時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

あらがうもの


 時代に反するのが、私たちの役目であるし、やがて枯れ果てる前に、この命を使い果たすような行事の後に迫る制裁を待ちわびるような若気の至りが分け隔てなく、惰性なものを捨て去り、散漫な意識に形容されるものなどは、一切に魯鈍なものを持ちこみ、陰鬱なものへと変化させるだけに至り、いたわることばかりを目的に印象に吐露するものが、悶えながら、用いられる原理などにいらつき、路頭に迷うか?徒党を組むかの違いから、散漫な意識は、どこにでも対立を持ちこみ、大義を損ない、緩慢に退くだけに至るような退化から、観点を失い、そこかしこに恨み辛みを用い、持ち込まれる意識に監査され、検査が終わる、と研鑽されるだけに至り、強制的に思念をねじ曲げられ、与えられる意味に固執しては、代償を求め、何かをとがめることだけに理想を供給し、与えられる意味は、対比されるだけに至るような痛みとの交わりから、露骨な支配を受け取るだけの家畜としての生き方や、そこでふさぎ込むだけの行為に貧するだけの永遠性にふやける身体が、こうむるものが自らを退廃に至らせ、寂れたふんいきや、因果応報に往往としていくジレンマを抱えた昼下がりの情念は、燃え尽きたいのだ、と叫ぶようながんじがらめの定理にもとづくエゴから、拘引されるだけの自堕落な差異から、陰惨な誓いに収まるだけの情景に発散される痛みにもとづく提携やら、形体に引きずられるだけの諦観や、鬱積する心情にもたらされる悲劇を攪拌し、関係に能動していくことだけが、唯一の真実を放ち、破綻するだけの印象や、果敢に挑むことを忘れ、澱むだけの思念は、念じられるだけに意味に補填される苦しみを繰り上げ、今に起算されるだけの改ざん的な余波から、要する間に導かれる苦悩や、空洞化する意識を抑圧し続ける憂鬱な演技から、前衛的な意思を持たずに、ただ依存的に繁栄していく快楽の需要から、常用される罪の意識を率いて、その意識の鞭をたたきつけるほどに増していくマゾヒズムから、毎日に裁かれるほどに、快感は原理的なものに拘泥していき、抵抗するほどに、快楽の密度はあがり、快楽を求めるほどに、自らの寂寞が広がり、空洞化していく意識に注がれる快楽を求めるほどに広がる空虚感に耐えかねずに、求めるほどに快楽とは空虚なものを引き出し、その空虚さを埋めることだけに専念し、快楽の傀儡と化するころには、関する意味に葬られ、放置される意思に鬱積していくものが、運命を牛耳り、リンクする意味が悲観を呼び覚まし、機関的なものに備わるエロスや、永劫にほどこされる罪の意識に補填され、抱合されるだけの意識はやがて価値観に屠られ、自らの意思により駆逐されるだけに居たる。退嬰的なエリアに潜む価値観との統合をもくろむ恐怖の意図から、位置に引き出される利己的な意識が責め続けるだけにデカダンスに至り、そこの這いつくばる美醜のものを藝術的に掌握し、昇華させるためだけに渇望する意識を支配し続けるサディズムが虐め続ける時間が永遠性を蓄え、妨げられるほどに邁進する快楽を常用し続ける間に備わるニヒリズムが快楽を増幅させるべく、ベクトルは旋回する意識に転換されるものを最大限に利用し、引用される者に復元されるだけの恐怖に同調するだけの不安感を課せ、加算される痛みや、隠逸していく先に現れるゲシュタルトを子飼いにし、憎むことだけを演じさせるべく、違う自分を何度も反復させ、そこに現れる影響に備わる永遠に沈み込んでいき、混濁していく意識に妨げられ続ける先に援引されるものに利用され続ける余韻や、因果律に反し、はびこる悪意に需要を求めるだけの出来合の真実のプロットを破壊するような反抗心から、はびこる悪意に充填されるだけの成因にもとづく真実などは、ゆがんだ意識が孕む意味を屈従させるだけに至らせるような倒錯を用い、交換される理由や利用されるだけの意志がゆがんだ価値を用い、意思を抑圧させる間に膨らむ憎悪が、造言を続け、増幅する価値に位置的な痛みを授け、指図されるだけの空虚な身体に感染していく痛みも無知なままに影響を受け続け、羽化する意識が飛び交う今にも瀰漫する不満ばかりが栄養を求め、妨げられる幼稚な企みから、枠内に果てる私は、制限を持たずに限界などを謳わずに、現れるものをあてがわれるほどに、現れる意味に愛を奪われ、今に阻まれるだけに至るだけだし、出し抜けることばかりを考えるような機械的な輩が用いる汚い言葉の傘下として、同じような動機を、同じような意味で吐き出すだけの自堕落な企みから、枠内からはみ出せずに、惰性な意識に飼い慣らされていく体系的なものの破壊を謳う以前に、すべては、個々に宿り、此処に宿るものだけが、固執せずに、体系から放たれ、自らの意思を循環させるべく、純化していく意識は、形式に覆われずに、景色を楽しむことだけに専念し、洗練される先々に現れ敷衍するものが、伝わるものなどは、今を魯鈍なものに変え、論難をあびせ、あいまいな毎日に疲れたものが与える罵声に汚され、体系化する意識がもたらくすむだけの意味が、今を覆い尽くし、暗雲立ちこめる意識に怠慢なものを運び続け、体外に果てる理由が、高潔なものを用いずに、狡猾なものへと陥るだけに至らせるようなねじ曲がった意思と合致するものだけを本質として捉えるような枷を嵌め、世界に制限を生み、原生のものを破壊することだけが、正義のように扱われるだけの惰性な革命こそが、何度も同じような時代を作り上げ、人間的な欺瞞をサイクルさせるだけに至るような抗いは、あてがわれるだけの購いから、あいまいな意味をさえずるだけに至らせるような悲劇を換算するだけの体制的な原意などは、本当の意味を隠すことだけに専念するようなセンテンスをばらまき、従順なものを作り上げるような教育を生み出すための手法などは、もう誰も騙されるわけも無いし、そこに虐げられるような日々は、もう終わったの、だ。