時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

原罪から抜け出す魔法


 先々で阻まれる思いが従属する影から、形を引き出し、誓いを得るためだけに利用するような理由から、断続する価値が締め付け、使命感などをうそぶきながら、近付く意味から引き取る前衛的なものを引用し、藝術的な昇華から、逍遥する思いが、散漫になり、担う価値などの奴隷と化すだけに至るような気持ちの奥底から敷衍する靄や、切り取るだけの形に露骨に迫る価値から、回帰するものに乖離するだけの思いが脱落者として生きるだけに至るところに文明的な枷を嵌め、世界を狭め、今に罵声を浴びせ、正解をゆがめながら、政治的な蛇行から、肥満化する意識は、システム的なものに陥り、機械的な論理から引き出す阿諛迎合に至るだけに近道を行き、言い続ける限りにねじ曲がるだけの意識に思想などをなじり、植え付けられた儀式的な専横から、教育的な矯正へと交錯する一生から、途端に陥るだけの闇に入り込み、利得を促し、殺伐とした行間に嵌め込む言葉が操作するだけの意識的な齟齬から、交換されるだけの軽薄な論理から、束縛されるだけの身体は、他者の意思を借りて、意味を捏造するだけの復元的な互換性の媒体として扱われ、空疎な身体は、理解を得る以前に、得るための道具として、空虚な身体を傍観する乖離する理想から、離人的に見過ごすだけの心と体の齟齬から、記憶にすり込まれた敗者としての意識から、シンクロする意味に信号的な快楽を受け取るだけの受容体として、呪詛を促すだけの安易な機械として生きるだけの即席の自由をカスタムするだけの即身仏として、死滅しても尚、意味の謀の中で暴走するだけの観念を、宗教的なエンコードに巻き込み、エクソダスすべきだ、とスペクトラムをずらし、汚すだけの精神的な制止から、制限を用い、一途に恋する描写にしみこむ市民的な虐待から、カタトニーを引き出し、カタストロフに至るようなニヒリズムを引きずり、いじけるだけの対応から、傲慢な正義が、悪を利用し、他者を巻き込む死へと捏造されるだけの戦争を引き出し、緩慢な作用を与えるだけの負債を抱えた正義が演じる正義こそが、いちばんの悪を引き出し、悲観するだけの正義が、システム的な過激さを引き出し、悲観するだけの幼稚な連中を捜査し、演技的な革命へと至らせ、それを取り締まる義務から、凝固するだけの観念は、関連性の凝固剤として、正義を投下し、そこで執行されるだけの法がまかりとおるほどに、縫合される思いは、他者から引き取る悲観的な感性へと巻き込まれ、情報に飲まれ、意思は、譲歩するほどに、魯鈍なものに陥り、応じるほどに、偏見を盾に、見解をつぶし、濁す真実から、真相は闇の中よりも、身近な光の中で攪拌され、用いられる普遍性の中で末梢され、慢性的な痛みを徘徊するだけの病を加速させ、夢遊病者のように生き、労働を快楽に変えるような金言ばかりが媒介し、あらゆる権化を引きずりながら、卑近なものを生み出すだけの意味をくみ取る事が、正義のように扱われるほどに、権力とは暴走を続け、思考を壊す事だけに特化した義務化から、加速していく人間的な機械論から、倫理観をリリカルなもので濁すような複製されるだけの真理を持ち上げ、自らこそ正しいものだ、と専横するような主義を売買するだけのアカデミズムの歪みから、リズミカルな意味を引き出す私は、卑近なものが生み出す模造品や、妄想やらが押し引きを繰り返し、空疎な理想を放つだけのインテリから、空っぽな理論が塞ぎ込み、自らの幼稚さに誘致される者だけを、正義のように扱うような陰りから、日照りを生み出すだけの政治的なまやかしすらにも反応せずに、亡霊のように生きるような形あるものの終わりを引き出すだけの宗教的な空疎なコードに引き立てられるだけの理由などに引きこもる事も空疎なものであるし、ただ、信じるべきものなどを促すよりも、合致しないままに、自らをマニュアル化した事だけで、生きてるのだ、と妥当な位置から引き出すような意味に悲観する事こそが、いちばんの空疎さを引き出し、自らを獣にも変え、化け物にも変え、明日を恨むような者に陥る以前に、全容になびく風に吹かれるがままに、緩慢な詩人として、原理的な主義を謳うよりも、保たれない均衡にもたらされる悲劇を謳歌し、かじかんだ身体に時間論を投げかけるよりも、理想を供給するだけの倫理観から外れ、自らのアルゴリズムだけが、確かなものを配置し、配備される間に十全としたものが生まれ、一体感や、同一化を謳うよりも、今にもたらされるものが、保たれるものを促し、物事におののくよりも、揺動されずに、動向するものに反し、自らにも反し、関する間に保たれるものがもたらすものなどは、所詮、誰かの言葉を借り、借り物の意味を引き出すほどに、ゆがんだ理想を生み出し、誰かの可能性を否定し、卑下する自己から、自己否定に至り、釈明するだけに浸るだけの余暇から、誘導されるだけの幼稚な企みから、錯乱するだけの自己から、利己的なものを引き出し、悲観するだけに至るような道筋を通るほどに、魯鈍な者に至るだけであるし、やがて、滑落する意思は、溌剌としたものを持たずに、保たれる意味だけを用いるほどに、ほどこされる意味へと露骨な支配を受け入れ、運動的な批判から、貧寒なものを生み出すだけの理想を流動させるだけに、偶像崇拝は進み、荒んだ意味を口ずさみ、くたびれた身体を引きずる事が、かっこよいもののように扱われる美徳などは、誰かを動かすための空疎な言葉に過ぎず、過去から引き出した意味などは、意味に引きこもっているだけに過ぎず、そこで償いを求めるだけの継ぎ接ぎだらけの言葉に過ぎない訳であるし、そこで用いられる理由などは、利用するために拘束する意味へと引き込むだけの今に引き出される意味などは、やがて、誰かを利用する事だけに特化するのであるし、そこで吶喊されるものなどに入り込むだけの支配を受け入れる事だけが、しあわせである、と勘違いするような今から、欺瞞だけがまかり通り、理由は、理屈を捏ねる材料としてだけ現れるような欠如から、理性を伴わず、本能だけが、今を利用し、欺瞞へと運び出される死へと往復するだけの服従から、複製される真実は、悲しみを生み出す機械として騒々しくうごめき、等差を作り出し、利己的な機械として、理解を得る以前に遅効を繰り返すだけに至るような精神と身体との溝から、満ち足りないから、と勝手気ままにうごめく心情は、愚行へと働きをかけ、経過に嵌め込まれる意味から、伝達するものが破壊へと至らせるまでの距離をカタルシスへと誘う事で、何かに従う事を正しい事のように見せつけているだけに満たない事に気付くべきである。方法論は、法に加工されずに、遡行する意思は、品位をまとい、意味を保つ事だけに専念する事により、穢れにすら気が付かぬものである。数多ある理由を引き出す痘痕を生み出すだけのプロセスを引きずるほどに、その穢れだけが目につく。見え透いたものを信心するよりも、まず自らを見つめ直すよりも、今に与えられているだけの、あたかも、正しいとされているものを、見直すべきである。