時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

聖人


 苦しみを共有する街並みに呼応する真理や、むさぼるような動悸がコレクションされるだけの因果から放たれた時間から離れ、旅行く定めなどを謳い出す花が慟哭を繰り返し、駆除される悲しみや、空席を埋めるだけの論理や、ちぐはぐなアニマから分裂し、女性的な神に契を交わし、アニミズムを消費しては、諦観するだけに至らせるような悲劇的な尺度から、悄然として運命をさまようだけの超被害妄想的な水準から、理論的な敗亡に至り、開示されるだけの運命に抵抗せずに、そのままを愛するほどに、清潔感は損なわれ、そこかしこに恨み辛みを述べるだけのリアリズムから、理想郷を謳うだけの希望と、増大していく憎悪から、高尚を謳うほどに、誇示するものや、安易に排出されるだけの移動性のコギトや、高潔を謳うほどに、醜い自分を錯綜させ、操作されるだけの身体を交通させるだけに、偽造される精神や、制限を生み出し、形成されるだけに、代価を求めるだけのゲーム感覚な恋愛から連動していき、謳われる事実などは、慈悲を求めるほどに、魯鈍なものへと変化し、代償を求めるだけの怠惰な心から逃避行へと急ぐだけのカルマや、緩慢な作用を施し、揺動されるだけの道理から、吐いた唾を飲み込まずに、拗れる先にいぶかるだけの意図を恒常的な苦しみに非難させ、悲哀を求め、こじつける意図に絶望を反響させる。共犯者を求めるだけの君のエゴから、固執するだけの意味に開け放たれる苦しみに迫る制限や、センチメンタルな離床から、成敗を付けるだけに、固執する今が意味を失い、齟齬する意識はやがて、欠落する。完全性を求める身体に入り交じる風景が、愚鈍な過程や、かじかむ記憶に自覚をほどこす克明な時や、克己し続ける先々で亀裂を及ぼし、溺れるだけの景観から、解除されるよろこびへと浸るほどに、偶像にロマンをぶつけ、空疎な理由に露骨な支配を求めるだけの経過するだけの罪深い代用品や、対価を求めるほどに、ほどこされる理由に屈辱をもたらし、用いる風貌に軋轢を与え、たゆむだけの記憶や、固執するだけの思いが、主たるものを損ない、そこかしこで暴かれるだけの論理や、邪推し続ける理から、言葉は枯渇していき、快感を行き来するだけのセンチメンタルな偽装から、空疎な理由に籠城するだけの真偽に行き交う思いが、交通を続け、疼く身体に帰巣するだけの子供の時から、束縛された感情を吐き出すほどに、ロジックにからまり、関わるほどに、開示される記憶の餌食にされ、些細な動機にロンリネスを突きつけ、道理に反し、理想に共通する苦しみや、雲散霧消するだけの思いが切り開くものが、物々しく変化し、偏執するほどに、死は先回りし、濫觴するものを消し、軽視するほどに、自らの意志を見失い、ないがしろにする思いが服従を続け、つたない思いが断続し、間断なく迫る思いが、面影を覆い、応じるだけの答えや、唾棄する思いが攪拌され、反証を挙げ、御託を並べる道楽から、同封される意味に理解は、乖離し続け、つたない思いが抱合し、互いの痛みを消費することだけが、ゆいいつのよろこびに変わり、関わるほどに、互いの愛が走り抜け、短絡的な快楽を思うよりも、ここにおとずれる愛のような物質や、文化的な解脱や、界隈に亀裂を生み出し、宇宙のひずむを生み出し、リズミカルな衝動が、行為を白痴に変え、健全な者など、どこにもおらず、ここにおとずれる問題や、納期に服従するだけの幼稚なハミングや、背徳を謳い、たゆむだけの希望から、浪費される観念は、軽減されない痛みの身代わり人形として生み出された誰かに似たような物である、と宣言されるような最たる意味を喪失するだけの労働から、浪費されるだけに浸る痛みから、懐疑的にも至らず、ただ与えられる苦しみを、そのままに味わい、曖昧なままに非道な意味を進み、未知なままの記憶や、臆するだけの形に機械的な浪費を加える。固陋なままで居着く思いを引き離すべく、ここまでの思いにさよならを告げる。たたずむ思いは、ただ、誰かの思いを嘆じ、投げ捨てられた感情を拾い上げるだけに至るような印象を操作し、そこに横溢するものが、問題を横着なものに変え、課せられる理由や、誘導されるだけの原理に悲観していくだけの行為から、もとづく意味へと衰亡する思いがこみ上げ、拗れる先々で、低劣なものを生み出し、意味を踏み台にし、憎むことだけに専念し、デカダンなものが支配するだけの形状を保つことだけを目的に、ぼくとつな者を破壊することだけに関与し、課せられる理由は、その場で重力を含ませ、複製される真実を、あたかも、真実のように扱うことだけが、快楽を呼び、そこで求められる意味が、今にいびつなものを生み出す。