時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

生産的な汚穢


 水の音が促す観念的な勝利から、偶像を用い、何かを騙す間に群像にほどこされる幽遠との対話から、対立を深めるだけの理論的な層状にこぼす情念が、至極の思いを授け、達する間に補完されるものが連続するだけに、隷属するだけに至るような関連性に支配され、芝居を続けるだけに至るように示すような還元から、回線を混濁させ、拙劣な交渉から、途端にランダムにせめぎ合うような等閑から、簡素な自由から繰り上げられることに置いて行かれる恐怖から、顛末に嬲られ、拗れる今に悪逆に至り、着込む自由や、エンディングにからまる一体感や、カルマを破壊し、毎日に熟知していく凄艶が、永遠を屠り、アナクロニズムに至り、帰巣する心理や、多目的に誘導されるプラトニックな感情や、可決していくほどに、ほどこされる苦しみに重責される真実や、モノクロな日々の傀儡として、鬱積する思いを昇華させるような資本主義的な快楽や、懐疑的な今に瀰漫する適齢期や、敵愾心などが一切に混ざり、短絡的な思いを交換させ、枯渇する全体主義の様子や、狡猾な者ほど、ほしがる物の大きさや、自ら吐き出す哀れみや、普遍性に捉えられても尚、得ることに興味に追われ、恐怖に閉じるロジカルな降伏から、昏倒する意識にカタルシスを促す、補足されるだけの空虚感に裁かれるだけの日常の魯鈍な行動から、高潔なもののほとんどは死に絶えたのだ、と落ち込む先に持ち込まれる原理がゲリラ化し、内戦を激化させ、厳寒な先々に持ち込まれる原理や、利便性や、綸言すらも千切るような尺度から、社会性を謳い、釈然としない思いは、自らの内外に課せられる道理や、同行するだけの意識は、意味を堅持し、利己的な思いから、大衆に促されるものだけが、真実だ、と歯止めも無くあふれる快楽を描写することだけに精一杯なのだ、と促すころには、孤独感を加速させ、色あせる時折に斡旋されるだけの快楽から、開示される快楽へと移動し続けるだけのエクソダスや、エクスポートされる外からの快楽を受け入れ、排外主義者の的として、敵を演じる反社会的な高次を抱えた正義の汚穢との最終戦争を続けるような論理的な敵地へと自らを倒錯させるだけの濁流へと飲まれる現実性から、制度とは、付着した過去から引きずるだけの意味と意図を崩壊させるためだけに、自らの制度を膠着させ、拗れる先に安易な答えを排出し、自らを妨げずに、些細な動悸で今を諦観に追い込むことだけが、生きる意味だ、と示す間に、背反する思いは、屈辱に耐えかねず、今に兼ね合いながら、加害者を演じ、敵対心を一身に受け、悲観せぬ超人へと、関さぬ超人へと、監査されずに、自らをぬぐう意志を持った神をも超えた狂態を演じ、現時点に妨げられるだけの些細な倒錯を踏破し続ける先に具現化されるだけの日々に陥るニヒリズムに恐喝され、些細な日々のニキビに悩まされるような先々に対立を深めるだけの軋轢を生み出し、物事に設立されるものが促す摂理などに騙されずに、互いをとがめるだけの理想や、意味に明け暮れるほどに、かけがえのないものは、証拠も残さず、傷痕ばかりを増やし、今に襲いかかるロジックや、浪費し続けるほどに、補足される苦しみは、今に憎しみを増加させ、過剰な意味を流行させ、そこに遡行する者であるべく、反逆を続ける純粋さだけが、破壊とは、なんたるかを知り、作るとは、弔うようなものであり、そこに儚いものを生み出し、処理し続ける精神を賑やかにさせるような亢進から、恒心に至り、揺るがぬ精神は、陥る先に染まるだけの理由を用い、高慢な者が生み出す資本的な開示から、乖離していく立体的な商業から、交換されることから、この終わらない闘争は始まったのだ、とアナーキズムが語るかゆみを与えるだけのイメージから、意味は自体を急降下させ、狂態へと導くだけに浸る言動から、理論的な早熟さに、自らを倒錯させ、堅実さを損ない、急ぐほどに、自らの理論に置いて行かれ、自らを玩具に変え、頑強に抵抗できずに、勘違いを施し、完治しない苦悩を和らげるためだけに、闘争へと進み、遂行する先に緻密なものすら生み出せずに、自ら脱線し、退廃的なモジュールとして、誰彼かまわずつながる先に自らを破壊するだけに至るような至らぬ還元から、理論的な乖離を施し、自らを孤独に消費する苦しみから逃げ惑い、孤独を謳歌できずに、自らの考えを持たぬから、増え続ける苦しみを生産していく。