読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

混濁


 青年達は帰る場所も無く、穢れているのは、彼女である、と自らの法で汚す論理から、利口なものほど、魯鈍なものに陥るだけであり、陰る本質から、憎しみを増加させるだけの日々に嗄声を流し、端的な理論に拘束され、後続する意識は、今に悲観し、引き返すだけに至り、利用されるだけの身体は利息が付き、借金を返すだけの日々などに追われるだけの意思は、強迫的なものに引っかき回され、現れる不安との対立を続け、つくづくに迫る不安とは、思うほどに、その不安の強度を増していき、今に不安定に変わるだけに至るだけの精神に秩序などを求めるから、止めどない痛みは、計り知れない恐怖を巻き込み、原理的な憎しみから、びくつく精神は、いくつもの境界線を作り出し、織り成す衝動は、何かの権化として現れる瞬間に習慣的な苦しみを生み出しながら、内外に現れ派生するものが、今を暗澹としてものに書き換え、介する間に情報を埋め込みながら、内面的な疎外感にふえる恐怖を同調させようとするほどに、互いの依存度は増していく訳であるし、そこに生み出される苦悩は速度を増し、互いを生贄として供えるだけに至るような供犠から、教義に犯され、疑問を持つことが、いちばんの悪意である、と宣言されるような間から生まれる肥満化した意思は、悴む決意や、乖離する値や、あいまいな毎日に現れる欺瞞や、裏切りを続けるだけに論調とは引き伸ばされる痛みに意味をなすり付け、血合いを施された空っぽの身体を捕食するだけの彼らの不満から、憤怒を引き出すだけの安易な決議から、象徴的な痛みへと神を引き出し、懐疑的な日常に攻め入るセンチメンタルな衝動から、商法とは、今を屈折させ、生まれる苦しみに増幅していくだけの憎しみを足していき、悲観するほどに、誰かを恨むことdけに充填される物事に補足されるだけの些細な闘争から、倒錯していく本質は、保存される苦しみへと巻き込まれ、苦しみを再現するだけの機械として慟哭し続けることに本質を置き、応じるほどに魯鈍なものを補足し、後続する意識に縦横するものが阻害し、通り抜けられるように措置する間から葬られる今に疑問を投げかけ、何事にも平常心を保ち、尊く現れる疑問に対処し続ける間に増える不安も、案ずる先に生まれる手立てや、そこに即席の理由がほどこす自由などに偶像的な支配を受け入れ、自らを屍骸として受け入れるだけの幸福論的な欠如から、形成される真実などは虚偽であり、絵空事であり、統合されるほどに同じような意味を同じようなニュアンスなどを伝えるほどに、相似したものをこしらえるだけに至り、行為にもとづくエゴに引きずられるほどに間隔とは生まれ、そこに麻痺していくだけに指定される苦悩を同じように味わうべきだ、と悪意を備え、懐かしむだけにいぶかる先々で対抗する意識は、抵抗力を増していき、慢心に至り、浸る意味は悲観するだけに至り、いたわることも忘れ、用いられる答えに利用されるだけの軽薄な理論に相似するだけの自己に相違を伝えるほどに自分との乖離を感じ、理解を得ようと必死にもがくほどに、もうろうとしていく意識は、指定される意味に徒労を重ね、今に邪推するだけに至り、いぶかる先に生まれる衝動は、動向を奪い、研鑽を積まずに、生まれるままの無知さと純粋なままに屹立していく意識の高低差も無く、ただ現れるままに表現する先に抗う詩的な衝動だけが、差異化を進め、境目も持たずに折檻されるだけの身体が促す応答から、反するほどに生まれる関する間に即されるだけの意味に備わるジレンマを昇華させるべく、そこにたずさえる慢心を排除へと至らせ、作成されるだけの真実がほどこす立体的な虚偽から、散漫な意識に迎合される物事だけを取り扱い、それを飛び越えることで崇拝されるような神から受け取る答えなどは、大義を持たずに、ただ短絡的に消費するほどに儲かるようなシステムから、聡明なものすら無く、負担を軽くさせるべく、軽口を叩く限りに陰る本質は怪訝なものを抱え、今に悶絶するだけに至るような軽薄な移流から混沌としていき、慢性的な痛みに変えられる、危害を加えられる意識は、機関的なものに飲まれ、導かれる屈辱や、構造的なものに抵抗せずに、構造の中に取り込まれ、当該する者として生きることの中を徘徊し続け、どこか乖離したように自己を傍観するだけに至るような対立から、精神的な乖離は進み、荒んだ意識は懐疑的な何かを抱え、大義を利用し、領土を奪うために死を利用し、システム的なものに絡め取られるだけの意識は、言い分けを続け、慈しむことを謳いながら、異物感を抱え、居座り続けるだけに至るような今に充填される苦しみにさえずる意味がいびつに変わり、陰鬱なものをこしらえ、拘泥するだけに至るような現時点に促される恐々としたものに主体性は飲み込まれ、そこで誇示し、表示されるものこそが本質であり、それだけが真実のように語るような者こそ怪しむべきであるし、そこに磔にされるだけの意思は、答えを求め、止めどなくあふれる欲と共に流動し、法則的な関係に囚われ、関係性に制度を生み、観念を拘束しながら、肯定的に考えられずに、還元されるだけの意味や、今に欺瞞を生み出し、不満足を生み出し、俯瞰に攻め入る細緻なものに反し、似たようなものを増幅させるだけの幸福などにもとづくしあわせなどは、足りないものを補うためか、求めるほどにほしがることへの際限無い欲望の住処を求めるだけの自由の利用か、と促す先に現れる可能性も、稼働させられるだけの利用から、価値観を謳い、勘違いを生み出し、今に害を生み出す。