時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

強い思い


 空間でふれあい消えていく孤独感が忍ばせる静寂に入り交じる時間的な猶予に流される液体がしたたり、永遠を告げ、追憶に呼応するものが、精神性を司る由縁に分裂していき、蓄積される苦悩や、雲隠れする昨日に起動するものが、回線を混濁させ、私は、白昼夢をさまよい、帰宅を遅らせ、正義を司るだけの悠遠に貧するだけの価値に比するものなどは、ただ用いられる対象との距離と差異を測るためでは無く、等差を求め、そこに現れる差に浸る優越感だけを加速させ、退嬰的なものや、体系的なものに処理されるだけの由縁に引き伸ばされる悲観的なカンバスに激情のままに描く感情的な疎外感を埋めるための昇華へと至らせることにおとずれる距離感に敷衍していく思いが、普遍的なものを飛び越え、今に追従するものを振り払い、思い出に捕らえられる苦しみに梳かされる思いが、流動的な旅路にでかけ、静謐な思いを抱え、重なる動機に真理を求めるよりも、自らを信じ、深まる意味に感傷を促すだけの離散から、背理に至り、暴力性を製造するだけの社会的な結末に厭うだけの感情が固執するだけの思想により、思考停止に至り、自らを信じるよりも、何かが扇動するものや、宣伝されるものや、交換される浅薄な考えを本から受け取り、浅はかに意味を受け取り、あたかも、自分のもののように、他者の知識を吐き出すだけの屈折したものが従うだけの思想などは、死すらも超越できずに、自らのペシミズムとルサンチマンに打ち勝てずに、証拠を残そうと悶えるほどに、問題とは深まる意味につかまつる義務を提示し、意味を死の中に巻き込み、呼吸を奪い、簡素な理由に屈従し、折檻を加えられ、世界性を奪われ、法改正を謳い、解放される意味は、義務の中に域を生み出し、憤りを発散させるべく、旋回する意識にエクソダスを求め、脱する先に用いられる聖域が利用する制度に膠着し、意思を損ない、意味に引き取られる現在に生まれる懸隔だけが、限界を生み出し、改善されない痛みを改ざんし、散々な現在に算段をくり返し、利己的な衝動は、動じるだけに演じるだけに引き伸ばされる淵源に蔓延る悪を育て、惰性な意味をにしだかれ、貧寒な理由に関わり、今に苦悩を溜め込み、たじろぐ先に生まれる空洞に嵌め込むだけの意味を用い、あらゆる原理を枷に変え、今に苦しみ、疑念を用い、改善されない痛みは、露骨な支配を提示し、抵抗すればするほどに、今に溜め込む痛みは、互いに嵌め込まれる痛みを、あたかも、互いの軋轢により、加えられた痛みのように差し向けるだけの罪や法に囲われる現前に課せられた罪とは、依然として過去から解消されない痛みを今に連動させ、無限性的な支配で加工するだけの品行を用い、倫理観を煽るだけに浸る現実に来すものとは、イメージに反さぬように、何かの模範として演じる先に生まれる膠着へと悲観するだけの同情心を煽るような結末に欠乏していく意思的なまがい物を育て、惰性に煎じたものを飲み干すだけの強制的な解決を余儀なくされ、些細な動機を演じるだけの要素に惰性な信用を持ち出し、快活な動機を損ない、今に屈従するほどに、魯鈍な価値に偏るだけの演技を反復させ、演じる先に頼り無い奇跡を出迎えるだけの意思的な耗弱から、垂涎するだけの輩が生み出す解除法や、排除法を用い、意味を掻き乱すだけに、機械的な倒錯へと陥らせ、位置や暦の中で履歴を残すだけの情報として認識するだけの意味の配下として、完全性を用いずに、謳われるだけの絵空事を信用するだけに、退嬰的なものに陥り、意味を履き違え、過去の異物感を今に用い、欺瞞を倍増させ、不安を増加させ、過信を生み出し、改心を謳い、懐疑的な日常に刺さるだけの痛みに排除される自らを見捨て、誰かのペインを買い取り、その痛みに同化し、あたかも、自らの痛みのように演じる先に生まれる前衛的なものすら死した場面に旋回する意識的な展開は、応じるだけの事柄を往復し、似たような風景に相似していく自己を傍観するだけの離人的に眺める先に痛みは倍増し、他者から与えられた痛みのイメージを認識するほどに、拘束や、痛みは強化するのであり、そこに催眠術的に起動していく拘束から、膠着していく意識は、最たる意味を損ない、感情を損ない、相違するものだけを理論の中で倒錯させ、背反し続ける先に万世はひっくり返り、悲観するだけの輩が製造する機械的な由縁に引き伸ばされるだけの痛みを破壊し、加算されるだけの意味に代償を求めるだけの善悪を解消させるべく、リベラルよりも、アナーキーよりも、今に交錯し、倒錯するだけの思想を演じるよりも、何かにねじ曲げられ、意味を見失うよりも、何よりも自らを強調し、エゴイズムに浸らずに、そのエゴを超えて、何かであろうとする境域に示される点と線を排除し、ただ自らであらんことを願うような強い思いを。