読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

厳寒に還元されるもの


 悲しみが見つける先に詰まるものが、思いをせき止め、今に利用されるだけの価値を促し、観点を疎外させ、帰路を失わせ、記録の中で蝕まれる物として、定義に結ばれ、群像にほどこされるものへとがんじがらめになり、理由を損ない、孤独に苛むだけに、異物感を抱える心は、緩衝を求め、互いに遡及するものを愛と呼ぶほどに、同情と魯鈍なものが、今に割って入り込み、背徳を促し、後悔をもよおすほどに、こじれる先に誇示されるものなどが心で籠城し、動機を失い、差別的に密接な関わりを損ない、そこかしこに憎悪を往復させ、背反する思いは、応じる答えへと同じような感性の下で、意思を失い、純粋なものを取り損ね、支配されるよろこびや、依存心を駆け巡らせ、動機を見失い、白昼夢をさまよい、有する形に求められる価値が値札を貼り、自分自身を磔にし、利己的な支配から抜け出せずに、孤立するイメージから、今にさかのぼるだけの原理にもとづくエゴが、行為を引きずり、悲観へと至らせるほどに、蝕まれる精神が、敬神を続け、軽薄なものを枢要なものとして定め、誰かが用いた懶惰なものや、退廃的なモジュールを崇め、あいまいな差異にもとづく批判的に乗り越えられない答えから、悲観し続けるだけに、悲しみのサイクルは、延々と自らの過去をまさぐるだけで、今に採否を用いずに、ただ否定するだけに至るような原理に理想は、供給される意味を悲観し続けるだけに、つたない意識は、破壊的な道理にもとづく動機が示す値から、暴力を加速させ、足かせになるものをすべて破壊するだけに至らせるような悲劇を反復させ、今に用いられる絶望が反響し、君の意味を奪わせるだけに至るような交換から、硬化する心身は、誰をも簡単に受け入れ、誰をも受け入れられないという矛盾に苦しみ、捉え損なう意味を緻密にできずに、屈折した意思が放つサディズムから、後退していく意識は、言い分を持たずに、ただ毒性を生み出し、互いを独裁的に配慮し、こじつけるだけに理想は戦争的なものへと復古し、真理を用い、神を徒に消費する限りに陰る本質は、崇めるほどに、互いを虐げ、従わぬものを排除するか、処刑するかの答えしか選べずに、権力と同化し、意思に緩怠を用い、とどめを刺したがるだけに違う意思は互いに誇張されるものを案出し、互いを咎める理想を並べ、リベラルなものが示す無関心から、監視へと至らせるような社会主義的な愚衆が示す復讐のコードから、苛む記憶に籠城するだけの孤立感を加速させ、自らのペシミズムを他者に強要するだけの幼稚さに復元されるだけの復讐のリズムから、罵声を浴びせ、誰かの意思を着込み、牽引されるものが促す答えこそが、保守的な理想などと促すほどに、魯鈍な者に陥り、応じるだけの答えに肉声を捨て、誰かの声を借りて、傲慢な答えをリビドーに変化させるだけに性的な不実を加速させ、実感も得られずに、選ばれるだけの価値を、あたかも、自分の価値のように示す間に現れる愛憎から、カラーは生まれ、そこに傾倒するだけの位置的なものや、系列を生み出し、迎合されるものだけが本質として捉えられ、真実とは、真実で有ろうとする限りに歪み、自らの意味自体を捨て去り、ドラマチックに入り交じる今もイメージを失い、不具合を生じ、そこに複製されるものだけを、本物として捉え、与えられる軋轢に反し、かかずらう意識が引きずる現在に転化されるものだけが、確かな価値のように示されることに疑問を持てずに、たださまよう位置から、力は半減し、知覚を失い、干渉するだけの支配的な考えが往復し、強制的に植え込まれた意味から、飢渇していく心身は、快活な動機を捉えられずに、ただ対処法として見つけた意味で処理する現在に懸隔が生まれ、改革を謳うほどに、簡単な支配は今を拘束し、君を意味でがんじがらめにするだろうし、そこに及ぼす考えに還元されるものが、価値などを用い、簡単に虚偽をくり返すだろうし、信じるものこそ救われる的な箴言や金言を利用し、君の領土を奪うだろうし、そこに領土を用いる自分自身が、いちばんの欠如を生むことにすら気付かずに、傷つきくじいたままで、徒に消費する現在とは、対比されるだけに至り、いたわることすら忘れ、互いを咎めることだけに重点を置き、そこに定められる不安に処理されるだけに、惰性なものへと引きずられ、同じような意味にないがしろにする今が、なあなあになり、担う意味すら、似たようなものを、同じように愛することだけが、あたかも本質のように謳われるだけ、だ。