読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

凝固


 言葉は、影に覆われ、可変し続ける夜に普遍的な意味を反復させ、頒布されるだけの理由を製造し続け、短絡的な動機を幽霊に変え、牽制を繰り返し、利己的な修繕から、収斂し続ける事に収奪される理由や、集団心理に巻き込まれるだけの悪意に潜む今が瀰漫し、不満足を謳う限りに陰る本質は、貧相な意味を掲げ、価値観を屠りながら、勘違いを続け、怠慢になるだけの意識が、担う意味に復讐を続ける意識的な軽薄さに関わり、加工されるだけの原理に症状は軋轢を重ね、簡単に理由に舗装されるだけの原理は、同じ過ちをくり返す捕囚から、終焉に交わる行為から、悲嘆に暮れ、貧寒な俗物と化し、陥穽に嵌まり、はびこる悪意に捏造されるだけの原因へと緩衝しては、あらゆる妨げを屠り、代償を謳うだけに横溢する苦しみは、慈しみを謳うほどに、いつわりを溜め込み、鬱屈していく精神は、貧相な意味を掲げ、意思は葬られ、考えを損ない、行いを牛耳るだけによじれる精神は、高揚感を損ない、そこかしこに貪婪なものを掲げ、垂涎するだけの意識は、他者のモラルを引き連れ、今に居続けるほどに、魯鈍なものに関わり、かじかむ意識は、自覚する以前に騙す事だけに専念し、何かを扇動する事で得る快楽だけが、今に退廃的な事業を促す。運命論者がカタルシスを促し、即座に保たれる均衡などは、意味にほどこされる距離に諦観を促し、浪費するだけの観念は、形成される意味に保証されるだけの義務へと拗れ、狭い意味を加工する事でしか、自らの満足を癒やせずに、用いられるものだけが、正解を重ね、世界をまとうものであり、そこに真っ当なものを運ぶのは、与えられる影響に補足されるものである、と宣言するような権力の外観から、おとずれる敵意をそらすためだけに、用いられる善意が、今を補修し続け、用いられる出来事で加工されるだけの現在に来る意味が、機械的な同調を執り行い、行いに牛耳られながら、本質を濁すためだけに、こびへつらい偏るだけの体制を生み出し、快晴を知らずに、ただ曇天を泳ぐ体系に関わるほどに、自らを濁すような終末論者が私有するペシミズムに降り注ぐ黒い雨や、あいまいな現在にもとづく定理などが拗れる先に悪臭を放ち、懐かしむほどに、腐るだけの過去から、枯渇するここまでの苦しみから、悄然と引き返す意思は、自らの苦しみを加工する精神的な衰弱から、カタルシスへと至るべき苦しみの報償を求め、脳内に循環する快楽が今の苦しみを純化させるのだ、という幻想から、原理的な苦しみは、利己的なものを謳歌し、今に甘受する苦しみを理解せずに、現れもたらされる苦しみだけを感化し、感情的に倒錯するだけの今に位置的な苦しみは、意外性を用い、もたらされる苦しみに循環していく意識的な汚穢から、横溢する苦しみがハミングし、一体感などを求め、対価を用い、集権的な意思は、ひとつの権力を独裁にまで持ち上げ、自らの権力だけが、一切に代償を支払い、義務的な意思は、空疎な意味に鬱積し、現れる苦しみに厭うだけの感情は、昇華しきれずに、今に現れる欺瞞に塞ぎ込み、均等な意味を孕む現在が延々とフラクタルであり、どちらをとっても、どこまでも、同じような分散から、散漫な意識は、惨状を加工するだけに意思は紐解かれ、火元となる苦しみを鎮火させるためだけにためらわずに体系を打ち砕くような革命へと至り、いつわりの苦しみから、悲観するだけの苦しみに起動し続けるだけの機械的な過ちから、あいまいな現在に用いられる苦しみから、理想は、供給される狂気に浸り、絶望が呼び覚ます空疎な幻想に至るほどに、力は収穫され、苦しみに攪拌され、自らの力は、外から用いられる圧力に耐えかねずに、誰かが用いるルールに拘束され、効率良く生きるためだけの金言だけが、すべての起源のように扱われ、今を織り成し、作り出した哲学も朽ち果てたキャピタリズムの内外に果てるだけの倫理観や、観念論や、弁証法などは、利用されるだけに至り、価値観を屠るだけの原理を踏み台にし、セッションを繰り返し、継承するものや、過去から飛来した痛みのミサイルにより、焦土と化した精神は、意味を梳かせずにからまるだけに浸る苦しみにうなだれ、促されるままに苦しみを補填し、悲観するほどに関する理由は、幼稚な意味を孕み、破壊的な情緒は、やがて、すべてを破壊するだけのニヒリズムに浸り、いぶかるほどに増していき、邁進するほどに、慢心を生み、すべてを踏み台にし、利己的なままの精神は肥満化し干渉するほどに、誰かを苦しめるためだけに、ためらわずに入り込み、背徳を謳い、用いられる苦しみを反復させ、今に苦しみ事だけが、物事の全容を知る事だ、などとうそぶく者を信心し出す。