読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

反響


 反響する音が蓄積され、身にまとうノイズが、同じリズムを積み重ね、用いられる等差や、リズムが突き放す衝撃や、ベクトルが違うからこそ、ぶつかり合う衝撃は互いの間で緩衝し、与え合う影響は、即座に諦観するだけの者や、低劣な文言から放たれ、導かれる答えや、行為にひしめく嘘や、知恵も無く、妨げられるだけの過去や、ここから結ばれる無数の意識や、形式的なものにおののき、自らを消費する限りに陰る本質などが、うそぶくだけの街が、緻密なものを謳い、用いられる悲劇や、喜劇的な街の快楽を求めるだけの寸前に与えられる影響などが、退嬰的なものに変わり、事実をモニュメントに変えるだけに専念し、唾棄される瞬間は、徒労を重ね、誰かを憎む事でしか、自らを昇華できずに、さらなる苦しみと同化する事だけが、正義のように告げられ、つくづくに迫る鈍磨な関連性や、貪婪な者が支配するだけの闇や、束縛される観点や、関連性を用いるほどに、魯鈍なものに陥り、偏向するだけに至るような痛みから、怠惰なものが繁栄し、自らを未熟なものとして、指定される義務に空疎な問答を続ける事だけが、自らの誤りを正す事のように覆い被さる閉塞感や、平衡する意識に受理される意味などに束縛される限りに、陰る本質は、キャピタリズムが生み出す苦しみを培養させるだけに至らせるような悲劇を受注し、同じ苦しみの中で溜め込む寂寞だけが、正攻法の理由へと基づき、疎ましい現実に清貧なものを掲げ、何かを捨てるべきだ、と超越を謳い、多目的に培養する恨み辛みを用い、ルサンチマンへと加工される品位から、厭うだけの現在に利用されるだけの人間的な過ちが、現行に攻め入り、執り行われる義務だけが、本質へと至り、真実に義務づけられたものだけが、幼気なものであり、分かち合う事だけが、理解し合う事である、と宣言するようなセンテンスから、鮮明な過去などに覆い被さる原点や、迎合されるだけの幼稚な論理から、こしらえられる言葉に罵られ、能動しているかのように示すような場面も、操作されているだけに満たず、何かに指図される限りに、生み出されるものだけが、創造的なものだ、と勘違しているような倒錯から、等差を引きずり、卑近な答えにオートメーション化された史実に沿い、聡明なものをあたかも抱えているかのように示すような間柄に迫るセンチメンタルなひずむから、リズミカルな意思すら無く、陰惨なものを溜め込み、互いを怠惰なものに染め上げるだけに至らせるような悲劇から、貧寒なものや、愚弄するだけの価値をシステム化させ、終日に迫る主体性も無い会話から、かいがいしくむさぼるだけの無為の者が騙る原理的な理想から、理念は、弁証法的な対話から、自己を高次へと至らせ、そこで保存されるものを保つためだけに、絶えず何かを見下し、陥れるような行為に浸るような等差を用い、何かを卑下する事だけが、唯一の正解へと敷衍させるような企みこそが、姑息な者を蹴散らし、唯一の正義へと至らせるような仕組みを作り出すのだ、と新たな力を用い、一党独裁的なものを作り出し、終わらない闘争を生み出す仕組みから、捉えるべき理想も、利用されるだけに至り、用いられる対価から、体感すべき愛も、与えられる価値で測られるだけに至り、貧賤な者が生み出した価値に阻まれ、今に生み出される苦しみを倍増させるだけに至らせるような損得から、空間に用いられる価値はゆがみ、空間的なひずむに迫る反撥や、反抗する限りに陰る本質は、似たような価値を、贋物の正義で加工し、回帰する意味を、未だに引きずる事でしか、本質を示せずに、使命感に汚され、運命的な昏睡から、昏倒する意識は、夢の中で裁かれ続ける夢遊病的な接続から、生命的な危機に妨げられ、済世を謳い、救った後で、自らが統治する仕組みを生み出し、そこで、がんじがらめになる人民として区分され、同じような仕組みの中で否定され続ける事でしか、生きている実感を得られぬように仕組まれる事だけが、唯一の幸福感を癒やし、そこで用いられる快楽だけが、自らの世界を救うのだ、と妥当な位置から引き取る意味を引き出す事だけが、克服へと至り、そこで与えられる快楽だけが、需要する意味を受領する事だけが、唯一のしあわせへと行き着く近道であるのだ、と教育する事により、リアリズムは損なわれ、与えられる影響でしか動けぬような人間を作り出し、プロパガンダが横行し、コマーシャリズムが促すしあわせな家族という幻想から抜け出したネットワークの革命家たちがうそぶく原理や、制限を生み出す者を打ち破り、裏切るほどに、自らの過ちにより、魯鈍な者へと変化していくような陰りから、物事に固執するほどに、自らの暗闇に飲まれ、自らを救出するためだけに、ためらわずに誰かを餌にする事だけが、自らを救う鍵である、と負荷を謳い、用いられる言葉だけが、本質を捉え、真実を引き取り、卑近なものを打ち破り、真理へと迫るのだ、と狭い価値が謳うだけの意味から、領土を奪い合う量子的な悩みに統合される原理的な収容から、要理に迫る原典を引き裂くような批判的な回答から、乖離していく自己に貧寒なものを掲げ、相続する意味だけが、今を育て、惰性な仕組みに戻され、同じような過去を延々と繰り返し続ける事だけが、しあわせへと至る道であるなどと促すような信仰的なものに放つべき敵愾心が生み出す屈折した論理から、法が生み出す屈折を衝突させるだけの商法だけが、本質を突き破る事のように示される間に用いられる影響に起因するものだけが、物事の本質を語るように示される事にも、汚穢は現れ、今に与えられる穢れを取り払う事が義務化され、有する道徳を尊く思うべきだ、と損得は騙り、介在する意味だけが、確かな影響を与え、今を案じ、有する価値こそが、正しいものだ、と宣言する。