時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

積み上げられるもの


 閃きをたずさえ、安直なものに支配され、さえぎられる意思や、裏切りを続け、魯鈍な価値にカタストロフを告げるべく、旋回する意識は、どこにも帰結しないように、ないがしろにされても尚、今に発動するものが、物々しい権利などを阻害し、害するだけの愛の蓋然性になびく真実や、真理などは、依然として魯鈍なものに成り代わり、今に代償を求め、同じ価値の内部で解消されることでしか、判断を下せずに、空疎なものへと陥り、今に嵌まる罠や、猥雑な観念に迎合されるものだけを商品化し、価値観を共有するほどに、有する価値などは、互いを強請り、そこに同じような価値で貼られる値札だけが、真実だ、と宣言するようなセンテンスに誘導され、流動する本質は、今に来す意味を回転させるほどに、同じような動機を加速させ、そこかしこに枷を嵌め、正解を奪うだけの論理に帰巣するだけの心身に戒律を加え、改善されない思いは排除し、波状に迫る苦痛や、つがいの者を引き裂くような共通の痛みを媒介させるだけの憂鬱に卑賤の者や、貧賤な者だと否定し続ける先に現れる差別的な境涯に迫る戦地から、散漫な意識が解除されずに、そこで苦しむことの永遠性だけを加速させ、そこに現れる苦しみに慈しみを持つべきだ、と同情的に産卵される進行の子たちや、虚空に示される生命の起源や、拘束される論理に悔悟を用い、悔悛を用い、対立するものに弱みを見せる間な嘘の悲劇を巻き込み、毎日に裏切りの行動を取らせ、退廃的な林道を歩き、直線を歩かされているようで、迷うべき誘導される精神は、やがて亀裂を与えられ、そこで分裂し、誰もが、誰かの感情を借り、感性を損ない、そこかしこで媒介する他者の言葉を信じ込み、真実はうやむやになり、あやふやなままで、ままならぬ精神を敬神へと誘い、軋轢を与えられ、誘導される精神は、軽薄な論理を遂行し、追考する先におとずれる答えも、誰かの答えを引きずるだけに至らされ、些細な出来事に諦観を結び、景観を保つためだけに、そこで処理されるだけの存在や、消え去るだけの過程に用いられる過去からの窮屈さが生み出した差異や、引き出されるものに収奪されるだけの国家的な偽装から、犠牲心を謳い、用いられる苦しみに証拠を残し、傷痕を与え、絶えず思い出すべきだ、と促す苦しみに反撥できずに、排斥できずに、その場で苦悩を永遠回繰り返す辺りから、仮死化する意識は、誰かの意思を借りて、そこに嵌め込まれるだけの優位なものから、模倣し続けるだけに、体系に関わり、悔悟をため込み、ためらうばかりの精神は、誰かに誘導されることでしか、本領を発揮できずに、そこでハッキングされるだけの生命は、厭うだけの感情を手に取り、利己的なものを育て、惰性なものを氾濫させ、叛意を用い、運ばれるだけの意図から、意味を持たずに、愛惜に触れるだけに加速する怒りを敷衍させるだけのルサンチマンに変わり、担うべき愛も、短絡的な憎悪を支配され、愛故に恨むのだ、と妥当な位置から引き出す意味を今に使い、疑問を持たずに、ただ現れる感情だけに過剰反応し、そこに現れるイデオロギーもろくでもないものであるし、そこに現れるアレルギー反応が及ぼすだけの怒りだけである事をに気付かずにデカダンなものを加速させ、懐疑的に至らずに、乖離する意思は、改善されずに、その場に用いられる恨み辛みを吐き出すだけに至る傲然としたものを加工するだけの品位こそが、崇めるべき対象であるのだ、と促すようなファシズムに移行し、行為は、やがて一党独裁的に促され、力とは、一人の者が有し、その者が使う力だけが、本当の力であるのだ、などと促す限りに陰る精神は、やがて何かに促されることに利用される恐怖だけを崇拝し、滑落し続ける自らの闇に配置される疑問こそが誤りであり、過ちを生むものであるのだ、と思い込まされるだけの恐怖こそが、偶像である事に気が付かずに、今に用いられる苦しみを加工されるだけに至らせるように、訝るだけに先々に怒りは媒介され、理解されずとも、偏執しようとも、応答し続ける自己だけが、正解であるし、そこに世界すらも無く、この場に備わり、次々と続くものだけが、世界であるの、だ。そこに兌換されるものは、決して正解を運ばないし、そこに用いられるものだけが、問題を膠着させ、その場で進歩をとどめ、進化へと至らぬだけの否定こそが、正解であるのだ、と促すような者こそ、贋物であるの、だ。騙されぬな。君の意味は、君の過ちを生むのでは無く、君だけの世界をそこに生み、確かなものすら無いからこそ、君だけが正しくあるの、だ。だから、ダサくとも中指は立て続け、建前で処理するだけの論理から放たれ、自らの意志こそが、中庸を保ち、大義を用い、とどまらずに、続ける先に現れるものだけを、本質として捉える。