読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

咆哮


 逃げずにあらがう先に現れる真実も、この場で何かに濁された途端に軽薄なものをたずさえ、論理の外へと出され、ここで打算されるだけの物事に徴収されるだけの意識的な積荷を下ろし、緩慢にリサイクルされるだけの感情を消失しては、さまたげられるだけの矢先に緩衝すべき愛すらも対象を損ない、そこで伸縮するだけの影を背負うだけのギミックから、寛容さを損ない、そこで従事していく意味に季節感も失い、現れるのは、疲れた身体を引きずるだけの無意味な感覚に暗鬱なものをたずさえ、ここに有するだけの価値が比重を損ない、そこかしこに生み出される真実も、信ずるべき意味を用いずに、ただ現れるままにあてがわれる意味などが用いる論難を浴びせるほどに、あいまいな毎日に退く意味が食い込み、君の秘密に積み上げられる痛みばかりが、ここで回帰していき狭い価値に逸脱していく今も、規制を加えられ、今に現れるものに屈折していく。ここで無神経に行いとして現れるだけの問いに反し、現れると思い続けるほどに、ここに備わるものなどは、何の答えも用いずに、現れるままに平衡していき、簡単に処理されるだけの理由に弔われるほどに、ここでアレルギーをあらわし、証拠も残さずに、空白を生み出し、空しさだけを引きずるだけの定理に黙する余韻から、因果律に果てるだけの宇宙の経路から離れ、空しさを生み出すだけの影を貨幣に変え有する過程に生まれる苦しみを敷衍させ、はびこる痛みに這いずるだけの意識的な不安に有するだけの過程が生み出す亀裂や、記号化するだけの精神に形成されるだけの罪の意識の生みの親たる神と意味の間で、卑劣なものを作り出すだけの倫理観から、輪唱する神話に起源を移すだけの苛烈な比例から、貧寒なものを立ち上げ、ここでたちまちに違うだけの意識的な汚穢に混濁していくだけの意識的な終わりに死滅していくだけの還元から限界を生み出すだけの身体を捨て、宇宙空間との調和を目指し、バビロンを捨て、浪費するだけの身体から、牢記して忘れないように有する身体に忘我をまとい、優雅な時折に悲観する事も無く、現れるままを相知ると変化していく思いが愛を知るような要因から、印象にとろけ、今に統合されるものなどは、意味の正常さを謳う事も無ければ、今に襲いかかる不安などに震える事も無く、今に駆除されるだけの思いに逃避していく先々で乖離していく身体を放置し、ここに備わる現実などは、現実性を持たず、制度に汚され、ここで擁護されるものなどは、思想的なものを用い、何かを汚すだけに有する価値を施すだけであるし、ここで果敢に挑むべき証拠も引きずるほどに傷痕に変わり、感覚を損なわせ、ここに現れる偽善的な苦しみから、欣然として死地に赴く的な適宜な意思から、諦観を生み出すだけの滅びへの隷属や、ここで抵抗すべき事も諦めに染めるような金銭的な苦しみを生み出すだけの不安感を生み出すだけの今の生活を保つ事だけに専念するような価値観が生み出す苦しみが生み出す憎しみのスケープゴートを生み出す事だけに専念するような価値に横溢していく憎しみだけがあふれ、反応すべき愛もニヒリズムに覆われ、応じるだけの答えに変換されるだけの苦しみばかりを倍増させる。逃げ出す事だけが、現実と対立し続け、ここに現れるものにすら反抗する事だけが、唯一の答えすらも踏みにじり、ここに現れる不安などは、瞬時に消費されるものであるし、ここであらがうほどに、現れるものが一貫して促す不安へと小康を保ち、契合されるだけの意識的な罪を引きずる前にここで卑近なものを消費し、悲観視するだけの今に起源を残し、あらゆるものに照合される事だけを目的として認識を深める以前に、癒えない身体を引きずりながら、悲観するだけに機関的なものに関わり、ここに生み出される不安に荷担するだけに終えるような絶望の全容に統合される事が正常さを保つ秘訣のように騙られるだけの独善的な手法が生み出す死の恐怖から逃れるために多面に促される苦しみが運動的に気配を牛耳り、ここで束縛されるだけの即製の真実から促される独白から、拍動していく真実も、自らの契約を保つためだけに、その場での域に長じるだけの生命を保つ事だけに専念するほどに、生きる事から懸け離れていくわけであるし、そこでかけがえのないものを失い、後ろめたさを抱え、解析されるだけの意味に迎合されるだけの今を引きずり、悲観するだけに終えるような抵抗から、訂正されるだけの真実を抱え、ここで惰性に生きながらえるよりも、燃える尽き燃えかすになるまでの日々を重ねるよりも、ここで擁立されるものを打ち倒すために、自らを綿密に成立させるために存在に丈を生み出し、そこで思考し測られるために施行されるものへと引きずられるだけの存在を保つためだけに費やされるだけの生命などが惰性なままに、意味を引きずり、今を悲観し続けるほどに倍増していく不安を膨脹させ、高揚感も損なわれ、そこかしこに不安感を培養させ、応用されるだけの真実に形容されるままを愛する事もできずに、ここで昏倒していき、意思すらも損ない、行いは、ここで孤立感を倍増させ、ここに現れる孤独にフォーマットされ、こじつけられるだけの意味に苛立ち、今に批判的に備わる意味に十全としたものすら見出せずに、見くびるほどに、見違える意味は、日々の卑劣さに耐えかねずに、体系的なものに囚われ、退嬰的なものに陥り、永遠性を損ない、陰湿な者に関わり、ここに現れる苦しみばかりに操作される。変化を恐れるばかりで憚る意識は、今に怯える事だけに専念し、遷延する意識が帰る場所を求めるばかりで、今に弛緩し続け、退廃的なものに陥り、応じるだけの憂鬱に返送され続ける苦しみばかりを今に媒介させる。必ず消え去るのが、ここに現れる悲しみであるし、有する苦しみなどは、今に意味を引きずらずに、瞬時に消え去るために苦しみを培養させるのであるし、ここで慰留する悲しみなどは、今に意味を残さずに、ただ現れるものを認識するほどに増え続ける不安などは、今に欺瞞を与え、不安へと飼い慣らされるだけに至るような苦しみなどに左右されずに、自らを解放し、崩壊しても尚、続ける意思だけが、昇華を目指し、自らの力だけが、今を飛び越える創造性を生み出し、唯一の意味は今の不安を飛び越え、自らの意思に超越し続ける事だけに真実味を与え、今に認識するものもすべて過ぎ去れば意味を失い、今に嘘に変わり、今を枷に変える必要性もなければ、今に現れる不安などは認識するに値しない、とされる値すらもないのであり、ここであるに等しいものも、等しいとされるほどにないに等しいものであり、ここで等しいとされるものなどは、何ら正解を持たずに、等しいとされるだけに至った経緯も知らずに、ここに現れるものを、その場で信用する事が不安を認識させ、そこに現れる経緯に反さずに、従うほどに不安感とは倍増する。