時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

汚染


 素直に描くとは、瞬間に孤立し、絶対的な虚空に向けて、真実を述べるような切実さを含んだ微粒子や、意識的な不具合に抵抗を加え、延々と演繹し続ける先に無神経な律動や、終末論的なソースを全体主義的にかけられ、独裁者に食されるような質感を含んでは、過去から救出されるべく、出力は、主知を持つものだけが、受け入れることだけに専念し、デカダンな時折に押し寄せる問いが、高次のものに至らずに、問題に耽り、観点を疎外されるだけに至るような論理的な酷薄に羽交い締めにされ、連動する痛みが、愚鈍なものを持ちこみ、今に孤立し、被害者意識を加速させ、今に枷を嵌め、意味に身動きを取らせぬように仕向けるだけの価値から、関係性は、肥大する意識的な空白を埋めるだけに専念する限りに生まれ出るセンチメンタリズムが加速し、こじつけられるだけの意味が生み出す時系列に嵌まり、阻まれるだけの価値にニュアンスを残し、引き出す苦しみや、引き返しても尚、続く痛みに貧するだけの価値からの救出を求めるだけの意識が買い取るだけの愚問や、欺瞞に塗れた真実が一貫した不潔さを用い、物事からエクソダスできずに、出払った意識は、ランダムに過去を引きずりながら、引き取る価値に願いをかけるだけに、過激なものに陥り、応じるだけに応益を求め、途端に驕傲を生み出すだけの領域に吐き出す破壊的なものや、適宜するものも、今に悲観を生み出し、今にも膠着する。外から与えられる影響だけが、意思を麻痺させ、自ら考えることをやめてしまい、従うだけに順応する意識は、史観を損ない、関係性が生み出すものだけを、真実として娶る。関わるすべてが、恐怖を生み出すほどに、恐怖に補完される精神は、互いをとがめるだけの理想を磔にし、それを専横するだけに樹立する苦しみを往復させ、受理する意味を認識する以前に、憎悪を生み出し、今を踏み台にし、すべてを台無しにするだけに代価を求め、統合されるほどに、正常な精神など無くなり、栄進することもできずに、偏見だけを生み出し、今に慢心を引き出し、悲観するだけに至り、今に関するほどに、無意味なもの媒介させ、果敢に挑むことすら忘れ、ただわずらわしいものを対処することだけに専念するような義務的なものから、理屈ばかりを捏ね、理想を失い、そこかしこに不満ばかりをこぼし、行為に不純なものを巻き込み、退廃的な理論を生み出し、奪い合うだけに至るような先々で対立を深めるだけの迎合から、権利を主張するほどに補填される苦しみが空隙を生み出し、奪われた意思は、何かに従うことだけが、正解であり、その正解が生み出したものだけを、世界として認識するほどに、意識的な妨げは生まれ、今に暴かれる苦しみが暴虐の限りを尽くし、つくづくに迫るセンチメンタルな様相や、擁立する事柄に往復する苦しみを卑下するだけの悲劇的な邂逅から、感受性を退け、ただ対立するだけに深まる溝や、復元されるだけの過去に擁立するものなどに隔てられ、惰性なままに退く精神は、俯瞰的な空白を埋めることだけにセンテンスを利用し、先々で倍増する不安を誇張するだけの死を利用し、領土を奪うことだけに専念するような悲劇的な攪拌から、退廃的な催しへと移行していくだけの選別を受け入れ、空疎な闘争へと陥るだけの闇や、病を引き取り、あいまいなままに生み出される痛みを媒体させ、貸与される身体を交換するだけの関連性から理想とは、供給されるだけのあいまいな価値を生み出すだけで、今に独善的な者が生み出す支配の気配へと偏るだけに至り、浸る意味や、貧寒な現在に返済されるだけの意味を受け取るほどに、自らに補足される苦しみのようなものが倍増し、自らの苦しみに往復するだけの価値を過去から引き取るほどに、悲観し続けるシステム的な構造へと排出されるだけの義務へと陥り、利己的な者が生み出す迫害から、帰路を断絶され、シンドロームへと巻き込まれ、進路を失い、自虐的な要素を含んだ俯瞰に空間的な貧寒さを謳うだけの道理に導かれるほどに、補完される苦しみへと浄化されることを願いながら、汚される快楽に浸るだけの空疎な理屈から、利便性を求められるだけの軽薄な身体が迫害され続け、つたない意識は、汚い過去に流用されるだけの悲劇へと加速し、過去から引き取る痛みが、今を引きずりながら、悲観するだけに至らせるような体制から抜け出すような、画期的なコードを生み出すべく、ひたすら自由を追い求めるだけのことごとくから抜け出す。