読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

精神的な飛躍


 空虚な身体は保身を抱え、妄りに嵌め込む意識的な虚空や、交通し続ける先に緩慢に作用する原理や、理解をほどこす以前に、怠慢な理由を放送し、耽溺させるだけのメディア的な理想へと供給されるだけのプリミティブな罪を配布され、共通する意識から、傲慢な選択へと至らせるだけの狂気に疎外させ、多目的な理由や、ルーツに混在する意識的な汚穢を敷衍させ、巻き込まれる意識は、儀式的な生贄として、散漫に配される間にジレンマを抱え、自らの戦場へと課せられる義務的な調和から、超克されるべく苦痛をもたらすだけの猜疑心を抱えた日常に迫る、誰をも羨む心から、ことごとくはキャピタリズムの中では立派な歯車として生きる事だけを目的に、或いは、ぼくとつに生きるべく、仏教的な対話から、何もかを捨てる事だけに現れる強調されるだけの質素さに専横され、自らの欲望に素直で無いほどに、何かに偏るだけに至り、何かを捨てようとするほどに、自らに倒錯し、等差を生み出し、自らの死の内部で磔にされ、死をも捨て去る間に生まれる分裂的な多幸感が簡易に備わり、安易に排出される理由に磔にされ、自らの死を傍観するだけに至るか、或いは、薄明な時折にロジカルな平等をこしらえ、卑近な愛を用い、元手となる愛は、資本的なものに破壊されるから、と赤い鉄槌で打ち付ける傲慢な差異から、散漫な意識に配される愛は、平等の名を騙り、平らにしようと何度も打ち付ける轟音が響き、日々に嬲られる前に、この疲れから排斥されるだけに、苦痛の徴候に閉め出され、感化する以前に、大量に覆い被さり、いぶかるほどに、現れる苦しみに覆われ、嘔気を重ね、心ない何かに課せられる義務から、空疎な意味を吐き出す口を縫うほどに、魯鈍な神経からあふれ出る憂鬱のシンフォニーや、フォルムを汚し、慧眼に至る前に、現れるものを見つめるほどに、強調される痛みが、些細な動機に射し込む光の優美さに包まれ、つくづくに迫る生命の語源や、悟性を失い、ないがしろにしていた主体性から、集光し続ける先にバビロンの憂鬱や、吐き出される先に疎外され、境目も持たずに、用いられるものに疎外されるほどに、よろこびは俯瞰を覆い、何かを見つめるほどに、そこで現れる苦しみにあらわされるものを昇華させ、死は、なりあいを潜め、そこかしこに結ばれ、弔われる。形を用い、誓いを生み出し、制約され、規律を生み出し、そこで強調される罪の意識を生み出し、用いられる意味に浪費されるだけの観念を計測するだけの見知から、勘違いを生み出し、補足されるだけの関係から、経過するだけの意識に護送される囚人として、生きている限りに罪は増え続けるのだ、と傲慢な者が示す領域から増幅する罪の意識に拘束され、強制的に従事させられる罪の意識の中で苛まれ続ける事により、従う事だけが、楽な方法であり、そこで課せられる方法論などに相姦させられるだけの他者の身体を介さぬ同じ血の中での交わりに促されるようなデリカシーから、過信するほどに生まれる魯鈍な決別から、空疎な領域から現れる忿怒に飲まれ、分泌し続ける憎悪に修復される最低な日々を補足するだけの浪費される観念は、還元される苦しみをめくり続け、集う意識に排斥されるだけの痛みに分裂していくだけの意識的な汚穢に加工されるだけの品位を即し、疎外感を促し、観点に疎外され、置いて行かれる身体のいちばんの理解者として、懐疑的な日常に派生する真実の進路を妨害し、忘我の境に至り、何かを忘れ去る事だけが、痛みを取り払う義務的なギミックに変わり、絶え間ない痛みを疎外させるほどに、痛みは舞い込み、何度も苦しみを再利用し、そこに現れる苦しみだけを正義であり、そこで備えられる苦しみこそが、よろこびである、と告げる先に現れる苦しみなどに鬱積する状態に移行し続ける先に現れる非現実的な昇華から、逍遥する意識は、時折に歪み、ここに時間的な猶予を用い、戻されるだけの距離から、嚮導する者が犯した罪を課せられるだけの他者に移行させるための罪を体感させようと強要し、そこに現れる痛みを同調しようとするだけの感情の互換から、全体主義的に移行するだけの精神性から、制圧されるだけの精神に浸るだけの起源から、機関的なまやかしから、あいまいな現在に点在する意識的な合成から、生後から抱える罪の意識を背負った分だけ、退廃せずに、昇華へと至るような創造性が表れ、そこかしこに備わるだけの意味を乗り越え、その場で超える事だけを目的に答えを持たずにさまよう先に現れる迷いすらも、ここに現れる答えを弔い、後退せずに、ただ進み続ける先に産み続ける意味がたゆまずに、この場で伸び続ける事だけが目的であるし、あらゆる意味を飛び越え、怯えても進む事だけが答えを乗り越え、ここでこしらえられるだけの問題を提起されるものに反し、現れるものだけが真実では無く、そこに現れるからこそ虚偽であるし、ここに連ねられるものなどに法則的なものすら無く、そこですがるだけの宇宙との協調など無く、そこで外れるだけに至る個人的な郵送から、憂鬱へと返事を続ける不安の神との対話を終え、そこに現れる苦痛すらよろこびに変えるような創造性だけが抵抗を加え、そこで苦しむ限りに下される意味に欠乏していく意識的な諦観を呼び覚ますだけの他者から借りた意識にカスタムされ、課せられる罪をかぶるだけの代償の対象として、今に苦しみを帯びるだけの低劣な主義から、思想を借りるだけに軽薄なものや、経過するほどに保持する重圧に押しつぶされ、偏るだけに至るような共通の意識に儀式的なものを生み出し、意味からはみ出す事もできずに、自分の空疎をねぎらうように、何かに依存する事だけが、答えを捏造し、今に現れる苦しみを同じように苦しみように、と自らを強制的に抑圧させる事から逃げられずに、同じような過ちを何度も繰り返す事が儀式的に執り行われる事だけを、答えのように扱う事に現れる憂鬱に従っているだけなのである。