時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

すべてが潰えた夜


 インモラルな衝動にたたずむ君の理論的な終わりから、頓挫するほどに燃え、もだえる隙間から得るものすら不潔であるし、何か、不健康なものを促し、撹拌される半径におとずれるイデオロギーや、籠城する意思に来す、独善的なものが、全体主義に陥り、諦観へと至らせるような教育をほどこされ、産まれてから直ぐに、従うべく、ベクトルは、同じ位置から、同じ意味を引き出し、おざなりなものへと悲観的にさまよう感性から、けだるい意思が証拠を失い、ないがしろにした精神が引きずる所以から流出される起源や、形成されるものに引きずられ、卑近なものに正されるような関連性に立証されるものなどが示す常識などは、何かを嫉妬し、陥れるためだけに、ためらわずに否定する先々で対立を深め、そこかしこに戒律を生み出し、交換される苦しみや、疎外感を蓄え、レジスタンスへと変化し、闘争へと至ることも無く、ただ諦め、死に追いやられるだけの弱者を演じるだけに浸る今に還元される苦しみや、食い込む痛みに耐え兼ねずに、兼ね合う痛みに消費されるようなものを底上げするような苦しみを繰り上げ、今に浸る痛みから、乖離していく意思は、表現を損ない、今に与えられる痛みを加速させ、制限を生み出し、今に定められた痛みを加工し、自らに来す今を消費しては、苛み続けるだけに至る。いくばくかの可能性を残し、今に引き出されるものが、借用書を突きつけることも無ければ、今に与えられるものは、清廉であるべく、既存の価値や、まやかしの意味を改善すべく、思い以前に磔にされるだけの価値にカタストロフを促すだけの利便性や、詭弁を放つだけに至る現在に懸隔を生むだけに阻める位置から、引き取る意味などは、今を膠着させるだけに至らせ、機械的に動き、生産的なものだけが、需要と供給の間で境域を生み出し、そこに正常さを保たせるべく、狂気を作り出し、善と悪で対立する戒律から、懐疑的な消費を続けるだけの鈍磨な者を生み出し、奪い合うだけに至らせるような罪に屈従するだけの法へと加工された品位を背負い、狭い価値に迎撃される精神的な高次は、否定的につぶされ、根絶やしにされるだけに至るような卑下から、悲観するだけの人間が生み出した悲劇的なストーリーの中で圧壊させられ、些細な出来事に消費される観念が、現実的になれだ、などと促す限りに、その場での現実は、現実味を失い、与えられるイメージに消費されるだけの苦しみを反復させるだけに至り、反芻するものなどは、その場で現実性を失い、制圧される観念は、そこかしこで想定されるだけの傀儡と化し、与えられる影響に苦しむだけに終え、嗚咽を繰り返し翻す間に用いられる全容が、擯斥し続ける理由へと苦しみだけが、断続する。与えられる苦しみを演じるだけの意思は、膠着する現在に転換される意味を受け入れることだけに専念し、自らの意志を損ない、其処に生み出される力だけに荷担し、あたかも自分の力で示したように思わせられるだけに至るような現在に来す意味を引き取り続けるエゴから、固執する意思は、いびつなものを成立させ、それが正論だ、と促す限りに、自らの意志などは損なわれ、魯鈍な者が担う価値が促すカタストロフに飲まれ、自らを苛み、些細な出来事に超過していく苦しみに追いやられ、眠れぬ日々を過ごすほどに、すこしのモラトリアムも与えられずに、陥る苦しみへと疎外され、爽快なものを失い、今に浸す意味や、格納される苦しみを貧寒に左右させるようなエレジーや、延々と続くほどに、補填される意味を恐喝するだけに至るような世界を、世界として認識させられるという脅迫から、強迫的に受け入れるだけに演じることだけを続けるつたない意思が謳う動機が、出来合のものを織り成し、応じるだけの答えに一貫した姿勢を崩さずに、対立を続ける反抗的で孤独な者にこそ、勝敗など無く、定める善悪すら無く、用いられる価値などは、用いられるほどに、自分優位に与えられる価値だけが、その者の価値となるように定めるような価値などは、惰性なままに生み出された怠惰な価値であるし、そこに自らの力だけが、示す価値で無ければ、その場で屈するだけに至り、訝ることを知らずに、与えられたままに受け入れる価値などは、今にも偏ったものに変わり、そこかしこに偏向を生み、変性できずに、与えられた影響を、そのままに受け入れ、悲観するか、諦観するかに至るだけに終えるなどと促す現在をも超克するような強さだけが、唯一の力と言える。