読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

くつがえすもの


 疑問を持たずに、愛するという行為に馳せる意味が、高揚感を持ち、あらゆる原理を超え、愛が木霊し、歯がゆく結ばれる所以が敷衍し、素敵な思いに飲み込まれ、さらなる愛へと昇華し、今に捕まえられずに、捉える意味が真っ直ぐにつながり、豪快に結ばれ、懐疑や悲観を用いずに、確かな愛を忍ばせ、素晴らしい動機を忍ばせ、毎晩に埋め込まれる夜との会話が隙間に埋めるだけの理想が相互し、釈然としない思いを想起させ、終末論を謳い、退廃的なものや、幽遠に帰路を授け、預かる世紀や、現在に起源を結び、征服される前に超越を続け、拙い思いから抜け出し、確かな意味へと帰巣し、育てる思いを唾棄し、最たる意味をつむぎ、確かな意味を巣立たせ、はびこる愛が産まれ続ける先々に収斂されるものが、永遠に旅立ち、たちまちに溢れるものが協議を続け、つくづくにセンチメンタルなものをつなげ、健在なものや、交わる先にまつわる所以が四季に結ばれ、向こう見ずな精神や、軽薄なものや、普遍的な交通から、追憶は枷に変わり、開示されるものに敷衍され続ける先に、けたたましく響き渡る精神が、軽薄なものをつむぐより、静謐な面影を追い続け、形骸化する先々で道しるべをつなげ、つんざく思いが刺激的に備わるものが悲劇を生み出し、最たる意味をつなげ、伝わるものが、延々とつながり、血を捧げ、結ばれる正義が交配し、新たな子を産み落とす。まだまだ交わる先にはじまる毎日と何度も交わり、今に生み出すものが、たゆまずに世紀を超え、現代を超越し、何かを薄い膜に閉じられ、濡れ続ける感動から、同化する毎日に出現する刹那に転じて行く愛が、行く末を持たずに、ただ幾たびに重なるものへと転化し、続け、同じ意味を、閉じ込めずに、乗り越える先に凍える君や、枢要なものを失い、孤立する君が乗るステージに織り込まれるものは、君を咎め、邪魔するだけに至らせ、狭い世界に閉じ込め、永久になびく権限などが、今を支配し、意味に孤立させ、出来合のものを信じ込ませるだけに、神経をとがらせ、圧縮された過去が吐き出す世界に羽交い締めにされ、時系列に閉じ込められ、誇大妄想へと至り、浸る関係から、継続するものが、批判する者が意味を拗れさせ、答えをねじ曲げ、今に季節と世紀を閉じ込め、出来合のもので深化していくものが、答えを奪うだけに至らせ、体系に閉じ込め、高圧的な進路へと至らせ、正義を騙り、自らをだますほどに促される価値へと即され、陰湿なコードを生み出し、意味を重ね、罪を抜き差しする間に差異性を持ち出し、物事を統合しようと今に用途を持ちだし、見出すものすべてをだますだけに至らせるような関係に還元される苦しみが厭うだけに浸る現実との懸隔を埋めようとせき止めるものが、世界をねじ曲げ、今に課せる罪へと即され、観念的な物の考え方で、歪んだ価値を粗造に作り上げ、荒々しい原理へと改ざんされ、乖離していく意識に区域を作りだし、そこに嵌め込む権力により、後塵が舞い、前が見えなくなり、担うべき意思も、意味を見出す前に、今に至る苦しむへと串刺しされ、最たる意味を無為なものんび変え、無造作に迫る権利が、意見を交換する先々で対立を生み出し、姑息な意思が、運命にうねりを授け、預かる時間に貸し借りを続ける意思を仮死化させ、世界を法で囲い、散漫な意思へと乖離させ、今に含まれる権利を謳い、権力に荷担するだけに相互交換されるものが、軋轢を今に組み込み、意思を奪うだけに捻出される苦しみが意味を奪い、たちまちに迫る攻撃性を呼び覚ます本能を量産する恐怖が、獣を呼び覚まし、立体化する苦しみが切り売りされ、凡庸な価値へと吐き出される苦しみに履き違える意味を破棄し続ける先に快楽を呼び、いたわることは、快楽だけに占領され、汚染されるものだ、と促すような潔癖的で清廉な者ほど、保持するものの強大さに屈し、自らの悪意を増幅させ、複製されるだけの真理に隠逸していく意味が、高貴さを騙り、介在する意識に高次などを用い、物事を屈折させ、正義をののしり、悪に転じるだけの利用されるだけの天使が騙る終世から、揺動させられる精神は、軽薄な真理に基づき、敬神へと至り、軽薄な理論を持ち出し、今に等差を持ち出し、意味を倒錯させ、錯雑とした観念に向けられる悲しみや、由緒正しいものが生み出す階級的に捏造された真理に思考停止するだけの観念論的な考え方では、想像から抜け出せずに、現実を見失い、今に従うだけの意味へと拗れ、何かを偏らせるだけの偽善や、暴力的なものに陥り、遠ざけられる価値は、カタストロフを待ちわび、自らのニヒリズムや、ペシミズムを操作されるがままに、自らを破壊するか?はたまた外側に向けられる暴力性は、弱者に向けられるだけに至り、強者と争う者すら居ない現状に、何かを飛び越えるという意志を授ける。