時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

怒りの獣


 革命的な孤独を抱えた彼女たちが互換するメッセージなどが、中空を無碍に舞い、意味を成さない言葉が、今に浮遊し、いつしか浮揚されるむなしい身体を愛することを始め、交わる意味に始まる今などは、一切の意味を吐き捨てるだけの今にしか過ぎないのだ、と偶像崇拝をくり返すことで、自らのむなしさを消費するだけの、みなしごの私が生み出す未熟なメロディーが演繹し続ける先に生まれる答えに拘泥するほどに、意味とは、その場で膠着し、確かな意味を見失い、今に倒錯する。意味を失っても尚、生きることで、強化させるというか、ごまかし続け、なにも感じられなくなるだけの身体を放棄し、常軌を逸した行動で、世間体をも破壊するような継続的な意志を反復させ、世界に背徳を用い、動機を一巡するだけの倫理観を破壊し、提唱されるものの毒気を取り除き、透過するまで自らを昇華させ、解消される先に、私だけの意識が敷衍し、膨らむ意識は、意味を突きぬけ、自らの意志だけが、傀儡と化す以前に、解決策を強請り、境界を用い、倫理観をくすぐり、運命を加工するだけに、果敢に挑む価値は失われ、今に比重をかけるのは、用いられる不和や、不安を煽るだけの公平さや、整合されるほどに、傾倒するだけの思想や、信仰するほどに、魯鈍な価値を用い、今を迫害するだけに終えるような諦観を用い、疎外され続ける先に現れる不安へと引きずる由縁に飢えるだけに補填される苦しみを取り込め、とりとめの無い日々を、あたかも生かされているように演じるだけの空虚さに気が付かずに、訂正されるだけの現在に覇気も失われ、盲信するだけに至らせるような現在に有する価値などにくり返される苦しみをリロードし続けるだけの過去から、リバイバルされるものこそ、本質なのだ、と勘違いをくり返し、完治しない痛みが、今に敷衍し、普遍的な苦しみや、空間的な硬化をくり返し、過剰な愛が示す依存心が放つだけの執着と愛は違うことに気が付かずに、退嬰的な理想や、空疎な理由を用い、収容されるだけの意味に倒錯し、錯綜する意識は、生命の起源を失い、ただ生きることだけに懸隔を用い、感覚を失い、自らの行動を抑止し、死を恐れ、意思を失うだけに培うものとは、養うものだけに偏りを示し、関連するものに物質的な価値を用いるだけに、一縷の望みも失い、ないがしろにする現在に支払う義務だけが生み出す空疎な価値に悲観するだけの理想論的な結末や欠乏にからまり、関わる先の傀儡として生きることに補填されるだけの苦しみを反復させ、介する間に有する意味に報復をくり返し、異物感を用い、経済的な猶予を旋回する意思的なまがい物を育てるだけに、疎外感は増していき、毎日に惜別をくり返し、拍動する意思は、証拠も残さずに、瞬時に消え去る美しさを持ち、端的な愛に返り血を浴びせ、あいまいな現在に見解を用いずに、ただ促されるままに便宜的なものを用い、恨むだけに至るような現在に課せられる意味も、加工される義務に支配され、統制されるだけの意思は、誰かの言葉や感情を借り、あたかも自らの意志のように示す間に生まれる力に閉め出され、意味を見出す以前に、追い出され、応じることに横柄さを重ね、懐疑的な日常に迫る真理にだまされ、怠慢な意思を抱え、懐疑的な日常に折檻をくり返し、織り込まれる感情が芝居を続け、あたかも感動したかのように同化するだけの意思は、他者から受け取る感応から、感じるものへと併走するだけの思惟が、従えるだけの意識を重ね、加工される義務的な慣行から、行為は荒廃し、与えられる義務だけに動かされるほどに、過信は生まれ、考えは今に膠着し、位置づけられる先に居続けるだけの自己を膠着させるだけの理論にとどまり、偽装されるだけの真理に隠逸し、訝るほどに、補填される猜疑心に真意は損なわれ、そこかしこに孤独感を増幅させ、憎悪へと転化していくだけの孤立感へと奔走する意思的な境域に狂気はすぐさま入り込み、背徳を用い、破壊衝動へと至らせるだけに、転換される価値は、日常の規律を破壊し、配備される間に用いられるだけの愛の嘘に気付き、アイロニカルなものを用い、否定し続ける先に息吹く本質も、凡庸なものでしか無く、用いられる苦しみに支配されるままの意味に倒錯するほどに、得るものは、歪んだものに変わり、自分をまがい物に変え、解消される間に用いられる行動も抑止され、揺動し続ける先に生まれる不安定なものが、今をせき止め、正義を用い、今を迫害し続けるほどに魯鈍なものが今をせき止め、自らの純粋さを損なわせ、そこかしこに苦しみを生み出すだけの横柄さを用い、利己的な経過から、開示されるものの突きつける憎悪が複製するだけの恨みを敷衍させるほどに、朗誦される苦しみを繰り出し、空虚さを吐き出す現在にしどろもどろな意識は、言い分けを続け、つたない意思を細分化し、分裂し続ける今に飢渇し、快活な動機を失い、内面的な狂気に敗走を余儀なくされ、些細なことに粉砕されるだけの意思は、自らを見失い、ただ怒りのままにうごめく獣と化す。