読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

抑圧と暴力性

君の面影にキスをして、純然たる世界に帰り着く。正しい愛とは、運命に反し、今に貧する過去を乗り越え、愛しい思いが促す渇望が、由々しい思いに行き着き、今を確かめ、不確かなものを超越する。罪深いものなど、はじめから居らず、ただ作られたものを消費し、運命愛へと至らずに、問いに深まる痛みを消費し、生涯に溜まる意味や、拘泥し続ける先に戒律を生み出し、今に阻まれ、意味に屈従するほどに増す不安や恐怖にさえぎられ、守るほどに、価値はすり減り、何かに屈することで、安心感を得るほどに、自らの意思は無くなり、今にまとまりも無く、からまる隙間に偽物の価値を生み出し、独善的な意思は、独裁者を生み出し、自らを苦しめぬように示す精神的な崩壊は、サディズムを生み出し、自らを守るためだけに、ためらわずに攻撃する一番の弱者へと陥り、続く攻撃性に支配され、今に屈従し続ける悲劇を加速させ、意思に足枷をはめ、世界を謳う先に、用いられる原理を変換させるような罪を加速させ、懐疑的な日々に乖離しては、理解も得られずに、自らの痛みを解消させるためだけに、不安を捏造し、恐怖に転化していく物事のふくらみや、ゆらぐものが、意思を制圧し、動くものすべてに恐怖を感じ、感覚を奪い、安易なものが示す策略や、離散する風景に滑落する今に用いられる苦しみを、満たない意思に注ぎ込み、さらなる暴力性を生み、制度に固着する意味が、意思を奪い去り、定められるものに継続される苦しみが、暴力性を強化させ、強固なものを孕み、悪意へと転化する以前に、用いられる正義に反し、犠牲的な心理に基づく抑圧から解放され、新たな暴力性の強度を増し、自らを破壊させぬために、自らの弱さを翻すためだけに急ぐ精神性は、さらなる暴力へと転換され、日常を破壊し尽くす。抑圧され続ける先にエゴイズムも加速し、用済みな今にプロセスを用い、垂れ流れる信条が、今を包括し、意思を奪うだけに至らせるような関係性が用いる制度からの逸脱を目指すべく、用いられる恐怖の負荷を取り除き、性質的なサディズムを統合させようともくろむほどに、行き先は眩み、不安を抱えるだけに浸る今に現実性は損なわれ、そこかしこに苦しみは増し、攻め入られる意味に飲み込まれ、自分自身を損ない、そこかしこに恐怖の枷を嵌め、世界性を奪うだけに至らせるような利己的な消費から、逍遥する先に生まれる永遠性から肉迫し、さえぎられる位置から、意味を引き取るだけの観念的な等差や、倒錯し続ける先に生まれる悪意に阻まれ、現実性を損ない、不満を生み出すだけに、堕落していく意思は、意味に区域を生み出し、純然たるものを損ない、十全とした意思に至らずに、導かれるほどに、何かを見くびり、枠に嵌め、はびこる悪意に捻転し続ける意思は、軽減されない痛みに摩耗された精神性は、恨むだけに浸り、羨むほどに補填される苦しみを輪唱し、制限を生み出す。その制限に反するべく、自らを昇華に至らせるような藝術的な進歩から、創造的な深化に至り、導かれる意志などを謳うだけの同情心に阻害されるだけの弱者の共通語を取り払い、徒労するだけに浸る現実から、乖離し、機関的なものが生み出す偽善的な箴言や、起源を損なう金言などに耳を貸さぬ。誰かの恐怖感を取り除くためには、自らの恐怖感を取り除くべきであるし、現れる恐怖とは、今をさえぎるわけでもなく、不安を用い、今に恐怖を加速させ、感じるほどに倍加する恐怖から逃げ惑うほどに、その恐怖は倍増し、ふくらむ恐怖は、自らを膠着させるだけに至り、浸る痛みから、異物感を抱え、重なる痛み迫る倨傲な者が示す意味から、センチメンタルな離散から、戦地へと運ばれ、血合いされる身体を傍観する意思的な廃残から、懐疑的な状態に迫る現時点に裁かれることを待つだけのプロセスや、プロパガンダが促す利己的な普遍性に従事するほどに苦しみは増し、恐怖を利用し、人民に不安を煽り、今に来す意味から逃れられぬように、同じ意味と同じ服を着せ、世界を制圧するだけに至らせるような圧迫感や、閉塞感ばかりを生み出すダウナーな支配者が世界を折檻し、寂寞に迫る幼稚な原理的なものが生み出す衆愚から、一切を独房へと入れ込む人間的な欲望を抑制するほどに、恐怖とは倍増し、凌辱を受け、なぶられ、世界を世界として認識する以前に大きな恐怖に囲われ、固執する限りに陰る本質は、今にゆらぐものへと祝福されずに、交換される幼稚な恐怖に根源を奪われ、冷静さを失った者が築いたものを信仰するような退廃的な互換だけを続ける。