時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

強靭な意志


 惰性な判断から、世界とは抑圧され、自らが、壊れるように差し向け、無垢なものを失い、理を利用し、純粋さで持って破壊するだけに至るような衝動性を孕み、清潔感を失い、徒労を重ね、憎しみを増幅させ、幸福を謳い、位置的な痛みを克服できずに、今に屈折し、大概の痛みは、互いを理解しようとするほどに増していき、寄り添うほどに、愛は、無関心を装い、昔あったはずの確かさは、足かせに変わり、狭い価値に淀む真理は、進歩を咎め、今に期待感を示すほどに、締め付けられた感情に補填される憎しみが転々とし、顛落するだけに至る顛末になびく意思的な汚穢を塗りたくり、アクセスを繰り返し、制する要因や、余韻になぶられ、自らをいたぶるようなナルシズムが生み出すマゾヒスティックな互換から、悔悟を引き出し、自らに罪の意識を着せ、ペシミズムを演じる先に生まれる主人公は、自らとは乖離した自己を形成した、存在すらも不確かな利己的な自我を形成し、経過するほどに、主軸となるべき部分を腐らせ、精神的な帰り道を失い、自己に与えるべき住処を業火で包み、追憶に比するものだけが、悲観的な価値を生み出し、骸になるまで、踏み台として仰ぐ先に苛烈なものが迫り、問題に断定されるだけの軽薄な理論を背負い、計画的な判断を繰り返すほどに、本質からはずれていき、惰性に執り行う一貫性を失った井蛙な者が示す識見から決別し、用いられるモラルは、同情を誘い、持たされた義務へと偏り、有する価値へと強請られ、本質からはずれ続けていくべきだ、と主張する先に権利は用いられ、理由は、利己的なものを形成し、互いを咎める理想は、帰巣すべき場所を失い、何かの定めを利用し、儀式的な生贄として捧げられる無残な身体を傍観する刹那に過ぎる無関心から、緩衝できずに、衝突し、互いを破壊し尽くすだけの咎めから、引き出されるアンニュイなコードが、機械的な論理を展開し、数学的な敢行から、行為は交換を謳い、互いを利用するだけの価値こそが、間隔を生み出し、そこに転じるモラルが、孤立感を誘い、意味に沈積する苦痛や、今に沈潜し、浮上する時を祈っているような者どもが、足を引っ張り、誰も上がれぬように仕向けるような仕組みを生み出した歴史こそを捨て去り、保身により補完されるものの無意味さから抜け出し、緩慢化するだけの精神を破棄し、生死を司り、あらゆる意味を駆逐するだけの神との倒錯から、作為を奪い、創造的に至らぬようにさし向ける間に、指図を繰り返し、利用するだけの、枢要なものすら持たずに、理屈で消費する詐欺的な行為に消費される起源からは、荘厳なものは生まれず、ふんいきに肉薄するものが迫害されるほどに、意思的な汚穢は増加し、終わりあるものの悲劇から逃げ出すべく、互いに転化し、ねじ伏せられるほどに、反発するような、制限すらも持たぬ意志だけが、善悪を超え、境目も持たずに、自らを誇張する静謐な取引から、理想的な駒として動くだけの行為とは、衝動性を含まず、ただ服従する心理だけが、清貧なものを捨て去り、ドメスティックな支配へと経路を与え、回路を混濁させ、昏睡していく意識は、指定されるほどに、義務感は増していき、自らの意思を損なってでも、義務感に攻め入られ、自らの位置を保つことだけを考え、自らの憎しみを増加させ、継続する苦痛へと偏るだけの保身へと、補足されるだけの意味に懸念を抱くことすらできずに、出来合のものを信じ込む先に現れる信仰心のようなものがせき止め、意味を見せなくするだけに、情報は、あらゆる方向から攻め入り、生命の危機を謳い、自由と愛を用い、何かを支配的に制しては、制限を持たせ、あらゆる原理は、今にあらがわずに、備わるままに生まれたものであるから、と煽る先に現れる市民との衝突から、書き換えられる本質や、あらがうほどに、本質とは間隔が生まれ、懸け離れていく意味から、印象は淫蕩なものに耽り、浸る意味から引き出す位置的な困窮や、行為にひざまずき、慢性的な痛みに姿勢すらも失い、遂行する先に生まれる欠落から引き出す愚鈍な決意が、権利を謳い、白昼夢へと引きずり込み、生きている感覚すら損なわせるような倒錯から、ナイトメアへと移行し、行為は、服従するほどに舗装され、あたかも歩きやすいものだ、と認識させ、意思を奪い、反撥せぬように、としつけられる先に、生まれる普遍性ほど、しつけもできてないものは無く、誰もが、普通である権利を主張するころには、ほとんどの理由は、理屈で捏ねられ、構造的な排除をくり返し、用いられる利権から、嫌疑を捨て、ただ与えられるもので満足するのだ、と促す先に生まれる罪と悪ほど、あいまいな判断は無い。