時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

依然として未熟なもの

依然として行方不明な君の悲鳴や、吐瀉物や、悲観するほどに擦り寄り塞ぎ込む現在に間隔を与え、入る隙間すら無くなるほどの考えに陥る。先々にあふれる暗鬱なものが、慟哭へと誘い、今に迫る疑問や、欺瞞を生み出し、不満足へと至らせるような倒錯から、自らが、灰燼に変わるまでの軌跡を進み、荒んだままの思いや、懶惰なままに浸る現在に等差を用い、苦しみへと誘う先に現れる苦痛が苛むまでの軌跡に愛でるものが、離れ離れになった思いを、しっかりとつなぐ。価値は、犠牲を払うものだ、とうながす愛の保身から、計算的な考えから、還元されるものだけを、愛という名で囲い、加工された愛は枯渇し、様々な場面にダメージを施し、卑屈になるだけに至り、いぶかる先の傀儡として、傲岸不遜に至り、陰鬱なものへと変化し、創造的な痕跡を失い、今に卑屈になり、何かに屈従するだけに、重複する痛みが、さらなる痛みを呼び覚まし、今に迫る不安が、贋物の価値を形成し、制する先に傲慢なものを生み出し、対比され、対処されるがままに、自らを隷従させるための場面へとためらわずに転換されていく形式や、風景に断続する、貪婪な意思が虐げる世界に、リベラルなものを用いずに、ただ個人とは、孤独になれぬものが抱え込む苦痛をうまく消費するための金言を孕んだ、懶惰な起源へと滞留するための戯言を生み出し、疑念を生み出し、その場で卑屈に陰り、理屈ばかりを並べ、孤独に打ち込み、創造的な飛躍を遂げずに、何かに擦り寄り依存し、威勢を失い、体外に果てるロマンが、理論に貪られ、卑屈な考えから、観念論的に週末へと運ばれ、均された道を、同じような意味を用い、同じような格好で踏みつけるだけの理屈から引き出される答えなどが、打算するものなどは、今にすがる価値に陥り、今に用いられる考えの偏りから、カタトニーに至り、傍観する先々に張り巡らせる不安が横溢し、瞬間とは、煩わしく今に関わり、解析されない不安を加速させ、世界を、世界として認識することにより、増やされる不安を買い取るだけが、資本的な役割であり、悲惨な現在に逸さずに、隷従することでしか、答えを引き出せずに、用いられるモラルに行儀良くあろうと強迫的に迫る思いが、今に横暴なものを生み出し、意味で踏み台にする。史観がうながすものなどは、今を膠着させ、意味の中に閉じ込めるだけに至るような出来事一つ一つに枷を嵌め、世界を制することが、世界を救うことになるのだ、という驕りから、驕慢な意思は、退屈な日常を破壊することで、産まれながらの歪んだ性癖を解消するような静謐な錯乱から、ランダムに選ばれた、自堕落な意思を包囲するような礎に反し、回収される意味に孕んだ義務を取り除き、ロジカルに臨む先は、快楽のガイダンスに従わず、自らの意思で望み、踊るものだけが、精悍なものへと至り、いびつな現在に抵抗を加え、停止線を越えて、用いられる権限が選ぶ理由へと送り込まれる苦痛を翻すほどの意思が生み出す強度から、自らは、強固なものに変わり、創造し続ける先に見出すものだけが、物事の正しさを謳う以前に、自らの確かさに帰り着く。何かすべてと和解するような温もりを求め、まだ来ぬ季節を眺め、迫る虚空が示す意味や、締め出される先に濾過される真実や、瞬時に判断し、配備される間に持ち込まれる詐欺まがいなことからの脱出を目指し、解き明かす先に現れる意味などは、今を惨めに変えるだけの空疎な言葉であるし、やがて渇望する意思は、今にも暴走し、途端に苦しみを生み出す。生み出された苦しみは、横柄なものへと変わり、今に弊害を生み出す。用いられた不安は、短絡的な安心感を求め、上辺だけの幸福にすがろう、と浪費する観念が、還元するものだけが、価値あるものだ、とうながす途端に、即席の自由は、理由を持ち込み、採算を合わせるためだけに、狭い価値を用い、今に強いる意味へと偏り続ける先に生み出されるルサンチマンを加速させ、今に枷を嵌め、着せ替えられる本質は、真実を見失い、ないがしろにする現在に間隔を生み出し、垂れ流されるだけの言葉に飲まれ、自らの喪失感に酔いしれる。