時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

先験的な消費


 空間的な敗北感が迫り、狭い価値に立証されるだけの起源を追いかけ、浸透する意味に偽善的な信用を攪拌させ、猜疑心を打ち消させるような描写に偏るだけの私情は慢心へと至り、並行宇宙を破壊し、カタストロフへと至らせるような世界的な嗚咽から、契合されるだけのロマンや、今に軋む意味にカタルシスを促し、調和を独善的な信号に変え、信用を用い、偽装されるだけの真理は、些細な意味に用いられる手法により改ざんされ、改善されずに、今を毒性に変え、制御され、制限される意味に加工され、懐疑的な日常に陥るニヒリズムや、貧寒な現在に競合されるものが生み出す価値だけを、価値として捉え、文明が用いる起算から、隔世を用い、正確さを測るほどに、そこに生まれるものは魯鈍なものであり、用いられる信用により、真理はねじ曲げられ、観念論的に消費され、論難を用い、理想に移送されるだけの価値へと退廃していき、逸脱する精神は、圧力を加えられ、同調することだけに、統合されるような動機に粗相をくり返し、反芻する意識的な傲慢さが迫り、そこに求められる差額や、最たる意味を損ない、自らの落ち度を認めずに、葬られる先々に立証され、心象に浸食するものが、そこに反響し、反射し合うものを屈折させ、体外に離れ合う故郷を求めるだけに対比される他者との交通から、交互する意識は、生命の帰路を絶たれ、大義を用いられ、偽装される先々に開発される疑問や、欺瞞を改ざんし続ける先に陶然たる様子で返事をくり返す感心から、感性は咎められずに、その場での創造性を横溢させ、応じるだけの答えに収納される意思から飛び出し、逸脱し続ける時折に刷新され続け、十全なものを生み出す限りに陰らぬ精神は、懐疑的なものを咎め、折り重なるものや、発散される現在や、意味にまとわりつく君と理由と価値から放たれ、もとづく意味などは、今に意思を持たずに、ただ与えられた意味を今に求め、位置づけるだけに、今に膠着し、有する価値により、カタストロフに追いやられ、用いるものの奴隷として同じような価値を、似たような今に消費するだけの騙るような者が用いる意味などは、思考停止に至った意味を今に起算するだけの答えを用い、代償を求めるだけの罪を生み出し、生きることに抜き差しされる男根主義的な理想から、懈怠する精神は、制御不能に陥り、自らの破壊的なものに取り込まれ、統制下に置かれる現在に懸隔は生まれ、メディアを信じるほどに、演じるだけの魯鈍なものに陥り、応じる答えから、肉迫する先々に迫害は生まれ、はく製になるか?傀儡になるか?と促さす偏った思想が持ち出す安易な破壊からも逸脱し、用いられる保守的な理想や、リベラルなものへの帰巣すらも拒否し、アナーキーな洞穴で、欠乏する未来を演じるような暴力性へと統合されるよりも、あらゆる同調からの疎外を企て、惰性な暴力性に促されるよりも、この生命との対話を夜通し続け、つたない意識を超え続ける先に現れるものにあたふたせずに、設置される意味や、擬態化する先々に手入れを加え、定例のものや、低劣なものがひしめく安易な結合を取り外し、短絡的な理解が搬出するものが、今にひしめき、使命感などを謳い、用いられるもので、意味を締め付けるだけに至るような体系的な獣として、知を持たずに、血を使わずに、ただ快楽の傀儡として、快楽的なものが促す信号だけを受け取るような脳内の構造にも反し、能動し続けるだけに投影されるものにも反し、よろこぶべき孤立は、高出力な孤高へと至り、たゆまぬように逃避を続け、蕩尽し続ける先に排出されるエゴが支配するだけの動機や、道理に理論上の敗退を告げ、そこに生まれる退廃的な言葉が生み出す正義などに制御されずに、最たる意味とは、今に募る動機に問うことにあらず、与えられたものを射貫き、居続けるほどに、この場とは、重荷に変わり、そこにひしめく代理的なものが生産するだけの価値に採算を合わせようともくろむほどに、目はくらみ、まばゆく交わる行方は、荒廃したものを昇華させるべく、創造的に対処するものだけを消費と呼び、そこに現れる空疎な売買に理論は備わらず、価値は欲望の家畜として、揺動されるだけに浸るだけの衰亡と偶像崇拝がひしめき、専横され譫妄に至るか?洗脳され、強請られる先々に生まれる権力を崇拝し、一党独裁の権力に即されるままに促成される者のままで、フラクタルなものを演じ、単なる使われる物質として生きることだけが、答えであるのだ、と妥当な位置に似たようなものを演じるほどに、ねじれる意識は、卑屈に至り、悲観するだけに至り、自らを認めずに、他者が促す事だけを答えのように扱うほどに、自らとの懸隔は、生まれ、埋められぬ距離がなんだと促すほどに、自らとは離別する。