読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

神聖な時

浸食する苦しみや、隠遁し、逃げ惑う意思的な苦しみから、昏倒していくほどに、カオスのレベルは上がり、今に来すイメージに利己的な苦しみは、固結すべきなのだ、と精神に告げ、つたない意思は、理想を困窮させ、競うほどに、補填される苦しみを今に用い、陥る先に生み出す闇が、破壊的な定理を用い、拷問を続け、つたない意識は、従うだけに生み出される快楽へと蛇行し、神経的な疎外感に耐えかねずに、自らを乖離させ、理解を得られずに、輪唱する苦しみが、今をちぐはぐにさせ、治外法権へと誘われた脳内は、細胞の欠落からエクソダスすべく、すべてを憤らせるだけに訝る現在に点在するものを壊し、互いの強度を高めるような愛こそが、こしらえられるものに反し、自らを高めていく。用いられる善意が権威に変わり、今に消耗される関係からすれ違い、互いをとがめては、恨むだけに至る。関係に拘束され、追憶を抜歯し、疎外感を開いた隙間にはめ込み、未来を誤魔化し、今を難めるだけに詰まる思いが、寂寞を抱え、浮上しようともがけば、もがくほどに、用途に合わせて、保持するものが、結託などを扇ぎ、煩わしく交錯するものが、些細な痛みを形成し、矛盾した現在に侵攻する痛みを受け入れるままに、苦しみ悶え、用いられる善意が持ち出す過去に拘泥するだけの、意識的な終わりから引き出すまがい物の過去から、肯定的に受け取る先に打ち出される愛の配下として、あるいは、蝉蛻を繰り返し、現世に尽きる命の模様や、模倣を繰り返し、自らを突き抜け、あらがう孤独な獣として、掲揚されぬ生き方に消費されるだけの形を所持し、互いをとがめるだけに、競う価値から、段差は現れ、登れないほどの高さにまで、意識的な壁は目の前の弊害としての、役目を果たすためだけに、ためらわずに自らを邪魔するためだけに、存在という孤独を利用し、何もかもを妨げに変え、空論を促し、謳われるものを信じるほどに、補填される罪は、自らの意思を虐げ、したがえるものに復古するものだけを取り入れ、過去の人として、過去の意思を引きずり、今に維持される苦しみや、未完のままに終わる物事に完結的な消費を繰り返し、厭う意思から、言い訳がましく、緩慢に混ざり合う筆跡や、貧寒な現在にまどろむ原罪から、浪費される意識が抱える罪に慰留するものが、魂胆を破壊し、誰かが操作するほどに、補填される苦しみを転換させる先々に、最たる意味は損なわれ、自らをチグハグなものにし、時代的な軋轢や、高慢な意思がうながす倦怠感や、簡単に受理する感情を浄化させるべく、担う意思は、今に意味を見出し、危難を迎えても、戦う意志を持ち、ただ、無抵抗に受け入れるだけの境域から抜け出し、堕落してもなお、這い上がるような強さだけが、唯一の力であり、そこには、使う者や、使われる者は存在せず、義務なども無ければ、謳われるだけの自由が、理由を持ち出し、利用するだけに至るような悲劇に撹拌され、ただ、配されるままに、自らの独占欲を満足させるためだけに、等差を用い、支配的に切り出すものが、問題を切り取り、代価を用い、支払われる義務へと倒錯し、裁かれるだけの軽い身体を互換するような、言葉だけの愛は、代用されるだけに至り、依存的な麻痺から、緩慢なものに陥り、対するものに、消費されるだけの価値になり、担うべき意味も、あいまいな明日にくすみ、崩れ去る意思は、汎用性を求められ、有する普遍性に強請られ、自らの不潔さが、拘泥するだけの、緩慢な高揚感から、還元されるのが、愛だという勘違いを引き出し、報酬的な快楽を受け取る脳内が求める物質的な妨げから抜け出せずに、ただ、受け取り消費するのが、愛であると認識する先に現れるのは、愛ゆえに、互いを破壊するような情事に発展し、愛を認識するほどに互いを破壊し、難めるだけに至り、散りばめられた、はじまりからの愛は、歪んだものを形成し、懶惰なものに陥り、打ち出されるものの獲物として、ままならぬ感情と同化し、互いを模倣し、同じようなものを、同じように愛する先には、対立しか生まれず、惰性なものが生み出す権利が、利害関係などを用い、還元される痛みこそが、資本主義の醍醐味なのだ、と未熟な観念が迎撃する現実に擦り寄る形だけの愛から、あいまいに定められ、保身を生み出し、たたずむ意思が、互いを尊重できずに、ただ、とどめるだけに、理想を突きつけ、正しいもののように扱う先に現れる苦しみばかりが、利己的なものを生み出し、見出す未来を破壊し尽くすような、鮮明な欺瞞から、傲慢さは加速し、不満足を用い、何かを操作し、互いをとがめるだけに至らせるようなものが、愛であるなど、とうながす者こそを、怪しむべきである。