時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

ルサンチマン


 訪問するものが背負う無意味さに虐げられ、断続する痛みに耐えかねずに、記憶の奥底でたぎる意味合いから、結末に退く由縁に敷衍していく場面に転換していく意識的な終わりや、疲憊する影を整合させるだけの意思的な結末に頓挫するだけの思春期の経路や、そこで契合されるだけの物事に兌換されるだけの形あるものの悲劇に交わる瞬間に悔悟をため込み、互いを恨むことでしか判明しない愛などにもとづくエゴから、永続的に関係に継続していくものが、次々に償いを求め、与えられる罰に関与することでしか問題を解消できずに、今に現れる痛みや、複製されるだけの真実が生み出すエゴなどが、今に緩衝できずに塞ぎ込み、すべてを憎むことでしか何かを表現できないような人間を生み出すことでしか、デリカシーを解消できずに、今に関与する苦しみから、利己的なものを生み出し、そこに与えられる刑罰だけが、人間性にもとづく制度の下で、何かを支払う義務に感化されるだけの制度などに膠着し、そこで負債を抱え、最たる意味を損ない、そこに屈従することでしか何かを判断できずに、独創的なものを損ない、そこで怯えるだけに終えるような瞬間に迫る苦悩や今に服従するだけの幼稚な枠組みや、体制的なものにはびこる由縁を凌げずに、今に広がる意味に囲われ、自らの意志を喪失し、外から加えられる力にだけ関与し、感覚を損ない、そこで踏みつけられる快楽に溺れるだけのマゾヒズムに転嫁していく。かかずらう意識は、徴用されることでしか死を乗り越えることもできずに、今に難癖を付け、つくづくに生まれる疑問に馳せるものが、今に横暴なものを突きつけ、君を脅迫し続けることだけに専念するだろうし、ここに現れるものなどは、結末を押しつけ、抑え付けるだけに至るようなものを唱え、今に苦悩ばかりを溜め込み、互いをとがめるだけに至るような結末に滑落していくだけであるし、そこに用いられるしこりを取り除けずに苦しむだけに転移していくものが膨脹していき、自らを奪うまでに至り、いたわることを知らずに、自らに課せる意識的な罪に関与し続ける先に償いを求め、卑劣な者が企てる惰性なものに支配され、軽薄な者として、同じような動機を持つ顛末になびく位置的な恨みを媒介し、関与するほどに怒りを保持し、何かを恨むことでしか、意外性を持つ事もできずに、今に食い違う自分との距離に苦しみ、そこに虚偽を生み続け、何かを騙すことでしか、正しさを捉えられずに、唱えられることにないがしろにされる精神に形容されるものだけを信じ込むような人間として、指定される意味にもとづく答えだけを真実として捉える虚偽の者として、背くほどにスキームの中で欠乏していく意識的な哀れみを謳うだけの幽霊として生きるだけの結末に弾ける余韻から、有する行程をたどるほどに恋する思いが貪婪なものを抱え、何かを用いる者しか愛せないような人間などは、人間ではなく、餓鬼であるし、何かをむさぼり、食い尽くすまでは、自らを正当なものに変換もできないような中身もない平衡性を求めるだけの怪物として、感傷的な演技を続け、綴る意識に否定的な観念を蔓延させるのだ、と差別的な経過を用い、景観を汚すだけの意思を擁護するだけの保守的な私情に補完されるだけの憎悪が、ここでも活躍し、かいがいしく無差別に入り込むだけの他者の私情が、今を浪費させ、老化させるだけに至るような悪趣味な企みから、専横を極める現在に心象などは、誰かに与えられる印象を、あたかも自分で定義づけ、その場に存在するかのように見せつけるだけの虚栄から、映じるものなどは、孤独に妨げられ、今に虚空を生み出し、故郷を失いさまようのだ、と妥当な者が惰性な意識を吐き出すほどに、その場での屈従関係を強化させ、監視し合う先に生み出されるパノプティコンの中で寂寥たるたるみを生み出し、絶え間ない苦しみの中で住まいを失い、さまようジプシーとして、際限無い苦しみの中で強要されるだけの強迫的な観念に狭い価値を生み出されるだけに、互いを監視することだけを強化させ、共感するほどに、互いの中で保持されるものなどは、邪魔になるだけで、用いられる言葉もまやかしであるし、ここに居座るだけの価値などは、誰かに与えられた影響を演じるだけであるし、ここに用いられる答えも、互いをとがめるだけの理想に変わり、空疎なものへと変化し、今に感覚を損なわせ、感じることすら不潔なことであると抑圧され続ける精神が反撥し続け、攻め入られるものに反抗し続けるほどに、システム的に雇用され、高揚感を損ない、そこに与えられ続ける苦しみだけに導かれ、満ち足りぬから、と裏切る続ける先に思考停止に陥り、操られることでしか本質にも至らぬような貧相な価値を用い、関係性に彩られる正しさなどに示唆されるほどに、誰かの意思決定だけに判断されるものに屈従し、自らが導き出す答えすらも見出せずに、見くびるほどに、身構えるだけの私情は、真相解明できずに、利己的な理想に左右され、軋轢を生み出し些細なことで生み出される闘争が仕組む罠に嵌まり、自らを退屈なものに変換していくだけに形あるものの犠牲で終わり、今に従えるものなどは、物事の真実などは見出せずに、導かれる先々で対立を続け、そこに生み出される惰性な戒律から、懐疑的な日常に狭い価値を生み出し、求められる値から、誰かが生み出す苦悩を吸い込むだけの無関心な掃除機として、あらゆる原理にたずさえられる精巧な意味すら用いぬ過去からの過ちを引きずるやましい記憶から、敬うことすらできずに、ここに用いられる答えにいらつくほどに、補填される苦しみはやがて怒りに変わり、偏執し続ける先に生み出される狂信に共鳴し続ける運動的なプロセスは、過激なものに陥り、個人的な破壊から、全体性の破壊へと移行し、行為にもとづくエゴを加速させ、自らを保つためだけに破壊し続けることで得られる快楽を加速させ、今に求められる現時点などは、互いに用いられる点と線を踏みにじり、求められる距離から生み出される行為が引きずるだけの迎合を生み出し、行動するほどに、自らを抑圧させ、外から用いられる力に反する力が生み出され、何かに破壊される前に、自らが何かを破壊する行為に移行していく。