読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

妨げ


 妨げるものも無ければ、今に嚮導するものが、意味を隔離し、支配的に誘導する先に、中道すら失わせ、色あせるだけに染みいる意味は、今を迎撃するためだけに、競争へと駆り立て、宣伝に購買意欲を誘われるだけの価値や、勝ち負けで決めつける男性的な支配か?或いは、持つか持たぬかにより判断を企てる女性的な意思がもたらす屈従へとひた走らせるだけに至らせるような普遍的なギミックに嵌まり込むだけに、混み合う意識は、渾然一体とはならずに、同調へと均され、期待感などは孕まずに、日々の嫉妬や憎悪へと加点するものだけに偏るべきだ、と堅持する意味も、浪費するだけに至り、訝る先に迫るバビロンの戦術から、尖鋭的なものを受け入れずに、ひたすらにわがままに措置するだけに至らせるような過激な思想が用いる悲劇的な郵送を受け取るだけに、体系的なものに偏り、改善されずに、連動する意味が反響し、行為にもとづくエゴを屠り、放置される今に偽善的なものを敷衍させ、腐敗するだけに至らせるような今に嫌疑を重ね、配給されるほどに、自らの意思は妨げられる。位置的な虜として、利己的な意味を屠るだけの陰湿な試みから、構築される先々に現れる退嬰的な行為が出来合のものを信心し、枢要なものすら損なわれ、そこかしこに窮理を求め、絶対的なものを率いて、恬淡な意思でモラルを打ち砕くようなものだけが、正義を超える正義であり、演技的な悪をかくまうだけの正義を表皮で囲われた行為にひざまずくだけの定理にもとづくモラルに拘引されるだけのデカダンなものが支配するだけの利己的な理由が用いる固定観念から、延々と演繹し続ける先に得るものも無ければ、バラバラになり、センチメンタリズムに浸るだけに至らせるような徒な時折に織り込まれ、混同するだけに消費し続ける先々で対立を深め、望むものは、願うだけで、願いは、その場で理屈を捏ね、超えられぬものを措置し、廃残するだけに至らせ、世界を狭くさせ、蝉蛻できずに、前衛的に至らずに、行為にひざまずき、高次に至らず、意味の中に閉じこもり、諦観に至らせるだけの行為などは、恋に至らずに、そこかしこで消費し、要らぬ傷ばかりを増やし、不感症に至らせ、空間的な愛の割合に達するものすら、達観できずに、その場でバランスを失い、証拠も残さずに、そこに現れる余りものをむさぼるだけに至り、無作為に促され、無意識に転移し続ける精神的なパラサイトから、散漫な意識に犠牲心を用い、枢要なものは、崇高されるべき今に現れる苦しみを翻し、悲観するだけに演じる先々で戒律を作り出し、くり返される苦しみを延々と押し広げる先に背反すべき意味を神として崇めるほどに、補填される意味が今を悲観で包み、罪で翻す先に疲憊するだけの苦悩を作り、空疎な今に欺瞞を用い、均等なものすら無ければ、謳われる平等こそが、自由を用い、何かをだますだけに至らせるのであるし、そこに用いられる苦しみを受理するほどに、疲憊していく精神は、一律なものを用いずに、もたらされる空間に支配され、もたらされる苦しみへと敷衍していく苦悩だけが、空間的に処理する苦しみを希望だ、と勘違いし、死に至る先にもたらされる悲劇を攪拌し、互いをとがめるだけに至るようなとりとめの無いものからの擦れが、ずっと悲観するだけに至らせ、誠意を謳い、疑問をねじ伏せ、今に来す意味を着替えるだけに、退嬰的なものへと陥り、応じる答えに俯瞰は攻め入られ、生命は、厳戒を有さずに、ただ、無益なものを引きずり、そこに価値をはめ込み、自らの暴力性を引き出すだけに至らせ、訝る先に投影されるものも、統制されるだけに至り、同じような意味に、同じような意思が、足並み揃え嚮導するものだけが、正しいものであるなどと促す先に現れる驕りから、現象とは、その場で膠着し、構築される苦しみに偏執していくだけに指定される義務や、空疎な日々に突きつけられる今に苦しみを重ね、空間的に受理する意味を復古させる先々で、機械的な論理や、機械的な人間を作り出すだけに悶え、物々しく利己的な消費から、転嫁していく死地へと誘うだけの苦しみから、貧する先に高次なものすら無くなり、自己顕示欲だけが迫り、見てほしいという保身から、見つけてほしいという自分勝手な欠乏から、滑落していく精神は、寛容さを損ない、そこかしこに苦しみを巻き込み、対象に与える苦しみの共有から、依存的な気配は、出来合のものを信じるだけに至る。