読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

散漫な正義


 彼女たちは、宗教的な和解を求め、聖なる父親像を高めていき、自らを狂わせていく。性的倒錯の夜から、森羅万象を書き換えるリズムに鬱積していく秩序を乗り越え、形成される騎士団に弾圧される前に、自らのタナトスに打ち克ち、性的に映じる死から逃れ、ニヒリズムを乗り越え、原理的な行為にもとづく正義に頓挫せずに、蓄積される幽遠にそぐう価値などに遭遇する前に高圧的に迫るセンチメンタルな夜から、ペシミストが改ざんする会話から、弁証法に至らずに、対話に用いられる卑屈な改善策から、塗布される屈辱を重ねた血にメタファーすらなく、与えられる影響をそのままに受け入れるだけの破綻者が枢要なものを持ち出し、何かを犠牲的に支配するための革命の狼煙を掲げ、換算されるだけの資本主義的な衆愚が生み出した腐臭を漂わせる傀儡政治の屍として、製造されるだけの品位を保ち、そこに欠如を告解を与えるだけの悔恨の棺に収められるまでのよどみを増やし続け、一過性の真実や、影や形も無く、あざやかさも無いものに占領されるだけに至るような価値を促すだけに羽交い締めにされる意味から逃れられずに、ずっと続くからといって、そこに権威的に備わるだけの愚鈍なものの至福に関わり、関する間にジレンマを与え、相対する先に生まれる意味などが、今に結末を生み出し、そこで終わる事だけを観念的に備わらせ、猥雑な思念から、略奪を叫び、収奪されるだけの論理から、軋轢を与え、猜疑心を生み出し、今を踏み台にし、台無しにしながら、品定めされるだけの人間的な悲哀から、求められるほどに苛立つ本心は、本能のままに裏切りを重ね、システムに吐瀉すべきまがい物の史実から、真理を用い、自由で拘束するだけの自由に立ち尽くす現代的な傲慢から、浪費し続ける先に現れるみすぼらしい現在に浸るだけの官能的な批准から、垂涎するだけに至り、幼気な者にすら体系を与え、そぐわぬものを処刑するだけに至るような権力的なものからの脱獄を重ね、圧壊する前に、自らを放置しては、妨げられずに、何かに加工される前に、囲われるだけの意味を蹴破り、自由自在を謳う前に、自由である事に束縛されるようなジレンマを乗り越え、寛容に受け取る先に愛しいと思えるものは生まれ、思う前に備わる出来事だけが、唯一愛と名付けられる前に、愛すると思う以前に、「そこに現れるものを、現れるままに愛する事を始める事を、愛と呼べる」か、と促す先に現れる裏切りから、即座に転嫁していく対象への憎悪から、散漫な意識が生み出す嫉視や、熱病を重ね、乖離していく精神から、正義に滑落し、悪を元手に、悪をモチーフにしながら、肥大化していく憎悪を増幅していくだけに至るのが、人間的な誤りであり、そこに語弊や誤解を生み出す限りに陰る本質は、精神性を謳う限りに陰るだけの出来事に恍惚としていき、狡猾なほどに生きやすいようなたやすさを生み出す限りに本質とは、保守的なものに守られ、そこに偽善的なものや、まがい物こそが、この本質を正すものである、と宣言するような法からの脱兎を目指し、弁証法的に補完されるだけの意味に引き取られ、そこで昇華に至らずに、止揚される先に生まれる差異から逃れるだけの軋轢が生まれ、そこに倒錯していく自己から、欺瞞を生み出し、差別的に繰り出す裏切りから、乗っ取られるだけの身体を葬るだけの過去という棺にしまわれる悲しみから、終焉に巻き込まれる身体は、どこか他人を介し、認識を高めるだけに、互いを嫌いながら、同族嫌悪や、隣人愛などを用いながら、互いをとどめるだけに至るような精神的な不在を埋めるための快楽主義的な業火に飲まれ、自らを補足させるだけの意味をリストアップし、自らをよく見せようと示す間に補完される苦しみへと老化するだけの身体を放置し、悪趣味なものを用い、利己的に占める間から、自己批判は加速し、自らを卑下する限りに誰かを恨むようなシステムから、思想が運ぶ混濁に慰留するだけの動機が不純なものを育て、惰性に生み出された意味からエゴイズムは加速し、誰もがナルシシズムに陥り、自分以外を愛せないようになったのだ、と促すような精神分析の欠如や弊害に保たれるだけの均衡に補完されるだけの原理が生み出した意味と罪の間で寂寞をたずさえ、カタトニーに至り、凍り付き、今に磔にされるだけに至り、乖離していく自己を離人的に傍観し続ける死をも超越した時間に引き戻されていくだけの精神から逃れる事もできずに、その場に通り過ぎるだけの何をも介さぬ自己を諦観へと至らせ、そこにとどまる事で、解決していくだけの凍結から、討議だけが、うるさく論理的なやましさを脳内で循環させ、純化させずに汚濁に変えるだけの偏執から、返事も無く、ただたたずむ自己の図々しさに鬱積していく怒りから、排出される汚穢を重ね、宇宙が始まる以前から交わる自己から、阻まれるだけに至るようなファシズムを練り込んだ今に象徴的な神を屠るような結末を生み出すような徹底した憎悪から、はびこる悪意に顛末をこすりつけるほどに、屠られる神とは、自分なのだ、と気付き、自らの苦しみの内で叫ぶような論理的な空虚さに迫る寂寞に吐瀉され続ける苦しみを繰り上げ、制限を用い、正義で拘束されるだけに圧倒される身体は、交換されるだけの空虚さだけを生み出し、死に差額を求め、終わらぬ戦争へと居たらる。