読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

高尚へと至るよろこび


 叙情的に交接するものが、運命に交わり、遠ざかるものに合点がいかず、今に苦しむほどに悲観は私を飲み込み、裏切り続ける。私を救えるのは、私だけであるし、私が見つけるものだけが、真実に成り代わり、今に永遠性を育ませ、意味に帰路を与える。あらゆる原理は、対象を見失い、今にぶつかり合い、刺激を与え、大抵の異物感を取り払うような愛をつむぎ、むつまじく結ばれる華々しい帰路が、延々とつながり、私のみすぼらしさなどは、瞬時に消え去り、叶わぬものなど無いことを知り、考えとは、願うよりも強力な思いを生み出し、今に捏造されるだけの真偽を増幅させるような中途半端な思いを取り除き、確かな意味に意思を与え、預かる思いが、利己的なものに支配され、他者から借りたものを今に引き伸ばすだけの答えに繰り広げられる義務的な要素を排除し、自らの意志に戒律を生み出すだけの構造から排除され、疎外されるよろこびを感じ、今に迫るニヒリズムが、狭い価値へとカタストロフを謳い、朗誦する真実に固執する観念から、逸脱できずに、立場を用い、今に攻め入り、生命を奪うだけに感応し、服従するほどに、補填される憎悪へとひた走るような分裂的な対応から、孤立する悲しみから持ち出される悲劇を換算するだけの命から、乖離し、理解を謳うだけの道理にねじ曲げられた真実を加工するだけのギミックにロマンは消え去り、死に絶えるだけの意思は、しっかりとした意味を伝えられずに、今に影響を与える欺瞞へと不満を垂れ流し、意味の中で倒錯し、意思を損ない、用いられるものを、ただ愛し、複製するだけに至らせるようなものを、愛しているかのように示すような依存心から、張り巡らされる今に過剰な思いが迫り、認識できずに、自らの苦しみを細分化し、文化的な徒労をつなげるだけの過程に用いられる偽善的な支配から、信仰を用いられ、今に苛立ち、一切に用いられる刺激へと成敗されるだけの位置的な善悪に気配は奪われ、今に倒錯し、意味を見失い、今に苦しみことに置かれる位置的な悲しみに暮れるだけの自己がささくれ立ち、怠慢な思いを血合いし、空虚な身体に嵌め込む差異や、最たる意味を損ない、そこかしこに苦しみを運び出す利己的な集約から、収奪されるだけの観念を唾棄する永遠性から、凄艶な時に圧壊し、先々で虐げられるだけの意思に迫るデカダンなものが加速し、雇用されるだけに感覚を失い、高揚感を忘れ、ただ対比され、対象として支払われる義務と、被る先に生まれる利便性として支配されることをよろこぶべきなのだ、と麻痺させる観念に陥る関連性から、連動して苦しみは繰り上げられ、今に些細な痛みを用い、持ち出される痛みに乖離する離間に迫る無意識的な喪失感に迫る世界観に価値観は破壊され、果敢に挑むこととは、そこで、生きることを喪失し、証拠も残らずに、行いの中で屈する限りに陰る本質を憎しみ、意味を見失い、立証されるものを恨むためだけに、一切は同化を求め、同一のものとして崇められずに、ただ立場を用いられ、今に拡散される悲しみへと意味を見失い、今に季節感を封じられ、混じるものが昏睡へと誘い、訝る先に屈従するだけの意思は、機械的に動くことだけを世界として認識し、認識できない範囲に示されるものなどは、権力的な正義の物差しでしか、善悪を測れず、今に用いられるものに反するものすべてを罪として捉え、法で加工されるだけの範囲に閉じこもり、安易な答えにねじ曲げられた価値を本質として捉える限りに、意思は失われ、今に見失われた価値は、未熟なままに、自らだけを正しいものとして捉え、途端に共感を謳い、用いられる言葉で繁殖させる範囲を増幅させ、終わらない破壊活動へと至らせるような都合主義的な低劣さが緩慢に作用を下し、関連するほどに、露骨な支配を受け入れ、死に排除されるだけの軋轢に関わり、一切の苦しみに放たれる犠牲的な伴侶を娶り、明晰な判断を下せずに、くじけるだけの一生をコード化し、依存的に配される間に下すものの哀れみなどを謳い、同情を増幅させ、複製される真実の一切に関わり、からまる先にほどこされる苦しみから、欠乏していく精神性は、世界性を取り戻すことは、愚かなものだなどと諦観するだけに至らせるようなルールに配される束縛をほどかない限りは、思うことは、愚かなものなどと認識を誤り、今に誤算を生み、誤作動をくり返し、高尚へと至らずに、意味も分からずに従うことだけが、正解であるのだ、などと促す限りに、回線は混濁し、意識の先にウイルスが媒介し、媒体する対象だけを追い求め、他者に寄生し、機械的な位階の間を徘徊し、価値は、誰かの上下を支配し、愚鈍に追従するだけの欲に素直なものだけが、支配的である事だけが、あたかも正しいことのように差し出される意思を買い取るだけの利己的で傲慢な連中が指し示すことほど、退屈な道理は無い。