時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

永続的に解放を唱える者


 誰もが生きたい、と願う夕暮れに、敷衍する俗っぽい言い回し、短絡的な浄化を求めるほどに、追従する意識は、初初しさを損ない、そこかしこに悔恨を浮揚させ、過去にとどまるだけに終えるような日常の散漫さが生み出す悲劇や、その悲劇により、カタストロフに至るような惨劇から、仮想するものに迫る不当な意味や、今に咲き誇る情念が、過激な理想と思想を巻き込み、混同する意識は、アニミズムへと移行し、超自然的な一体感や、いくばくかの可能性を宇宙に吐き出し、利用されるだけの身体から、回帰するだけのここまでに悲観せぬように、希望を歌う鳥どもの卑屈なワルツを聴いては、機械的な論理や、つじつまの合わぬ現在に遅れていく観念や、攪拌されるほどに、もどかしいものがヒステリックに叫び、境目を用い、モチーフとされる痛みや、いぶかる先に現れる貧寒なものや、物々しい思いが、恒常的にはびこり、不快感をあらわにし、望みを託されるだけのアクセスされる思いに査定されるだけの原理から、利便性だけを求めるだけの借り物の言葉から、空間的に配属されるだけの空虚さをねじ込み、もどかしさを抱え、思案するほどに、案じる先に生まれる陥穽に嵌まるような憂鬱から、方法論も無く、ロンリネスにからまる自体から、文言が破壊へと追いやる偽善的な夜から、複製されるだけの真実に利用され、強要されるほどに、そこで保持し、補完するものが、完全性を求め、制圧されるだけの真実や、苛まれる記憶に刻まれ、傷ばかりがふえた午後から、俯瞰に攻め入るものが、自らを切り裂き、境目を用い、満ち足りぬものを吐き出すほどに、保持する理由が、強制的に変わり、そこに、抑圧される精神は、解放を唱えることも忘れ、猥雑な思念が、万世になびく平静を求めるぼどに、戦争に強いられるという矛盾から抜け出せずに、自己批判に至り、悲観するだけに至り、関するほどに、有する価値は、カタストロフを用い、懐疑的なほどに、無くしたものばかりを求める過去から肥大する意識は、被害妄想へと至り、悲観するほどに、構築されるものに従属し、おとずれることに反せずに、破壊的な焦土に混ざる血や、蓄積される苦悩が歌う原理的な汚穢から、緩慢に作用する痛みを複製するだけの生産性から、制度をふやけさせ、日常をくらますだけの今に行方不明である君の敵を取ろうとするほどに、誰かを傷つけることを平気でやるような意識的な終わりに迫る現在が、併用する意識に寛容さなども無くなり、そこにおとずれる苦しみから、すこしずれて、考えは、明日を恨むだけに至り、感覚を損なうだけに浸る苦しみから、ニヒリズムは加速し、そこで誰かを持ち上げ、用いられるもので締め上げるだけに至り、いたわることを忘れ、誰かを陥れることだけを考え、そこで還元される苦しみや、染みいる理由や、有する価値に持ち上げられた意味を、そのままに受け入れるだけに至るような倒錯から、錯雑とした観念は、関係に制度を生み、粗暴なものが示すあいまいな愛から、肥満化した意思は、何かを信じることを忘れる。

とどめを刺されるのを待つような悲劇的な放蕩から、酔いしれるほどに、ほとんどは、補足されるだけの白々しさを演じ、現時点に迫る限界から、改善されない今に悲鳴を上げる価値から、すれ違うのが、互いの価値であるし、そこで用いられる意味などは、ほとんど、過去から利用され、そこで政治性を用い、何かを謳うよりも、自分の意思を変えるべきであるし、そこで用いられる意味などは、過去から用いられた理由から、理想を打ち砕くだけの借り物の言葉が、今を横着に変え、課せられる言葉に騙され、些細な出来事に裏切られ、奪われる自由を嘆くばかりで、用いられる自由に利用され、そこで利用価値を生まぬものは、そこで捨てられるだけに至り、用いられる価値だけが、権力へと変わり、そこに現れる意味だけが、確かなもののように作用するような価値だけが、大切に扱われ、そこに生まれる軋轢や、一瞬で終わりへと向かうだけの日々や、悲観するだけに至るほどに、保持する意味は、誇示するものへと変わり、そこで持ち上げられるものは、ほとんど意味などを持たず、用いられる言葉が、空疎に利用され、理由を補足するだけに至るような解消から、緩慢に作用する日々に卑屈になるほどに、保持する理由は、そこかしこに軋みを生み、亀裂が生じ、陥穽へと変わる。