時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

創造的な飛躍


 ここに現れる距離を測るようなことすらせずに、今に迫る疑問を乗り越え、自らに帰するイメージや、意味合いに不潔なものをこぼすだけの塗料を掲げる君の意識的な批判から、介する間に迫る露骨な支配や、贋物を突きつけるだけの意思的な何かが腐敗させるだけに至らせるような悲劇を攪拌するような耽溺から、加速するジレンマが精神性に制度を加え、今に歓喜を授け、与えられる快楽だけが、健気に意思を突き動かすのだ、と仮想し続ける脳内で幽霊と化するだけの自己を抑圧し、軽薄な自己啓発などで、魯鈍な者へと陥り、短絡的な金言を吐き出すような可能世界での獣を作り出し、差し替えられ、出し抜けることばかりが、意思を専横し、占領される死へと迫る恐怖から逃げ惑う人間性が制度に付着し、膠着する意思は、状態を保つことだけに専念し、今に拘泥し、受理されるものへとおののき、肉迫する先々で対立を深め、関係性に制度を与え、埋め込まれる罪の意識から、軽薄な試練を運び出し、不安へと誘うだけの価値の家畜として、或いは原理や原因に妨げられるだけの自制を与え、苛む記憶や、マゾヒズムに陥る。類似品としての自己を模写するような形に横溢していく自堕落な形式が迫り、景色を汚すだけに至るような展開から、転換していく意識は、観点を阻害され、苛む記憶がうじうじしながら、裁かれるだけに至る代価から、代用品として慢性的な痛みを抱え、感染する痛みから、他者から借りた痛みへと運ばれるほどに恥じらう意識は、判明する意識的な苦悩を重ね、苦痛へと至り、いたわるべく心も、魂胆を損ない、ないがしろにする意味から、耽溺し続けるだけに至るような遅配から、短絡的な信心へと進み、荒んだ意識は正式な正義を用い、支配するだけに至り、関連する苦しみは、暗澹としていき、指定される義務へと運ばれていく意識を傍観し続ける。システムとの交わりを拒否し、自らに迫る弊害に反し、露骨な支配に反するほどに強度を増していく精神は、マゾヒズムに浸らずに、悲観する意思を乗り越える。あらゆる原理は、悲しみの回路を循環するほどに、自らとのほつれを増やし、破綻していき、自らを見失い、現れる空虚感に苦しみ、屈折していく先々に統合される苦しみに一生涯苦しむことに至る。最たる意味を露骨な支配を生み出し、構造的な苦しみを増幅させていく。派生する苦しみは、他者から借りた苦しみへと浪費していくだけの感情に道理を働かせ、シェアされ続ける苦しみをコマーシャリズムが促し、終わらぬプロパガンダは、私こそが正しいの、だと洗練する先々で、倦厭される宣伝を知らぬ間に受け入れ、頭の中で何度も再生され、自らの姿勢を破壊し、そこに受け入れる苦しみだけを認識していく。その認識が生み出す死へと追いやられる正式な精神は、とがめられるほどに恐怖を倍増させ、協調される死へと追従していき、自らが生み出す苦しみこそが、この世界を生み出す原理であり、そこに現れる苦しみこそが世界である、と認識するだけに至るようなマゾヒズムからヒステリックなものを引き出し、卑近なものに陥り、即座に苦しむだけに退嬰的なものや、体系的なものに疎外されるだけの孤独感に至るか?資本主義的な屍骸として生きるかの差異になどに現れる間隔を漂う幽霊として生きるのか?とうそぶくような革命的な論理に治外法権の者として生きるような暴力的な昇華に至らせるような統合から放たれ、藝術的な進化から、創造的な昇華に至らせるべく、反するとは、暴力的に至る血に備わるのでは無く、そこの欲するものが悲観するほどに現れる垂涎する意識が欲しがる死の衝動により、ますます邁進していく意識的な餓鬼を用い、漁るだけに至るような搾取する者や、かばい合う歴史に鎮座する現前をたどる宗教的な専横から、バイオレンスな意思を用い、虐げるだけに至るような独裁者へと変化し、とがめるほどに増していく快楽の虜になり、担う意思は、境目を用い、何かを差別的に消費するのが、この資本主義的なものではあるが、そこに現れる衆愚が生み出す扇動から生み出される戦争の権化どもが徘徊する意思を媒介するような国家的な欺瞞から、フラクタルなものほど、互いをとがめるためだけに至る同族嫌悪をの炎を燃やし、世界を地獄の業火で包むような卑劣な還元から、差別的に規制されるほどに、フェミニズムは加速し、やがてファシズムへと至るような退屈な逍遥から、時間をすり替え、スリップさせ、時間との擦れを延々と感ずる深淵から、私怨を引き上げ、何かを憎悪するだけに至るような共感から、介在する意識は、大罪を用い、何かを罪の意識により、よりよい不安へと導き、報うだけに至るような倒錯から、錯雑とした観念を支配するだけに至るような闘争から、倒錯し続ける意識は、自らの境目を失い、世界が用いる正常さを正常と思うことの異常さに気が付かず、正常なものなどは、作り上げられたまやかしではあるが、そこに正常と示さぬ限りに、人間とは動作できずに、今に倒錯し、意思を損ない簡単に狂うだけに至るような境域に生み出される原理的な狭間に生み出すべき新たな衝動を与えるべく、勉学に励むべきであるし、そこにとどまるようなものを積み上げずに、与えられる罪にたゆむことも無く、自らの意思をピンと張る。