時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

和解


 選んだものを切り裂く光りとして、行き着く場所を求めるよりも、行き着く先に現れる苦しみを背負わせる罪を奉納したりして、今いることに依存し、拘泥する先に消費することを、したり顔で謳うだけの、論理的な機密事項を破壊し尽くす席を与えられ、連綿たる破壊から、精神世界の飽和を求め、幼少期に促された童話的な質感に調和し、物事の総和から、物憂げな、君の表情にこそ、苦しみの兆候は現れ、今に悲観を生み出し、機械的な苦しみとの闘争をもくろむエゴイストどもが、奴隷化し、継続する苦しみをルサンチマンに変え、事実を書き換え、混濁へと変えるだけの欺瞞から、憤懣は生まれ、不安感は、今を逃れられずに、与えられた苦しみに、のたうちまわる。警戒音が鳴り響き、景観を虐待するだけの宇宙的な真偽から、死に着替え、課せられる意味に簡易な死を巻き込むだけの怠惰な進路を渡るだけの生を昇華させるべく、死からエクソダスし、そこに巻き込まれる死を超越するほどの至極へと移行させるべく、今に現れる苦しみが用いる弊害とは、体感するほどに、間隔は生まれ、牽引される苦しみへと広がる距離に閉め出される。利己的に利用され、行為に服従するだけに至らせ、物事の本質を見失い、低劣な者が示す信用などが用いられ、枢要徳を用いるほどに、意思とは歪むものであるし、そこに偏りを生み出し、徳を用いるほどに、魯鈍なものへと陥る恒常的な苦しみを用いる広義のものが、依然として、苦しみを敷衍させているだけに満たず、満たない精神は、汚い過去を利用し、今を死に巻き込み、意味に苦しむべきだとか、ファシスト的に下される世界だけを愛するのだ、と促す偏った愛などが示す愛に閉め出され、そこから誰かの意思などが生まれ、兌換されるだけの価値に隷属するほどに、補填される罪は、今に査定をくり返し、最たる苦しみを巻き込み、理解を得ようと思うほどに、今にエゴは巻き込まれ、毎日に寂寞は生まれ、そこに阻まれる距離から、空疎な理由を持ちこみ、理由を蝉蛻できずに、映し出されるものを、そのままに愛するべきなのに、弁解を続け、便宜的な現在に偽善的なもの持ちこみ、今を阻めるだけに至り、即座に迫る苦痛から抜け出せずに、怠惰な意思は、今に来す意味に利用され、理知へと至らずに、迫害されるだけの知が行き着く苦しみへと廃残するだけに至り、生きた心地を失い、そこかしこで喪失感をゆだね、体系的な傲慢さや、意味に屈従する先に朽ち果てるだけの肉体が消失するまでの正気などは損なわれ、簡素な舞台へと運ばれ、同じような演技を、同じようなものが作られた場面で続けられるだけの演技を継続し、藝術的なものに至らずに、そこで徒に消費されるだけの観念が下す傲慢な交換から、酷薄なものや、そこで束縛されるものへと引き離される意思に反作用するものが、対立するものに反し続け、互いを壊すまでに至るような消費から、正気な者などは、どこにも居らず、そこに用いられる苦しみへと疎外されるだけの互いが、抗い続ける先に荒廃していくだけに至り、募る不安や不満は、今に苛立ち、懶惰なものに変わり、私自身を訝る私がびくつくだけに至り、互いをとがめるだけの理想は、帰巣すべき巣を求めるばかりで、用いられる過去が促す故郷などを懐かしむ悲愁から、悔悟を引き出し、過去から用いられる苦しみを今に利用するだけに至り、用いられる悲しみなどは、今に仮死化するだけに位置づけられる苦しみに転換していく今が、忌み嫌われるだけに至り、今にはびこる苦しみは、濫觴するものを否定し、『自らこそが、物事のはじまりであり、自らこそが、神に成り代わるものなのだ、と』促す先に神を乗り越えられずに、人間から抜け出せずに、惰性な獣として、或いは、怠惰な亡霊として、意味の合間をさまようだけに浸る現在にこじつけられるものが、物事をくり返し苦しめるだけに至り、使命感を奪い、従うほどに、補填される苦しみは、今に質感を失い、執拗に責めるだけの苦しみの回路に送られる電気信号が促され、脳内で放電されるものが、攻撃性を促し、うなだれる精神は、誰かの感情を借り、あたかも自分の怒りのように消費するように示されることから、閉め出される純粋な私とは、そこかしこで疎外され、意味に束縛され、意思を失うだけに至り、体系的なものに携帯するだけの意思に礎すらも持たせずに、そこに生まれる苦しみだけを運び続ける強制労働から、路頭に迷う恐怖を持たせるだけの国家という独善的なシステムこそを捨て去り、自らに帰り着くことだけを認識と呼び、そこに現れるものだけを信じる信じない、と促す以前に、是認するものにすら反し、そこに生まれる反撥だけが、力を翻し、内服するだけの意味に膠着するだけの苦しみから逸脱し、位置づけられる苦しみから、居続けるほどに凝固し、そこから動けなくなるだけに、なれ合いを深め、憤懣を溜め込み、互いをとがめるだけに至るような戦争へと移行するだけのセンチメンタルな事情にからまる事象に迫る先験的な加護から、硬化していく領域に用いられる罪の意識や、価値観などが持ち出す完全性などは、依然として惰性なままであるし、過去から用いられ、歴史にひざまずき、意味を見失い、そこで屈従していることでしか、表現できないような価値の家畜として生きるよりも、私は、私以外を信じもせずに、先々にあふれるものを飲み干し、法外なままで居て、崩落するだけの価値や、鍵を無くし、今にさまようだけの酔いどれたちが、立場を用い、自らのジレンマを嘆くほどに、時間からは、置いて行かれ、そこに用いられる過去の価値や、今に従わせるだけの意味を、位置に持ちこみ、今に従うだけに至り、浸る苦しみを引き出すだけに、率いる卑近なものや、悲観するだけに至り、今にさまよい、有する価値に屈折した意思をつなげるだけに、すなどる意味や、うやむやにされ、今に阻まれ、意思を損ない、そこで屈従することでしか、表現をできずに、そこで出来合のものを形成し、今に加速させる意味に服従し、従事し続ける先に回収されるものへと引き取られる苦しみが厭わしくからまり、続くほどに、魯鈍なものに陥る。