読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

波及するもの

クリムトが描く原風景により、宇宙は調和し、自らとの和解を進め、切り裂く憂鬱に退歩する心情が、浪費するだけの観念を、壊疽へと追い込む淡白な孤独や、虚空をさまよう、流動する思念が悲しみに区割りされる感情の個室で、性格を歪ませたアイドルが放つアイロニーや、若さゆえの過ちにはびこる所以などは、所詮は、含蓄された普遍性の汚さに気がつかずに、機械的な自己や、利己的な自己がうながす、独善的で、利己的な主義が偽装を繰り返し、機械的な論理や、陸地を埋め尽くす、ひとりよがりな悩みごとが、ロジックに変わり、改造をほどこされ、些細な動機に奉納される生贄や宝などをうながし、先々に対立や解離を生み出し、今をさまたげるだけにまたがる感情が今を覆い、自らを影に変える人間などは、利己的なものであるし、語られるもののほとんどは、貧寒なものや、悲観を孕ませ、瞬く間に苦しみを生み出し、空間的な加速感に追いつけずに、リリカルに消費される先に対比を加え、改ざんされる間に、愛すら消え去り、些細な動機に毒素を与え、弛む先や、たゆたう合間にゆらぐ愛だけが、私をくたびれさせ、しおれさせ、苛むだけに至らせ、介在する愛や、大罪をうながし、退廃的な互換から、解離していく感情に形成される苦しみから離反し、敗残する先に大義を見出し、見つめる先に現れる本質だけが、今を乗り越え、自らを確かめるように論理を展開させ、遺伝子を騙しながら、長らくに引きずられる深い感情を引き出すような書物や、隊列から離れ、機械的な余暇や、回避し続ける先に分かたれる思いは、正義を飛び越え、定めを破壊し、自らの成否すら打ち砕く。人は啓蒙できず、啓蒙できるのは、自分自身だけであるし、衆愚として見下すような哲学では、確かさなどは、埋めぬの、だ。あらゆる排除から、廃棄される感情や、頑是としたものを破綻に追いやり、毅然として受け入れるものを破壊に追いやるだけの感情だけが、唯一の正義を生み出し、救いを謳い、対立し続ける思いが枷を嵌め、世界を乗り越えるベクトルや、記号化された思いは、暗示にかかりやすく、意味を見失い、無意味なものを追いかけ、配膳されるだけの愛が、背反を繰り返し、入り組んだ意味や、季節感を破綻に追い込み、恒常的な不安に追いやり、狭い価値に閉じ込め、倦怠感を重ね、応じる答えや、嘔気を重ね、枯渇する動機や、起源を引き裂き、懐かしむだけに浸る感情や、歓喜を持ち上げ、下世話な会話を吐き出す、俗物すらも、ハートフルに感じるし、はびこる思いが迎合を重ね、かじかむ感情は、自覚する前に、時間を認識するほどに、意味から抜け出せず、健全な理由を破棄し、過剰な愛は、ケミカルなものに変わり、取り残される感情は、誰かの歩い軌跡だけをたどり、忽ちに溢れるものが奇襲を重ね、懐疑的な思いを重ね、負荷を感じ、泰然として、物事を捉えられるずに、自覚する前に、非道なものが迫り、狭い価値に、住まいを移す。生きるために歪むのが、人間か。目に見える暴力を排除するだけでは、物事の本質は捉えられず、何も変わるわけではない。数学的な猶予や、余計なものばかりを敷衍させ、リアリズムを破綻に追いやり、経済的なものよりも、藝術的な消費から、さらわれる感情が、苛む記憶に重圧を与え、ジューシーな思いに変え、機械的な構造が、脳内の装甲を強化させ、アイデンティティーを破棄させ、擬似的な愛から、介在する間にふれあう愛だけが、確かなものを与える。瞬間は、永遠に溶け込み、不明確なものに変わる。変わる先に現れる愛だけが、レールに乗るだけの流動性や、流行的なものを仮想する真理や、審議するものや、崇める対象や、体制的なものに関わりながら、長らくに成否を預け、情景に消費される所以や、正義を解消させ、回収される思いは、再利用を繰り返し、喜劇を演じる原始的な論理から、拘泥するだけの思いが、清貧なものをかかげ、そこにかけがえのないものを生み出し、徒らに消費されることが、疚しさを生み出し、紊乱なものや、排斥される先に現れるものだけが、描かれていることを認識し、自らの麓に行き着き、対立し続ける思いが、競争を繰り返し、軌道修正を行いながら、確かな道筋をたどり、自らに帰り着く。


正しいことも、正しくないことも正すのが、唯一、正しいとされることを打ち砕き、本質的な正しさを引き出しすことであるし、私が引き出すものだけが、私に似合うものであるし、はばかるものや、阻まれては、正しくあるのだ、と強調される先には、何ら正しさなどは現れずに、夏に変換されるものや、立場を逆上させるものや、抵抗し続け、何にも従わずに、ただ、君との対話を行う荘厳なふんいきに訪れ、相互互換されるものや、解離する先々に群生するものが元気よく跳ねる様子が見え、覚えもなく、膨張する真理や、運動的な対話や、猥雑な先に侵食する愛が時折に現れる現実から超越する。何かを良く見せようとする道具に陥った正しさなどに、正しさなどは無い、と言い放つ私も、聖俗なものを謳い、自らを正しいもののように指し示すものが、採否を繰り返し、奪い合う過程や、嘘を吐き出し、破壊的な動機に同居するものが、ままならぬ思いを重ね、懐疑的になり、解析する思いが変化を遂げ、偏執する記憶を排斥し、改善されぬ思いが、競合しながら、些細な動機を超越し、調和する思いが恋い焦がれる先に現れる笑顔だけが、本質的な笑顔であるし、整容される思いから離反し、老化するだけのものから超越し、証拠も残さずに、そこに心残りをさずけ、預かる感情を懐かしむような、夏の残り香が、鼻腔をくすぐる。夏風邪かな?と疑問に思う心のかさぶたをはがし、流れる血を見つめるその目は、物事の確かさを、感じ取るようだ。