時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

警醒


 生きてると投げかけられるものに際限ないいらだちを感じたりだとか、うるさくつきまとう諦観が、残虐な経路をたどり、浪費するだけの観念が逃避する限りに陰る本質は、魯鈍なものへとなりさがり、些細な出来事で圧壊するだけの連中が支配するコードを与えられ、鈍磨な感情のままに、愚論を生み出し、浪費し続ける感情は、陥穽に嵌まり、破壊的な浄土へと懺悔するようなプロセスを生み出した信仰的な枢要さなどは、依然として公平さも無ければ、用いられる公平などは、平衡感覚を失い、ただ無神経な秩序を生み出すものだし、最たる意味すら、今に保たれる起源も、損なわれるだけに至るしで、意味も分からずに、哲学的な須要さや、境目すらも無く、邂逅する君との意味に詰まるたびたびが、ラビリンスに変わり、さびつく前に、謳われるものを消費するだけの資本主義的な十全なものなどが、駆逐し続ける先々で定理にもとづくものなどが毒づき、時折に織り込まれるものが、延々と練り込まれ、膠着するものをねじ込み、あらゆる権化を打ち倒し、鬱積するものを引き取りながら、悲観するだけの観念が消費するだけの値などは、価値観を屠るだけに至るのであるし、そこに様々な力がかかり、回答を求めるばかりで、酩酊する真理が、真偽を用い、犠牲心を謳う限りに陰る本質は、動機を損ない、そこかしこに憂鬱なものを巻き込み、何かを恨むべきだ、とベクトルを捻転させるだけに演技を続け、静謐な関係に至らずに、徒に消費し続けるだけに低迷していく真意にもとづく誠意などが裏切りを続け、生死を用い、成否を問い、投影されるものに疎ましくうろつき、つたない意識が仮死化しながら、しなびた今に欺瞞を用い、モチーフとされるものや、再会を果たすころには、老いぼれた観念で、怜悧なものすら損ない、そこにおとずれる後悔を交換し続けるだけに至るような関係に掛け合うものなどは、依存的なものでしか無く、そこに現れるものなどは、惰性な取引をくり返すほどに、補填される意味に押し込まれ、自らの意志を損ない、流転できずに、そこに反撥を生み出し、反芻するほどに、行為は愚鈍なものに変化し、偏執し続けるだけに一貫した主体性などを持たずに、用いられる動機に攻め入られるだけに傀儡と化するだけの自己を消費し続ける普遍性へと組み込まれるコードが行為に操られるだけに至るような惰性な交換から、枯渇し続ける意志は、精神的な消費をくり返し、感触も無く、くたびれ続ける先で乖離していく今に欺瞞を用い、物事を偏執するだけに至らせ、硬化するだけに至るような精神は、悲観的なものに移行し、行為は水準を用いられるほどに、自らの意志を失い、外からの力に左右されるだけに至るような自己などは、自分などを持たずに、ただ現れる力により、反復するだけに至るような関連性に連動していく力との解消から、感触すらも失われ、貧寒な思想を頼りに、たちまちに現れる力との慣性から、寛容さも無く、阻まれるだけに、愛憎を生み出し、配下に下すだけに、くり返される闘争から、戦争は激化し、現実味などは損なわれ、そこに現れる苦しみだけを反復させ、叛意にもとづくエゴから、運動的に浸るだけの道理は、導かれるほどに、未熟な精神をまとい、聖戦などを促し、自らの永遠性にもとづく永世中立的な立場に立てずに、建て前にもとづく独裁から、党利にもとづく営利目的な主観が導く利権的な交換から、拗れる後先にあいまいな主体性を引きずり、貧寒な現代に公平さを用いるほどに、平等とは、促すだけの毒へと変わり、そこに用いられる不満すら、満足を求めるだけに引き出す欲望の餌として扱われるだけであり、そこに現れる精神医学的な消費から、清貧な死を巻き込み、苛む記憶から、高揚感を損ない、聡明な者すら居ない合間に公平さは、利用価値として扱われるだけに、あいまいなマインドは、毎日に後悔を生み出し、固執するだけに散漫な意識に枢要さも無くなり、ただあいまいな毎日に響く苦悩ばかりが、今に批判的に引き伸ばされ、バビロンに飼い慣らされる原理や、原形を無くなり、暗示されるだけに至らせるような狂気を加速させ、些細な出来事で崩壊するような精神に悔悟はなびき、嬲られる原罪から、加算される罪を流用するだけの倫理的な介抱から、補完されるだけの主義に導かれるだけの代理戦争を続け、怠慢な意志は、大義を失い、ないがしろにした真理は、従うだけにおとずれる快楽を加速させる。