時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

追考


 表現は正義を超え、厳正な時を孕み、詩的に昇華される。暴力的な構造が、利己的な論理を孕み、阻めるだけに至るような意味に内服する論理的な証拠の傷が、傷痕に変わり、消えない傷跡から、攻め入る過去からのトラウマの流出や、制限を用い、倒錯する彼方に用いられる名を利用し、領土を奪うだけに至らせるような悲劇的な散歩から、散漫な意識を代償に感染していく病から、感応する先々で受理すべき情緒も、徒に消費されるだけの観念論的な援用から、演技的なニヒリズムへとくり返される苦しみを堅持するだけに、代価を用いられ、感情的に邪推するだけに至るような体現から、軽視される後から開け広げられる意味を対象に変え、すべてに退廃していき、根幹を腐らせ、懐疑的な日常がアニメーションに変えられ、現実味を失い、次元的に幽閉されるだけの身体に回答を求める先で邂逅し続ける現れから、自らの未熟さに昏倒し、還元されるだけの意味に奉納されるだけの人が作った神に与えられた意味から、引き取るだけの卑近な感情だけを、今に解消されるような混淆から、観点は転換期を否定し、日々に憎しみを生むだけの倒錯から、投影されるものや、等位を生み出し、今に阻めるだけに至らせるような悲観的な牢屋に閉じ込められ、起源を損ない、暗い意味から、勇躍すべく、全体主義的な体制との対立を深めるべく、ベクトルは、正義を持たずに、偏るだけの成否に隠逸するだけの退行的な行為にもとづくエゴのコイルを巻くだけに、毎日は、公平さを用いるだけの代価へと緩衝し、互いをとがめぬように支払われるものへと、善意はとがめられ、大義を失い、互いを喪失し、深まる対立から、戦争へと陥るだけに、横溢する瞬間は、主体性を持たずに、体制へとこび売り、偏向するだけに至らせるような関係へと陥り、応じる答えにもたらされる苦しみを変換し続ける先々で昏倒していく意識は、構造的な背景に処されるだけのセンチメンタルへと変身していき、回答を持たずに、対立し続ける先に現れる緩衝だけが、痛みを疎外させ、一時的な愛へと変化するほどに、愛とは軽々しく利用され、確かな意味を忘れ、欲望だけを変換していくだけの意味へと陥り、解消されない痛みは、互いに解消されない痛みを増幅させ、緩衝すべき愛も、感触を持たずに、ただふれあう軽薄さに、うわべだけの言葉に支配されるだけに、愛とは瞬間にもろくも崩れ去るだけに至り、互いを思いやるとは、その場で重みに変わるが、その重みこそ、ぬくもりを感じられるような愛にがんじがらめになり、担う意味も、その場でちぐはぐな動機を孕み、愛が音色を持ち、ただ物語に美麗な音を促すほどに、ギスギスした関係に揺らぐ鮮明な音から、用いられる落ち度や、応じる答えに横行する不実なものを消費するだけの亡者として生き、問い質すこともせずに、ただ促されるままのものを交換し続ける先に現れる苦しみにあらがうほどに、補填される苦しみは、互いの間で消費されずに、ただ用いられる苦しみに起源を移し、互いをとがめるだけに至り、返照するものへと昇華していき、詩的な豪壮を生み出し、奪い合う限りに用いられる苦しみへと変化していく途端に現れる区域に入れ込まれるだけの幽閉から、変化しない日常にあふれる地平から現れる日々の美しさに気付かずに、断線していく先で感触も損ない、そこかしこで変化を求めずに、ただ立ち止まるほどに、補填される苦しみが住まいを強襲し、驕傲なものに陥り、応じる答えに偏執していくだけに惰性なもので判断されるだけの関連から、解析される今が統合される限りに人間性などを用い、枠に嵌める。真実とは、その場で屈従するだけに至り、訝る先に生まれるコードをちぐはぐにさせ、狭小なものへと変化させ、受け入れることを拒否し続ける先に不当なものを掲げ、嬲られる先に現れる苦しみを偏向へと誘う。ふんぞり返る者の王冠を脱がせ、自らのエゴイズムが引き出すものへと陥るだけの価値へとカタトニーに陥り、高次に至らずに、誇示するほどに、偏りは生まれ、勝ち誇るほどに、そこには叩けば出る埃しか生まず、粉塵の中で介する利己的な消費から、生命は原点を損ない、そこかしこで過信を生み、簡単に消費されるだけに至らせるような世界へと悔悟をため込み、毎日に便宜的に消費される答えが生み出すものが、メモリーを混濁に陥られせ、世界を狭くさせるだけに至らせるような答えを信心するほどに、自らは生み出した、自らとの距離は埋まらずに、ただ広がる間隔に陥るだけの苦しみへと偏向していく今に欺瞞ばかりが生まれ、借り物の身体で、暗がりでセンチメンタルにひずむだけに至る君の代償などを求めるほどに、解消されない悩みが、今に引き出され、そこで卑近なものに変わり、その場で敷衍する苦しみを自らが利用し、悲嘆に暮れるだけであり、その思いに自らが、抗い反する先にこそ、先々で、正しさを用いるだけで、自らのみずみずしさは削がれ、そこでとがめられるだけに至るような屈折したものこそを捨て去り、今に消費されるだけの苦しみから抜け出すべきである。