読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

私との距離

終点を持たずに昇華する私は、馴れ合いを深めずに、俯瞰に迫るものが、空間的な迫害へて至らせ、堆積する苦しみが、利己的なものへと変化する前に、変換されるだけの猜疑心や、最たる意味を損ない、理解に至らずに、乖離する先々で、世界性に顛末を与えずに、様々なものが背反を続け、配下を至らずに、自ら選んだものが、懶惰なものに浸らずに、関するほどに、強靭さを生み出し、止まらずに、動き続けることだけが、答えを飛び越え、自ずと生み出すものが、途端な愛をひけらかし、疲憊するだけに至り、自らを卑賤なものに陥れ、貧寒な馴れ合いに垂れ込める雰囲気に迫る価値などが、魯鈍なものを生み出し、変化を恐れるばかりで、今に用いられる苦しみなどを用い、今に屈性する。


悲観的なものが生み出す垂涎から、カラカラに乾いた意識に語弊を与え、疲労感に苛まれ、孤独に痛めつけられるほどに、補填される悲惨なものや、無知な物陰からあふれる空疎な物語から、過信が生まれ、静謐なものを損ない、疎外感に至るほどに、補填される歪みから、関連するものは、互いを咎めるだけに、理想を強調し、強制的に迫る意味の分岐点で衝突し、互いを消し去るまでぶつかり合い、あいまいで、利己的なものに手懐けられたものから欠乏へとひたり、いたらぬ意味に相互し、悟性も無ければ、与えられる影響だけに、素直な者は、自らのままならぬ意思を構築するような、想定される範囲に収まり、そこにあるものに寄りかかり、過信ばかりを与えられ、濫觴するものの本質を理解できずに、与えられたものを、与えられたままに消費することだけが、正しいことのように示す間に傲慢さは生まれ、些細なことから枯渇し、陥る闇へと意思的な騒音の中で肥大化する憂鬱に変換される苦しみから、絶えず逃げ惑い、であらめなものを掲げ、データ上に氾濫するものを奉り、何が正しいのか、と求める正しさとは、互いを咎める理想へと競うだけの価値を、規則的に促し、今に枷をはめ、世界を奪うだけに至る繁栄から、現代的な敵意や、傲慢さに苛まれ、自らの未熟さに気付かずに、ただ傷付けられることの恐怖感に肥大する被害妄想から、悲観するだけに至る怠惰な痛みが、ダウナーなものを促し、画期的な意味を失い、導かれるままに演算し、正気を失い、幸せなどを謳い、自らの欺瞞を正せずに、不満などを用い、憤懣などに至る。