時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

前衛的な幼児性


 未熟な信念を掲げ、入り込む隙間にこぼす永遠が瀰漫し、不満足を投げかけるだけに、代理的な心情に注がれる無関心さとエゴを誘うだけの管理的な状態に浸透するものが、悶絶をくり返し、蛇行する意識は、苛まれる記憶と、臆するだけに費やすものが衝突し、そこに現れる正体不明な不安を解消できずに、費やされるほどに動きは鈍くなり、今にびくつき、つくづくにたどるものが、閉鎖的な感情に至り、併設される記憶が、こうむるだけの罪が厭うほどに、頑是無く愛らしい者から横柄なものに変わり、何かを恨み出すだけに、見つかる意識を噛みつくだけの衝動から、商業的なものに墜落し、落胆を生み、疎外感を走らせるだけに、些細な痛みを増加させ、負担を生み出し、不安を増加させ、配される間に輪唱するものや、解き放たれる意味に生まれる神話や、災いを増加させるだけに転換していく今に欠落していく情緒などが、費やしていく希望などを破廉恥なものに変え、機械化していく意識は、モニュメントと化し、感染していく民が、回路を失い、占領される意識に電気を流し、誰もが滞留する意識の中で拘留され、ちぐはぐな論理に破壊的な瓦解から、画期的な論理に敢行される攻撃的なものから、気配は、従属するだけに至り、乖離する意識は、鈍磨なものや、漫然とした意識に契を交わし、緩衝するほどに、自らの意識は損なわれ、そこかしこで同一化を続け、伝わるものや、今に迫る行いなどに渇する意識は、観点を損ない、そこかしこに増幅する不幸を生業に、症状を悪化させ、疑問に不安などを促し、恐怖を増幅させ、弊害を助長するだけに手助けをくり返す惰性な意識が隔世の感を失い、偽善的な処方をくり返し、観点を損ない、誰もが、誰かを羨み、恨むことから、経済とは発展を遂げたなどと性悪説を嘆じるだけの死に至る神を装填するだけの脳内で担う神とは、位置づけられた意味に治外法権を作り出し、何もかもを自らの正義だけで統治し、討議されることに反することにより、自らの正しさだけが誇張されるというエゴイズムを加速させ、今に邪推するものや、虐げられる先々で対立を深め、汚穢を生み出し、井蛙な者を生み出し、何もかもを踏み台にし、何かを犠牲にすることだけが、この世界での重要な役割を行い、行いに正しさを増幅させるべく、鍾愛し、アクセスをくり返し、屈辱に耐え、体感する儀式的な擦れや、各地に迫る欺瞞や、疑問と嘔吐をくり返し、白昼夢を歩き、写実的な詩を描き、死をも超越する辺りから、誓いとは破壊され、はびこる悪意を捏造するだけの独善的な正義を超えて、生贄として捧げられるだけの惰性な覚醒から、儀式的な隔離を行うだけの社会的な抑圧や、軋轢に反し、かかずらうだけの意識にはびこる絶対的な高尚さだけを追い、高まる意識に背反し、干渉する先々で乖離する意味や、理解を超えて、今に定まるものだけを購いながら、対する先々に戒律を加え、何かを罪で嬲るだけに浸る原理的な衰亡や、攪拌される先々に生まれる半径や、判決を下し、空白を埋めるだけの罪を担うだけの正義が促す伴侶を愛し、尽くすという幻想から、原理的な演技をくり返し、各案に迫る暗示された答えに費やされる疑問から、考えとは、操作されるだけに至り、誰かが促す言葉に専横され、占領されるだけに至るような思考などは、偏った思想により、操作されるだけに至るのであり、現在促すこのセンテンスですら疑うべきであるし、疑い乗り越えるべきは、何かに操作されるだけの自分であるし、ここにおとずれる疑問すら、誰かに与えられ、それを世界として認識し、社会的なものとして取り扱い、そこで高揚するだけに至り、至らぬ思いは、至らぬままに怒りへと変換され、今に悲観し、至らぬままに謙譲され、このシニシズムに至るだけの文化的な批判や、社会的な批判におとずれる偏りこそが、いちばんの偏りを生み、誰をも羨み、恨むだけに至るような精神から、精白な思想は生まれず、何かに濁されるだけに至り、自らの意識の濁流に飲まれ、汚濁を飲み続ける先に待ち受けるのは、自らが生んだ苦しみに利用されるだけの反復をくり返し、そこに永遠性などを生み出す欠如から苦しみは増加し、慈しむことを忘れ、偽善的に消化する出来事から、出来合のものにシンパシーなどを感じ、心配事を今に消費するほどに、魯鈍な価値に陥り、自らが生み出す苦しみに迷い込み、自らが生み出す落ち度により、閉鎖的な意識の鎖でしばられ、がんじがらめになり、促進される自由とは、自由を使い、何かを占領するだけに至り、自らの自由を奪うだけの名ばかりの自由を加速させ、自らの自由を奪うだけに至るの、だ。