読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

なにものにも屈さぬ意志


 君の泣き声が空の彼方まで広がって、注がれる愛や、供犠の生贄として、遙か無知な胎動に囲われ、恒常的なよろこびを放つだけの君の呼吸が、答えすら持たずに、個体として生きる揺動から、敷衍し続ける思いが、行いを超え、ないがしろにしている答えを飛び越え、途端に現れる確かな思いが、ここで思い出になる前に、プリミティブな衝動や、正午過ぎにあふれる折檻の声や、暴かれる真実を黒く塗る君の律動から、輪唱する神話を超え、心ない真実に投下される爆弾の音や振動が後続し、あらゆる論理をかき消すような轟音が鼓膜をつんざき、実証実験の中での餌として扱われる悲劇的な小生に現れる諦観などを乗り越え、口実に結ばれるだけの正解などは、所詮世界を諦観で埋め尽くすだけに至らせ、至らぬ思いが、そこかしこでジレンマを抱え、肥大する苦悩が、能動性を汚し、慧眼に至らずに、穢れた目で惰性に物事をにらみ付け、退廃的なモジュールとして、生産的に生きる事でしか、答えを答えとして応じるだけに至るような兌換だけが、勝敗を分けるなど、と魯鈍な者が示す差異だけが、生きる事での差額を生み出せずに、ルサンチマンを引き出し、機関的な愛憎から、あいまいなマインドは毎日にデリカシーなどを求め、統合されるだけの日々に露骨な支配を求める事だけが正解へと導かれ、確かなものへと変化していき、経緯に悶える兼用されるだけの事実にリリカルなものすら無ければ、欲望のままに促され、誰かがよろこぶ事が、誰かをしあわせに導くなどと魯鈍な正否を促す限りに、陰る本質は、真実をうやむやにしては、妨げを生み出し、アクセスできなくさせるだけに済世を促し、度重なる暴虐の日々に緻密な意味を排出する限りに偏り、勝ち誇るだけに至るような正否にもとづく清貧な事などは、所詮は、偏った視点でしか、物事を見つけられずに、そこに現れる魯鈍な観点から、諦観へと誘うだけの卑屈なロジックや、浪費するだけの観念が生み出す観点などは、物事を確かなものだ、とむやみやたらに信じる事だけに専念し、旋転する意思は、制限を生み出し、宣言に騙され、混沌へと誘われ、途端に苦しみを媒介しては、惰性なものへと陥り、応じるだけに浸る意味から悲観するだけに至るような意味に関するほどに、言い分けがましく、徒に日々を消費する事だけがキャピタリズムのしきたりのように思い、扱われるだけの空虚な身体を引きずり、与えられた権利に惰性なものを重ね、自らこそが正しいのだ、と惰性に引きずる身体が、故郷を求め、或いは、帰る場所などを謳い、返り血を浴び、罵声に耐え、絶え間ない苦痛を敷衍させ、普及される普遍性の中で卑屈な者として、意味のモデルケースに吐瀉する応益的な諦観から、訂正されるだけの真実に縫い付ける人畜無害だ、とうそぶく惰性な愛から欺瞞を生み出し、不満足を謳い、足りないからと求める愛などは、愛に至らずに、名ばかりの愛は、名付けられたものに汚され、その場で傷つくだけに至り、体系的なものに処される意味などに刑罰を与えられ、それこそが敬愛の念を抱いている証拠なのだ、と魯鈍に吐き出される意味がハミングし、反響する音が脳内に響き渡り、洗脳され、占領される間に専横的に示された意味に閉め出され、洗脳された意識は、誰かに正しさを用い、何かで専横する事だけを目的に変え、多角的に物事を捉えられずに、惰性な判断だけが、正解へと導く近道である、と嚮導する者などは欺瞞的な者であるし、不満足を武器に、快楽へと導くだけの傲慢な機械兵であるし、閉塞的な観念を植え付け、判断を誤らせるだけに至るような意味から、不安を促し、同調する不安だけが、与えられた不安を解消する手立てであり、そこに用いられる不安などは、他者から媒介し、与えられた不安を、あたかも自分の不安のように示す事でしか、解消できぬ悩みなどは、悩みに至らず、与えられた不安を自分のもののように示す事でしか昇華できぬサディズム的な消費から、逍遥し続ける精神はシステム的なものに捉えられ、意思をとがめられ、もとづく意味を惰性に判断し、虐げられるだけに強制的なプロセスへと移行していくだけの苦しみの供犠の中での生贄として生きる事だけが、答えだ、と高圧的に攻め入られる顛末から、天啓を得たのだ、と勘違いを施し、安易な意味への欠落から、答えへと欠如し続けるほどに後悔などを促し、退廃的なものへと陥り、瀰漫する不安は、今にもとづく不平不満を枷に変え、苦しんでいる事を演じるだけに至り、現時点に備わる苦しみは、誰かに与えられた影響により、その不安におののくだけの苦しみを演技的に消費する事だけが、現時点の苦しみを消費し、交わる苦しみを解決に至る証拠へと引きずるだけの過去からの影響を今に絶えず与え続ける事だけが、惰性な苦しみから逃れる方法である、と宣言する間に散漫な意識は、次から次にちぐはぐな苦しみを生み出し、意味を分散し、今に与えられる苦しみに虐げられ、従える意味などを乗り越えられずに、今に与えられる苦しみを、過去から引きずった意味で解消しようとするようなデカダンな答えなどが、有史以来、意味を卑近なものに変え、答えを、卑屈にねじ曲げては、真実をうやむやにし、意味の無いものに意味を授け、あたかも価値があるように示した辺りから、苦悩は肥大化し、悲観し続け、そこで従う事だけが、唯一答えを乗り越え、今の苦しみを麻痺させるために従事し、従属する事だけが、苦しみを乗り越えられる答えであるのだ、と促すような答えこそを蹴り上げ、自らが生み出す意味だけで、答えを乗り越える事こそが、不安をかき消す事である事を知るべきなのであり、何かに促され、誰かに与えられた答えなどの一切は、まやかしであり、自らが産み出す決意だけが、本質に至るの、だ。