎められるだけに、打算されるものに覆われ、応じる答えに嘔気を重ね、差を埋めるためだけに、今に存在する意味などは、漁るためだけに、健全さや、健気さを売り、配備される間に輪唱する神話や、新緑に消え去る納期されるだけの孤独や、痕跡も残さずに、一切に孕むものを懶惰なものに変えるだけの安易な倒錯から、ジレンマは加速し、慢性的な痛みへと欺瞞にギアチェンジし、安易な加速を加え、自らのカオスへと倒錯していき、憤りを感じても尚、自らにおとずれる寂寞に可能世界を巻き込み、同じことを、あたかも、あったように執り行う儀式化されたものに加工された品位を折り重ね、対象に用いられる懐疑的な悔悛から、乱立する意味に咎められるだけの理想は、リベラルなものを用い、物事を解消させるべく、いじられる快楽の傀儡として、あらがうことを辞め、自らに義務感を植え付け、形成される意味に感応するものに排除され、感化されるべき今に足かせを嵌められ、世界性を奪われ、誰かが提示するものへと加工され、未熟な性質が促す進路へと逆走する現在に利己的な本質に加工され続ける現在に懸隔は生まれ、取り急ぐ意思が、露骨な支配を受け入れ、経過するものに証言を加え、抵抗を加え、反撥し続ける先に現れる答えも、凍えるだけに至り、病を生み出すだけに至り、引接される先に待ち受ける極楽も、ただ、人間的な痛みから脱兎すべく、生きることから逃げだし、死んだ後には解放が待ち受けているなどと示すことに現れるニヒリズムに緩衝せずに、私は、生きることから逃げ出さずに立ち向かう先に現れる苦しみすらもよろこびに変えるのが、ニヒリズムを超え、事務的な要素や、義務的なものを飛び越え、現れるものすべてを愛し尽くす先に追憶に加算されるだけの意味に感触も忘れ、ただ、逃避するほどに、露骨な支配を受け入れるだけの軽薄な進路を生み出し、朗誦されるだけの真理を預かるほどに、論証されるものが、正解のように迫り、世界を奪うだけに至るような問題に代償を用い、観点を奪い、対象に戸惑いを与え、厭うだけに、厭世観が速度を増し、緩衝する先に加速するルサンチマンを用い、完治しない苦悩を用い、万世になびく思いが感覚を奪い、未熟な論争を用い、論難へと至り、浸る痛みに感触も失われ、散漫な意識は、意味合いにからまるだけの退嬰的なものや、体系的なものに持ち込まれる精神的な猶予が謳う同一化がほどこすものが、魯鈍なものを生み、勘違いを生む。