読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

秀麗な意志


 その場に永遠性をもたらし、制限を持たずに敷衍する先に、存在意義すら持たずに、保つものすら不必要であり、不潔と思うことすら、廃れる限りにもつれる関係性に還元され、制度に固着するような現時点を用いるだけの位置的な支配に示されるだけの意味に明け暮れるほどに、純粋さから疎外され、用いられるものへと加工され、偏るだけに至るような原理的な主事から、終焉に巻き込まれる意味合いに不潔な論理を長じるだけに由縁は、清潔感を失い、膠着するだけに至り、浸る意味から、痛みは増していき、枢要なものすら失われ、奪い合うだけに更迭される関連性や、肉迫する限りに呼吸の仕方を忘れ、攻撃的な整容から、原生に詰まる論理的な排出を促すだけの広域に示されるもとづくだけの定理におとずれるすこしの擦れや、寸胴な者が示す行為的な相違から、想念になびく運動的な対立から、抽象的にハミングする先々で絵画的な幼少期をまさぐるだけの酩酊から、刻々と迫る痛みに狭い価値観をあがなうだけの幻想的な広域に閉め出されるだけの孤独な倒錯から、存在に重なる写実的な永劫から、行為にもとづくエゴをなびかせ、与えられた価値を課せるほどに、純粋なものは失われ、自らの喪失感に増え続ける憎悪から、飢渇するだけに至り、機械的な日常になぶられ、内実に迫る愚鈍なものから、愚行を続けるほどに補填される痛みや、補完されるだけの罪を嵌め込むだけの心の空洞や、同化するほどに、同じような価値の襞を進み、荒んだ意味を引き取るだけに位置的な剣呑さにたぶらかされ、ののしられるだけに至る意味合いから緊密になるほどに、裏切りの速度は増し、そこかしこで暴力的な騒音を暗示し、安易な欠乏から、結合される先々で高揚感すら失われ、奪われるだけに至るような価値から、乖離するだけの順序になびく終焉から、合致しない過去に雇用されるだけに、懐疑的な日常にいびつなものを生み出し、愚行を続けるだけに至るような制限から、快楽的な飛躍を遂げ、精神的にすり減る先で戒律を生み出すだけの抗いから、あいまいなマインドに迫る毎日の憂鬱を超克すべく、すべては、今に述べるものから、確かさを含ませ、慢心を削ぎ、利己的な掌握から、使命感をまさぐるだけの偶像を漁るだけの観念論的な兼ね合いから、論証されるだけに、補填される意味は、今に悲観を巻き込み、ニヒリズムに至らせ、短絡的な破壊を生み出すだけに至り、訝るほどに、補完される現時点へと移行していくプロセスが混沌を重ね、行為に示される痛みを増加させるだけに至る。着せ替えられるだけの価値に苛立ち、惰性に示す間に迫る完治しない苦悩や、犀利に至らずに、露骨な支配に従属するような弱体化した精神に引きずる苦悩は、怯えるほどに増加する不安を加速させ、乖離していく状態に幽遠な思想を生み出せずに、思考停止に至るような怒りを敷衍させ、自らを破壊の神として崇める先に照合される苦しみは、精神を制御不能に至らせ、制される間に清潔感すら損なわれ、そこに過信を生み出し、乖離していく思いは、空間を破壊し、はびこる悪意を捏造し、状態に効率などを求めるほどに、そこで拗れるだけに至る存在は、軽薄なものを立証し、果てる苦しみから、枢要なものを損ない、そこに怯えるだけの価値を想定し、そこで苦しむだけの思考に論理的なものをつなげるだけに、不安につながれた獣として、あらゆるものに敵意を持ち、提起されるものに反さずに、ただ与えられたものに反するほどに、憎悪は加速し、何に対しての敵意かすらも見失い、自分を怪物に変えてしまう。怪物と化した利己的な自己から、表現は犠牲的に消費されるだけに至るような痛みから、陰鬱な衝動を加速させ、抱える痛みが影響を加え、絶望へと加工されるだけの今に欺瞞を与え、放たれる言葉に毒され、卑劣なものに加工され、懐疑的な日常に姑息なものを敷衍させ、憤懣を溜め込む。怒りだけが加速していき、今にいびつなものを生み出し、物事を審査するだけに至るような価値の奴隷として、交換されるだけの苦しみに些細な憎悪を手向け、ためらわずに処理する先々で対立を深め、複雑にからまる意図から、位置的な卑屈さを長じ、自らを陥れるだけに至るような利己的な自己を生み出し、修繕されない痛みは、今を厭うだけに至り、問い続ける先に、順序を生み出し、そこから外れるものだけを排除するような結末へと浸るだけの空疎な正義が促す疑念をこしらえるだけに、演じる先々で対立を深め、権力の下で働く者は悪くは無く、その上で操作する者こそ、悪である、と言い放つ先にも、権力に荷担し、権力を否定することでしか昇華できないような思考では、その場で屈従し、借り物の怒りで、解消されるようなものこそ、いちばんの悪である。