読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

刺激的な紙幣


 言葉がいぶかるものを生み出し、傷つき疲れた大地にモノクロームな由縁の破片や、変化しないものに対立しては、反撥し続ける先に期待せずに、闘争を続ける永続革命的な進路に至り、悲観的な観点に迫る観念論的な鈍磨で貪婪なものに疎外されるだけの垂涎するだけの物々しい性を強調するほどに、愚鈍なものに至り、浸る痛みから感応する瞬間に不実なものを強調し、ドメスティックな主観に修羅を巻き込み、混同する意識を歯がゆくまさぐるだけの偶像的な論理から定立する不安定なものがエゴを重ね、契合されるだけに代理的な戦争を行い、対象とするものすべてを破壊しようともくろむだけの関連性から、連動していく刹那になびく報うだけの価値から、論理的な遂行から、統合されるだけの観念がネガティブなものを措置し、配置される苦しみに迫るエゴや、生命に起源を用い、何かを苛立たせ、惰性な戦争へと浸らせるだけの革命から、論理は、偏った思想を用い、有する価値に期待感を孕ませ、自由を用い、理由に応じるだけの答えへと偏り続け、つたない意識は遅滞を続け、対立を深めるだけに、俯瞰を破壊し、徘徊する意識を警邏し、迎合されるだけの衆愚が用いる傀儡政治的な同一化から、清逸な者が促すシンドロームや、進路を破壊し、悪魔を育てるだけの惰性な機械としてオートメーション化された悪意を転じて行くだけの相似する観念から、浪費する過去に巻き込まれ、同じ苦しみと同化し、同じ痛みを何度も味わうべきだ、と促すだけの憂鬱に支配されずに、ペシミズムを超えるべく、何かをおざなりに信仰するよりも、浸透する意識に革命的な論理を持ちこみ、革命とは、互いをとがめるだけの論証へと陥る先をコードに変えるだけの乖離するだけの理解を削ぐだけに至らせるような機械では無く、ただデカダンなものを打ち倒し、措置されるだけの永遠に癒えずに疎外され続ける辺りから、舗装される先々に論点すら無くなるような逃走から、等位を求め戦乱の中でカタルシスを促し、不安感をファイナライズさせるような恋愛から、攪拌される半径に用いられるゲーム的な観念から、緩衝できずに、あいまいな権利を謳い、象徴とされるものを崇めるだけに、出来合のものに措置されるだけのルサンチマンを加速させ、自らの憎悪を俯瞰に突き刺すような暴力性から、正義は、謳われるだけの独善的なムーブメントへと陥り、近付くほどに貪婪なものへと変化するような日常の平均的な憂鬱から、郵送されるだけの兵器的な日常を受け取るだけのニヒリスティックな演技から、延命を求めるだけに、行くも戻るも、恐怖に至らされ、些細な動機に緩慢なものを用い、恋とは感電するように配され、そこで待命されることを待つような隷属的な関係から、関連するものが、用いる動作を不快に思わせるような対立へと変化するような軋轢から、あいまいな関係に貧するだけのいびつさに緩衝し、解消されない痛みに悩まされ、些細な痛みは、今にいぶかり、陥穽を生み出し、何かを罠にはめることだけを快楽とするような捕獲から、包括できずに、自らの意志を破壊するだけに至らせるような大義から、異物感を孕み、歯がゆく悶える永遠の思議から、真相は深まる意味に捕まり、伝わる意味すら、今に起源を損ない、さまようだけに至り、知を這う意識は、配膳されるだけの餌をむさぼるだけの鬱屈した日々に屈従することだけをよろこびのように思わされるだけに、わずらわしいものを加速させ、解消されるべき痛みも、今に気配を隠し、攻め入る意味に対比されるだけの価値のおとりや、価値にかくまわれ、拡散される意味に隔離され、乖離する理由や、転移する病や、やかましく迫る観念に消費されるだけの感情や、動機すら損ない、おどけるほどに、横溢する瞬間の痛みが今を覆い、応じるだけの答えに貧するだけの価値の奴隷として、或いは、用いられる価値に支配されるだけのゲームの駒として生きることだけが、生きるということに指図され、些細な動機は、用いるものに支配される痛みを拡散するだけの逃避から融解し、懐疑的な日常に論議を用いても、その場で屈するだけに至るような疎外感に耐えかねぬ者は、用いられる動機に演技を続け、どっちつかずに、自らの意思を強調できずに、問題に囚われ、用いられる答えに利用されるだけに居たる。