時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

意味の終わり

 
 交わるほどに鬱屈していく街並みに、刺激的な進化論を投げかけるような憂鬱なあの子のジャンクをかき集め、接続されるでたらめなメロディーに泥酔している花嫁たちも、いずれかは、すぐさま裏切るだとか、アイロニーに陥る便宜的で、偽善的な経路をたどることでしか、判断できないような輩が示す尺度から、用いられるモラルだとかは、安易な判断でしか、今を併用できないわけであるし、多角的に捉えることもできずに、愚かな者は、置かれた状況を批判するだけに置かれた今を恨むだけでしか判断できずに、今を乗り越えることすらできずに、言い分けがましく、今までの生きてきた苦しみを吐き出すほどに、今を破壊するだけに至るようなペシミズムに浸るだけでは、日々に耐えるだけで、生きているとは言えずに、誰もが今に堅牢するものを掲げるだけで、掛け違う意味は、過激なものに陥り、自由を謳い、今を利用するだけでしか、判断も下せずに、段落に迫る安易な勝利から、繁栄するものが、繁盛を謳うころには、孤独を乗り越えられずに、言葉に誤りを含み、今に浸る悲劇から、悲観するだけに、絶望が占領し、有する形に起源を用い、今を磔にし、破壊的な浄土や、半径に迫る意味を迎撃するだけの孤独な兵士や、平均点を謳うほどに、用いられる限界へと加速し、感情的になり、担う意味も、真相を損ない、そこかしこで、誰かを恨むことでしか、状態をキープできずに、きっと未来は、明るいはずである、と希望的観測でしか、物事を判断できなくとも、その希望すら失えば、今に嵌まる闇は、ずっと暗闇でしか輝くことを知らずに、言葉も誤りが示す散漫な意味をちりばめ、今に酩酊し、寛容さを損ない、そこかしこに閉塞的なものを生み出し、今に魔物を生み出し、奪い合うだけの悲劇から、貧寒な現在に裁かれるだけの購う身体や、理屈を吐瀉する鳥たちの悲鳴や、ミメーシスを用い、大概の理由に相似していくだけに拗れる後先に悲劇を生み出すだけの退屈な身体や、傲慢な精神にもとづくエゴと行為に引きずれるだけの緩慢な悲劇に撃墜され、苛む身体は、空虚な精神の反応に気付かずに、いびつな敬神へと至り、がんじがらめの現在に降り注ぐ粒子や、言葉の細流に触れ、敷衍する意識は、凄絶な時を浴び、諦観するだけに至る空疎な交わりに阻まれる。

 一貫して溺れる君の切なそうな表情にサディズムを加速させるような人間性に綻ぶ由縁や、帳尻合わせるためだけに、時間的な余裕を放つような懐かしむ場面に倒錯を呼び込むような悲劇的な人間が、ファシズムへと加速していくようなアンニュイな利息から、輪唱される神話が意味を放ち、今に放牧されるはじまりの動物として、今に交わり、抗いながら、従属することでしか、自らを表現できないように仕向けるような情報的な倒錯を生み出すほどに、今に欺瞞を用い、アイロニカルになるほどに、その洗脳から抜け出せずに、情報側が用いるものの中でしか、判断を下せずに、空疎なクーデターへと至るような破壊的な心因にもとづく迎合されるだけの芸術性などは、今に退廃するものであるし、永続するような藝術には至らずに、いぶかるほどに、魯鈍に汚染されるだけの現在に嬲られるだけの情交へと至らせるような、永遠性を用いる継続的な専横から、旺然と生まれる卑屈な感情が、がんじがらめになりながら、対象を羨むことでしか、資本主義的な傀儡としては、生きていけないのだ、と幼気な者が、情報をまとい、自らをマネキンとして、流行りもものを孕み、産み落とすような悲劇的な攪拌から、改良されるだけの空虚な身体や、矯激な言葉を吐き出し、破壊することでしか、自らを調律できないような音をたどるプログラミングされた豚や、ぶしつけに迫る物質的な乖離から、懐疑的な日々に迫るニヒリズムに打ち克つべく、慟哭するだけの自然主義に偏り、何かを捨てるだけで、カタトニーに陥るような人間は、人間から脱しようとするほどに、脱せずに、人間的なものの中でしか、逃げ惑うことしかできずに、人間からは、逃げられずに、人間的なものの中で隔離され、その隔離された中で生み出すような理由を自由に帰巣させようともくろむほどに、魯鈍な者へと陥り、諦めるだけに至り、浸る今に生み出される理想は、過激なものへと移行し、行為は、従順な者だけを愛するようになり、担う意味も怯え、おぼえもなく怯える身体は、誰彼かまわず攻撃するだけに至り、恒常的な苦しみが蔓延し、演じることでしか、意味を生み出せずに、惰性で暮らし、生き死ぬことが、達成である、と宣言することでしか、自らを正すこともできず、ただ、気付く時は、危機が迫り、今に迫るカタストロフを、どう対処すべきか、という時にしか、人間とは、本質には気付けずに、気付いた時には遅く、そこで対処する方法すら見出せずに、孤独に死ぬことでしか、苦しみを解消できずに、今に倒錯し、正すべき事実も、今に用いられる意味に利用され、答えに関与するものでしか、意味を判断できずに、今に意思を奪われ、いびつなものを抱え、今に応じる答えだけに、領土を明け渡し、意味に沈み、意思を失い、今に用いられる軋轢に苦しめられる。