時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

想起するもの


 与えられるものなど無意味であるし、何が生みの親からすら分からずに、虐げられるだけに浸る原理や、来たす意味に複製されるだけの今に現れる苦しみばかりが加速し、思うほどに苦しみは加速されるわけだし、そこに言い分けがましくからまる原理から、加工されるだけの品位や、倫理観などが完結していくほどに保持される魯鈍な意味が域を決め込み、破談に追いやるだけの至る等位から、短絡的な等差などは、帯域から生み出される互いの食い違いやら、動作を不明確にさせるだけの膠着やら、等差が用いる最たる意味を高尚へと用いる以前に、ただ、与えられる価値にカタストロフを掲げるだけのニヒリズムやらが、現実と仮想の間で戒律を生み出し、今に対立を生み、機械的な人間が生み出すプラトニックなものや、プロパガンダやらが干渉しては、苛むだけに至る現在に与えられる深い傷や、顛末になびく幽遠などに意識的な互換性を求めるような同一化から、毒されるだけに至る思想やらが関与し、パーソナルなものを奪うだけに至るような社会主義的なレム睡眠や、偽装される真理におとずれる白昼夢をさまよう血筋を捨てた猫や、海馬を取られ、朦朧とするニューシステムへと加工されたアンドロイドたちの倒錯から、リバイバルされるルサンチマンにより、強大になった恨みを抱えた帝国主義の怪物たちが、たちまちに戦争を生み出し、藝術的な損壊こそが、人間が果たすべき義務なのだ、と象徴的な神を生み出すべく、神をも超えるのだ、と妥当な位置から、意味を引き出すだけの人間的な蛇行から、対立を深める出来合のものへと移行していくだけの神話的な衣装替えから、緩慢に作用する伝説的な回路から、エクソダスしては、散漫な差異から、求められるだけの答えに咲き乱れる官能的な瞬間に従事するだけの快楽的な需要を求めるだけの基礎から、空疎な移送を続けるだけの人間的な醜悪さを謳うだけのペシミストたちの集会に参加するよりも、ただ、愛すらも飛び越えるような哲学へと達し、互いをとがめるだけの理論に創造的な緩和を求め、意味に緩急を与え、複製されるだけの真実を飛び越え、今に現れる愛だけにむしばまれ、慢心に迫る激しい痛みやらを解除すべく、乖離していく今に復元されるだけの位置を求めずに、今を見透かすほどに、補填される苦しみなどは、与えられた不安により、増長するわけだし、惰性に迫るだけの観念を倒錯させ、そこに現れる価値などで測るだけでは、人間などは超えられずに、与えられる名にとどまり、与えられるままにとどまるだけに魯鈍な者に変わるだけであるし、そこに現れるだけに快活さを損ない、恫喝されるだけに至り、いたわることなどを謳い、同情などで妨げるだけに至るような原理にその場などは、横着な者が信仰するだけの理論的な神を崇めるだけに、購う者が膠着させるだけに至るような価値を基礎に、今を破壊するためだけに、ためらわずに使う権力やら金などが媒介し、そこに黴菌を生み出し、こびへつらうだけに至るような男女の倒錯から、等差をもちい、錯雑とした観念が、基礎を謳うだけに、用いられる価値などは、そこに現れるものを濾過できずに、用いられるものを通過できずに、衝突を繰り返し、そこに現れる黒々としたものを措置するだけに背徳へと至り、乖離する現在に偏執していく意識は、最たる意味を損ない、そこにおとずれる擦れのようなものが加工するだけの品位などが、快活さを失い、今を開拓できずに、雑に扱われるだけに至り、浸る意味から、愚鈍なものを生み出し、錯綜する心理は、エゴを加速させ、懐疑的に至り、浸る意味から愚論を重ね、乖離し続ける先に現れる不安の餌として自らを捧げるような供犠の生贄として、あらゆる後悔をそこに浄化させるためだけに、ためらわずに捧げられる自らを傍観するだけに至る現在に転移していく痛みが、次から次に現れ、今に増幅する痛みに複製されるだけの意味が加工され、悔悟をため込み、対立を深めるだけにおとずれる軋轢や、曖昧な差異に求められるだけの答えを捏造するふんいきや、憤懣を溜め込み、互いにおとずれる討議から、戦争へと至るような経路や、懐疑的な日常に居座る対立から、大義を失い、ただ、与えられる影響により、自らの思想を失い、操作されるだけに至るような思考のカタストロフに介在していく意識的な汚穢を吐き出すだけの空疎な現在に転じて行く意識的な顛末に怯えるだけの日々や、応じるだけの答えに途絶える考えから、思考停止に至るほどに、与えられるものに流され、操作されることを、よろこびだ、と勘違いするほどに、しあわせなどを促され、何かに即され動くことだけが、しあわせなのだ、と思い込まされるほどに、露呈されるものなどと齟齬し続け、自らに現れる自らとの軋轢を深め、感覚を失い、今に機械的な物として、従属するほどに、十全としたものを損なう。