読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

渇いた意思

カテゴライズされずに、私が認識するものを超越するのだ、と静かに筋書きを書き直す手前に迫る意味が、今をめくり、徒に消費し、消失するだけの現在に懸隔を与え、隙間に嵌め込む理由を与えられ、私の中で生まれる境目に用いられる差異との邂逅を終え、交換される意味は、今に屈辱を授け、凌辱され続ける意思は、意味を履き違え、今に汚いものがあふれるのだ、と懐疑的な意思は、意味を見出せずに、ただ与えられるものに苦しむばかりで、今に羽交い締めにされ、何かが足りない、ともがくだけで、何も正せずに、何かを正そうとするほどに、過ちを続けるのだ、と促すほどに、自らの過ちに気がつけずに、今に置いて行かれ、今に現れる苦しみに支配される。現れる苦しみとは、今に位置を求め、意思を疎外させるためだけに、位置的な意味を強化させ、虚像を用い、深化をとがめ、理由を利己的なものに改ざんし、自らをモニュメントとして、誰もが交通でき、交換できるように示す間に生まれるアイデンティティーも、今と同化するほどに、自らの意思は損なわれ、同意を求めるほどに、自分自身との懸隔は生まれ、埋められぬ思いに枷を嵌め、監視し続けることだけに明けくれ、くたびれた意思が用いる空疎な理由にくたびれた意味を吐き出すだけに現実とは、疎外感をため、今にためらいを生み、傲慢なものに陥る。